2018年01月09日

リストラしたクレジットカードたち

クレジットカードのリストラにともなって、何枚かのカードを退会しました。いっさい、使っていなかったカードもあれば、長らく使ってきたカードもあります。短期間所有し、一度だけ使ったカードもあります。


3.jpg


JMBイオンカード。年会費は無料。券面に記載がある2010年から所有していました(前回の更新時にGGがつき、JALのロゴが変わりました)が、結局、一度も使うことがなかったので、今回リストラしました。JAL提携カードとしては、たまるマイルはJALカードより少ないし、またJALカードではないので、JALカード独自の特典もありません。一方、イオンカードとしては、キャッシュカード兼用のものがあるので、もし使う場合はそちらを使えばいいです(キャッシュカード兼用のものも、キャッシュカードとしての利用だけで、クレジット機能はまったく使っていません)。



2.jpg


JMB KIPSカードは10年ほど使ってきました。年会費は無料。KIPSのポイントは、通常は近鉄の特急券や近鉄デパートでのショッピングだけに使えるのですが、JMB KIPSカードの場合は、JALマイルに交換できるので、このカードを長く使ってきました。ただ、問題もあって、1つは、交換比率が低く、200円で1ポイント、です。20ポイントで10マイルです。いわば、4000円で10マイルでなかなかたまりません。もう1つは、いまは違うのですが、自分が入会した時は、Pitapaとセットだったのですが、Pitapaは1年に1回以上つかわない場合は、維持手数料として1200円+税が必要なのです。1回だけですが、1年間使うのを忘れていて、維持手数料を払ったことがあります。わずかな金額ですが、しまったって思いました。自分の場合、普段はスマートICOCAを使っているので、Pitapaは使わないのでこういうことがおこります。


4.jpg


J-WESTカード。新幹線の利用するときに便利なEXカードをもちたくて、このカードを作りました。しかし、このカードを作ってから半年ほどで、三井住友カードの付帯カードでEXカードができました。J-WESTカードは年会費1500円+税ですが、三井住友カードの付帯カードだと年会費1000円+税ですむうえ、J-WESTカードのポイントはわずかしかたまらないので、捨てるしかなかったのですが、三井住友の場合は、親カードであるANA-SFCカードのポイントと合算されるので、ポイントも役に立てることができます。そのためこのカードは、1年たたずしてリストラし、ANA-SFCカードの付帯のEXカードに移行させました。このカードは、付帯しているEXカードで新幹線に一度乗車するために、新幹線の切符を一度買っただけでした。
posted by とんび at 22:37| Comment(0) | 旅の知恵

2018年01月07日

クレジットカードのリストラほぼ終了

クレジットカードのリストラがほぼ終了しました。

退職後は無職になるのでクレジットカードがつくりにくくなりますし、比較的簡単につくれる年会費無料のカードの場合でも、入会申込書の職業欄に無職と書くと、各社が共有している信用情報が書き変わりますから、新たなカードはつくらないつもりです。

今後、保持するカードを列挙します。旅行しやすくなることに重点を置いています。それぞれを保有する目的があるものばかりで、何となく持っていたものはほとんどリストラしました。

外出時に常時もっているのは、1・2・3で、VISA,Master,JCBを常時もっていることになります。海外旅行時には4もキャッシング用として持参します。

1 三井住友 ANA-SFC ゴールド 【Master】
  公共料金などの引き落としに使う。ショッピング(イオン、JAL、楽天とYAHOOのネット通販などを除く)の際も主力で使う。クレジット機能以外の重要な役割はANAのSFC会員の会員証の役割も果たしていること。
  年会費は本来は15000円+税だが、まいぺいすリボとWEB明細書利用の割引で10500円+税。
  付帯カードとして、PlusEX(新幹線乗車用、年会費1000円+税)、三井住友銀聯カード(中国で使用。年会費は不要だが5年ごとに更新手数料1000円+税)を保有。したがって付帯カードも入れると、年会費は11500円+税だが、別に5年ごとに1000円+税。

2 JAL-JGC Club-A tokyu club-Q 【VISA】
  JAL航空券、イオン(主にGG-WAONのオートチャージ)、JALカードの特約店(ファミリーマート等)で使用。クレジット機能以外の重要な役割はJALのJGC会員の会員証の役割も果たしていること。
  年会費は本来は10000円+税だが、ツアープレミアム2000円+税、ショッピングプレミアム3000円+税をつけているので、合計は15000円+税。

3 楽天プレミアム 【JCB】
  楽天のネット通販で使用。楽天ポイント加算用。保有の最大の目的はオプションでプライオリティパスが無料でつけられること。
  年会費は10000円+税。

4 三井住友 ANA 【VISA】
  年初めに加算される1000マイルが目的。また、海外でキャッシングする場合は、このカードを利用しています。1がATMに吸い取られたりすると大変なので。
  年会費は1500円+税だが、まいぺいすリボ利用の割引で1025円+税。ただし、割引のためには年1回以上のショッピングが必要なので、気をつけて年1回は利用している。

5 三井住友 ANA Suica 【VISA】
  年初めに加算される1000マイルが目的。
  年会費は2000円+税だが、まいぺいすリボ利用の割引で1500円+税。ただし、割引のためには年1回以上のショッピングが必要なので、気をつけて年1回は利用している。
  
6  ANA To Me CARD(ソラチカカード) 【JCB】
  楽天ポイントをANAマイルに交換する際の交換率をよくするのが目的。各種ポイントサイトからANAマイルに交換するために利用する人が多いが、自分の場合は面倒なのでしていない。今後、時間の余裕がでれば検討。
  年会費は2000円+税。

7 セゾン ローソンポンタJMB 【VISA】
  ポンタポイント加算用。nanacoのチャージ用としても使用。
  年会費は無料。

8 YAHOOカード 【JCB】
  YAHOOのネット通販で使用。nanaco、スマートICOCAのチャージ用としても使用。
  年会費は無料。

9 ファミマTカード 【JCB】
  Tポイント加算用。ICカードのチャージ用の予備。
  年会費は無料。

このほかに三井住友銀行とイオン銀行でクレジットカード兼用のキャッシュカードが発行されているのですが、自分としてはキャッシュカードとしてのみの利用しかしませんので、クレジットカードの枚数には入れていません。

今後はこの9枚(キャッシュカード兼用を入れると11枚)でやりくりしていこうと思います。年会費は合計で、41025円+税。税を入れると44307円になります。クレジットカードだけの利用としてなら高く感じますが、ANA-SFC、JAL-JGCの会員としての特典が利用でき、プライオリティパスも利用できることを考えると、やむを得ないかなと思います。

これらのカードの中には国内キャシング枠がついているものがありましたが、国内キャッシング枠はゼロにしました(一部のカードには海外キャッシング枠は残してあります)。今後、融資を受けることはほぼ100%考えられないのですが、キャッシング枠は融資可能額から引き去られるため、念のため、100%使うことがない国内キャッシング枠はゼロにしておきました。

カードのリストラはほぼ終了したのですが、まだ少し退会予定のカードが残っています。その中の大物は、ダイナースカードです。自分の保有するダイナースカードは、以前は年間30万円を利用することで年会費が無料になっていたのですが、シティバンクが、三井住友トラストと三井住友にわけて買収されたこととの関係で、年間60万円にあがり退会することにしました。ただ、退会の電話をしたところ、もう少し待つよう説得されたので、まだ退会していません。自分の場合は、ダイナースカードの最大のメリットは空港ラウンジなのですが、ほぼプライオリティパスで利用できる空港と同じなので楽天プレミアムに入会し、プライオリティパスを入手したので、もはやメリットではなくなりました。近々、再度、退会の連絡をするつもりです。
posted by とんび at 23:59| Comment(4) | 旅の知恵

2018年01月06日

地図なしで街歩きするには10泊以上必要かな

今回の年越し台南・高雄旅行は164回目の海外旅行でした。この間、ホテル等に泊まった泊数は925泊(ほかに夜行の車中泊が39泊ありますが、ここには含みません)でした。1回の旅行当たり平均5.6泊していることになります。

今までどの都市に多く泊まっているか調べてみました。

1位 ソウル 35泊
2位 台北 34泊
3位 バンコク 28泊
4位 香港 21泊
5位 台南 16泊
6位 ウブド 12泊
6位 パリ 12泊
8位 高雄 11泊
9位 チェンマイ 8泊
9位 ヤンゴン 8泊
11位 北京、シンガポール、タシケント、ベルリン 7泊
15位 クアラルンプル、マラッカ、ジョグジャカルタ、サマルカンド、サンジュリアン、ニューヨーク、アンティグア 6泊
22位 上海、広州、西安、台中、ジョージタウン、ジャカルタ、ランテパオ、カイロ、リスボン、ワシントンD.C. 5泊
32位 釜山、南京、ホーチミン、シェムリアプ、ブハラ、アシュハバード、チュニス、ニーム、ローマ、ウィーン、ストックホルム、ボストン、メキシコシティ、シドニー、タヒチ 4泊
47位 済州、蘇州、杭州、哈爾濱、ミリ、バガン、マンダレー、ハノイ、ホイアン、フエ、ルアンパバーン、マニラ、ブキティンギ、イスタンブール、マラケシュ、トリポリ、ベンガジ、アムステルダム、ロッテルダム、デュッセルドルフ、ミラノ、フィレンツェ、マドリード、マラガ、ポルト、ヘルシンキ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、ブエノスアイレス、カラファテ、クスコ 3泊

このリストから思うことを書いてみます。

・上位の10都市で185泊ですが、これは全925泊の約20%にあたります。かなり集中しているなぁという印象があります。

・上位10都市のうち首都(または中心になる都市)以外となると、台南、ウブド、高雄、チェンマイとのんびりできそうなところが並びます。

・上位8都市のうちパリ以外は、地図を持たずに地下鉄に乗ったり、街の中をブラブラ歩いても迷子にならないと思います。パリと8泊〜6泊の都市は地図があれば、特に心配ないなって感じです。4、5泊のところは、地図があれば心配ないところもいくつかありますが、地図があってもよくわからなさそうなところが多いです。地図なしで街歩きしようと思えば10泊以上(それでもパリのような巨大都市は無理)、地図があればあまり不自由を感じないくらいになるには6泊以上必要かなって感じがします。

・昨年は台湾へ4回行きました。台湾は2005年から2017年まで13年間連続して行っていますが、最近は毎年、複数回行っています。一方、2003年から2016年まで14年間、毎年行っていた韓国へは昨年は一度も行きませんでした。この傾向は今年も続くと思いますので、おそらく今年末には、1位が台北、2位がソウルになると思います。
posted by とんび at 20:54| Comment(10) | 近況

2018年01月04日

台湾旅行でのキャッシングと旅行費用

本日、年越し台南・高雄旅行でおこなったキャッシングの返済を行いました。キャッシングの記録と使った旅行費のまとめをしてみます。


【キャッシングについて】

12月28日に高雄小港空港にて、5000元をキャッシングしました。前回の旅行の残りで3300元程度ありましたが、5000元をキャッシングしました。旅行終了後3900元程度残りました。使用したのは4400元程度ということになります。4400元ですから、1元=3.8円の計算で、16700円程度を現地で使ったことになります。現地でお金を使うときは、1元=4円で計算していました。

本日(1月4日)、キャッシングの返済を行ったのですが、18989円返済しましたので、1000元が3800円、1元=3.8円となります。これには、経過利息分などが含まれていますので、1元=3.82円程度でしょうか。でも簡易に計算するうえでは1元=4円でいいと思います。

キャッシングは三井住友カードで行ってるのですが、ここは三井住友銀行の支店内のATMでは、営業時間内なら繰り上げ返済が簡単にできるので、利用しています。ただし難点はATMの手数料が必要なことで、キャッシング額にもよりますが、海外でキャシングする際と国内で返済する際に額にもよりますが、それぞれ216円かかることが多いです。海外では、ATM設置銀行の規定でもっと多く必要なこともあります。

ですから、現状では、以前に比べて、両替よりキャッシングが圧倒的に有利というわけではないようです。特に、繰り上げ返済のできないクレジットカードの場合は、経過利息分を考えると、両替の方が有利かもしれません。それでも、繰り上げ返済可能なカードを使って、帰国後すぐに繰り上げ返済するなら、両替よりは有利だと思います。また、DCカードを用いて、東京三菱UFJ銀行のATMで返済する場合は、電話をかける手間はかかりますが、ATMの使用料は不要のようです。自分は、電話の手間が不要なことと、銀行へのアクセスを考えて三井住友カードでキャッシングしています。ただし、万が一の事故に備えて、キャッシングは普段のショッピングには使わないANAカードを利用しています。(三井住友のANAカードは、カードごとに年度当初のマイルが加算されるので、SFCカード以外に2枚保有しています。)


【旅行費用のまとめ】

今回はピーチを利用し関西・高雄を往復しました。航空券代は32960円でした。LCCとしては特別に安いとはいえないものの、12月に入ってから(1ヶ月以内になってから)の予約であることや、年末年始という時期も考慮すれば、特別に高いわけでもないと思います。

宿泊費は台南の3泊が1泊あたり2390元=9082円、3泊で約27300円、台南の2泊があわせて13204円、合計約40500円でした。これは完全に年末年始の多客期料金で、平常なら台南のホテルは1泊5000円、高雄のホテルは1泊3000円くらいなので、ほぼ2倍の値段に高騰していました。

航空券代と宿泊費、クレジット払いにした高雄・台南の往復(自強を利用)212元=約810円、それに現地で使った現金の約4400元=約16720円(1元=3.8円として計算)をあわせると90990円でした。今回の年末年始の6泊台南・高雄旅行の費用は約91000円といえます。もし、宿泊費が高騰していない時期に行けば宿泊費が半分程度ですみ、費用合計も7万円程度になった可能性もあります。

現地で使った現金の多くは飲食費ですが、それ以外には、悠遊カードのチャージ500元(以前の残りがあり、利用したのは300元程度)、SIMが300元などがあります。
posted by とんび at 20:09| Comment(6) | 台湾

2018年01月03日

帰国しました

pppp.jpg


昨日、高雄からのピーチで帰国しました。ピーチ自体の遅延はほとんどなかったのですが、関西空港が混雑していて、上空で30分ほど旋回して待機させられました。羽田・成田ではよくありますし、伊丹もたまにありますが、関西ではほとんど上空待機の記憶はありません。ピーチで、関西空港に到着時にCAさんがするアナウンスは結構面白いのですが、「海から吹く風が激しくて、皆様の帽子やスカーフ、ときにはお土産までも吹き飛ばされることがあります。」ってのがいつも印象的なのです。昨日はこのアナウンス通りで、ブリッジがないLCCターミナルでは、地上を少し歩かされるのがちょっとつらく感じました。関西空港のLCCターミナルは2階建てなので、風よけになるものがなく、風が強いようです。

昨日の朝の高雄は普段とまったく違う様子はなく、新正月で店や屋台が営業しないのは元日の朝だけだということがわかりました。やはり、台湾は旧正月がメインで、新正月のほうは、年越しイベントをして、元日の朝だけ休むと、あとは普段通りってことでしょうね。向ったのは昨年の2月にも行っている興隆居。肉まんと他のもので行列を分けるという独特の販売方法ではじめて行ったときにはとまどいましたが、勝手を知っている今回は問題なく買うことができました。ここで朝食をとったあと、ホテルで一休みしてから、高雄小港空港に向いました。そして、あとは帰るだけでした。

2017−2018の年越し旅のリアルタイム報告はこれで終わりです。旅行記は、昨年8月のタナトラジャ旅行記がまだ作成途上で、そのあとの10月の台北旅行記がまだ手付かずです。そのため、まずタナトラジャ旅行記を仕上げたあと、台北旅行記、そして今回の台南・高雄旅行記という順に作っていこうと思います。よろしくおつきあいお願いします。
posted by とんび at 07:25| Comment(4) | 台湾

2018年01月02日

食べに出ただけの1日

元日はどうやって過ごそうか、明確には決められていませんでした。おぼろげに、今まで行っていなかった小琉球や仏光山にこのさい行こうかなっては思っていました。頭の中には行く方法まで整理されていたのですが、どうしてもいきたいって気持ちにはならなくて、行きませんでした。結局、朝食に出て、いったんホテルに帰って休み、昼食も同じようにして、最後に夕食に出たって感じででした。

朝食は、元日の朝というだけあって、ほとんどの店が空いていなくて、朝食を外食する人が多い台湾であっても、元日だけはほぼ完璧に食べ物屋も屋台も営業していないことが判明しました。かなり歩いて、営業しているバイキング方式の店があり、そこで朝食をとりました。昼食のころになると、店がしだいに開店していく感じでした。昨年行ったことがある小籠包の店とアイスの店に行きました。

image.jpg

夕食には以前から気になっていた石二鍋に行ってきました。1人鍋のチェーン店ですが、行く機会がありませんでした。今回、初めていただいてきました。

image.jpg

日本でいう、すき鍋のようなものでした。美味しくいただいてきました。値段は258元ですから、いまのレートでは1000円ちょっとですね。本日は帰国するのみです。帰りましたら、また。
posted by とんび at 06:12| Comment(2) | 台湾

2018年01月01日

台南から高雄へ移動し年越し

あけましておめでとうございます。本年が皆様方にとってよい年になりますように祈念いたします。また、本年も昨年に引き続き、おつきあいしていただくようお願い申し上げます。

昨日の大晦日、台南から高雄に移動しました。とはいえ、行動の中心は台南でした。朝食はサバヒー粥を食べにでたのですが、ホテルの朝食も覗いてみたら、一昨日とは違うメニューがいろいろあったので、少しだけいただきました。今回のホテル、なかなかいいなぁと思いました。このあと、幾つか見学したり、午後におこなう移動の切符を買ったりして、昼食を食べに肉粽のお店へ。大東夜市の近くなので結構歩きました。そのあと立ち寄ったカフェが日本趣味なのか日本語だらけで、ひとむかしまえの日本の喫茶店そっくりで楽しかったです。


image.jpg

高雄へ移動後、ホテルへ。駅の近くで安そうなホテルを選んだのですが、イマイチです。一番安そうなところを選んだのですが、年越しを迎えるにはちょっと残念です。台南で泊まったホテルが結構よくって、また使おうと思っているのと対照的に、こちらはもう泊まらないでしょう。一休みしたあと、夕食を食べに高雄にオープンしたという王将に向かいました。ですが、60分待ちで退散しました。別の機会に行き直します。そして、近くの瑞豊夜市にむかいました。ここは3回目なのですが、いままで経験したことがない混みようでした。写真は大混雑の夜市です。立ち食いしている人の食べ物のソースをつけられないかヒヤヒヤです。それでも、この夜市にくるといただいているステーキにありついて満足です。

このあと、年越しイベントの行われる会場に向かいました。事前に花火はなくて、コンサートだけらしいとわかってはいたのですが、花火がないと寂しいですね。カウントダウンがあって、レーザー光線が派手に照らしだされまぢたが、花火にはかないません。花火大会も郊外では行われ、台湾一の規模だそうなのですが、帰りの足のことなどを考えて避けました。捷運が2時まで運転されているので、帰りは心配ありません。1時前にホテルに戻りました。海外での年越しは今回が最後と書いていましたが、年越しイベントが盛り上がるのをみると、やっぱり海外の年越しもいいなぁと思いました。年越しの旅行については考えなおすかもしれません。
posted by とんび at 07:29| Comment(16) | 台湾

2017年12月31日

台南で1日食べ歩き

image.jpg

いよいよ大晦日になりました。今年1年ありがとうございました。引き続き来年もよろしくお願いします。

昨日は台南の中心部にて、食べ歩きの1日でした。手始めに、ホテルの朝食はとらずに、バスに乗って、三官廟の入口にある店名のついていないお店に行きました。サバビー粥を注文したのですが、魚皮粥が出てきました。値段が計算より安くておかしいなと思ったのですが、注文内容がうまく伝わっていなかったようです。台湾では伝票に注文内容を書いて出す店が多いですが、口頭で注文をとる店では注意が必要です。とはいえ、この魚皮粥、サバヒーの身もそこそこついていました。

この店の味付けはとても濃厚で、ほかのサバヒー粥のお店とくらべて、一番濃いんじゃないかと思います。それで、口に味が残ったにと、量がちょっと少なめだったこともあり、近くのお店にはしごしました。以前に行ったことがある京華サバヒー粥で、ここでも少しいただきました。その後、どこかの廟の祭りのぎょうれつをながめていたり、昨年から見学できるようになった台南地方法院に行ったりしました。前日に15kmほど歩いているので、疲れが出て、法院の中でしばらく眠ったりもしました。

そのあとは、昼食用の食べあるきをして、夕方になりました。台南は食べても食べても、いろいろ珍しい食べ物が目について食べつくすことなど不可能な街です。いったん、ホテルに戻って一休みしたのですが、1時間くらい眠るつもりが、2時間眠ってしまいました。急いで起きて、土曜日にやっている武聖夜市にいきました。ここは二度目です。注文してから、かなり待たされた屋台があって、終バスに乗れなかったので、歩いてホテルに戻りました。4大夜市の中では、街の中心に一番近い位置にあるので、30分ほど歩いてホテルにもどりました。
posted by とんび at 08:47| Comment(2) | 台湾

2017年12月30日

暖かい台南で日本人廟めぐり

台南滞在中です。予想以上に暖かいです。昼間は、長袖シャツにセーターだと、長く歩いたので暑苦しくて、セーターを脱ぎました。夜はセーターをきていてもちょっと寒いなって感じです。今日は雨が予想され、気温もあがらないようなので、ダウンを着て外出しようと思いますが、昼間は暑いかもしれません。地元民もダウンを着ている人もいれば、昼間は半袖の人もいます。

昨日は、台南にある日本人廟5ヶ所を訪問してきました。よくあるき、全部で15kmくらい歩いたと思います。5ヶ所はいづれも郊外にあり、 バス停からも離れているので、一日がかりになりました。



image.jpg

写真は2番目に行った七元帥廟の手前にある門ですが、すぐに廟があると思いきや、まだ10分くらい歩きました。




image.jpg


10分ほど歩くと、農地の中に木立が見えてきました。この木立のなかに小さな廟がありました。昨日回った5ヶ所のうち、1ヶ所だけは大きな立派な廟だったのですが、残りは、ここと同じような小さな廟でした。


全部回り終えると、もう真っ暗でした。台南中心部にもどり、グルメを楽しみました。

今日は台南滞在ですが、街の中心部で、新たに出来たスポットをまわりながら食べ歩きを楽しもうとおもいます。
続きを読む
posted by とんび at 08:07| Comment(4) | 台湾

2017年12月29日

台南到着


image.jpg


昨日、ピーチで高雄に到着。今回はまず台南で泊まったあと、高雄で泊まります。いつも3日が普通の台湾旅行としては異例の6日間の旅で、のんびり食べ歩きを楽しんでこようと思います。6日あれば、本当はもっと遠くに行きたいのですが、今回は12月になってからの決定で、費用面を考えるとあまり選択肢がありませんでした。最初は16年前にも年越しをしているペナンなども考えたのですが、台湾になりました。台湾でも台北は飛行機、ホテルとも高騰していたのですが、高雄はまだましで、台南・高雄に決めました。6日あれば、まだしたことがない台湾一周も可能ですが、今回は見送りました。また、今回は、ずっと続けてきた年越しの旅も最後になると思いますので、これまた感慨深いものがあります。

高雄到着後、台南に向かう前に、空港に近いところにある紅毛港保安堂に立ち寄ってきました。ここには日本人が祀られているといことで行ってきました、確かに祀ってある3人のうち1人は日本人でした。海軍の艦長をしていた軍人のようです。その関係で軍艦の模型もおいてありました。38にっぽんぐんかん、と書いてあるのが写真でもわかります。紅毛港は高雄港の南の方にあった漁村でしたが、高雄港の拡張で、村ごと移転になりました。昔の紅毛港のあとには、見学施設が残されていて、そちらは今年2月に行きました。その移転先が、この保安堂の付近だということもわかってよかったです。

そのあと、台南にやってきました。グルメ天国の台南では、いろいろなものを食べたいとおもいますが、昨日はさっそく、小籠包や意麺を食べました。台南では朝食にサバヒー粥を食べることが自分流ですが、今回泊まっているホテルは朝食付きなので、このあたり悩みますね。今日は初日なのでホテルの朝食にしようと思います。台南には日本人を祀った廟がいくつかあり、1ヶ所はすでに訪問済みなのですが、今日は今までに行ったことがない廟を回ってこようと思います。
posted by とんび at 06:39| Comment(2) | 台湾