2018年01月23日

車をチャーターしてランテパオ南郊外へ

タナトラジャ旅行記7日目1回目


toraja0701.jpg


 ランテパオ最終日。最後の朝食はウエスタンスタイルの中からサンドイッチを選んだ。


toraja0702.jpg


 サンドイッチの中味は半熟のハムエッグだ。これはちょっと食べにくい。


toraja0703.jpg


 コーヒーにしたら、はじめてカップだけでなく、ボトルつきで出てきた。あと、ミックスジュース。


toraja0704.jpg


 朝食後、チェックアウト。荷物を預かってもらってスタート。夕方、引き取りにきて、その後、夜行バスでランテパオを出発するつもりだ。  ホテルを出て向った先はインフォメーション。ランテパオに到着した初日は、このインフォメーションを発見できなかった。そのために、ガイドの手配などを個人経営の店で行った。

 この日はガイドは不要で、車チャーターだけを頼んだ。インフォメーションでは、ランテパオの南の郊外を回り、6時間で60万ルピアを提示されたが、10分ほど待ってやってきたドライバーと交渉して50万ルピア(4300円)になった。協定価格のようなものがあるようだが、多少の値引きは可能のようだ。


toraja0705.jpg


 この日、利用した車。


toraja0706.jpg


 マカレの近くまで南下したあと、小道に入る。途中、変わった形をしたキリスト教会があった。


toraja0707.jpg


 ランテパオの南東、マカレの東はランテパオ初日に特に有名なタンパガロはガイドに連れられて回った。しかし、2線級の見どころは行ってないので、この日、回ることにした。この日は、夜行バスでランテパオをたち、マカッサルに向うので、ペテペテと徒歩で回るのは時間的に危険と考え、車をチャーターしたのだ。

 まず向ったのはガンビラ。小屋で入場料を払って、右側にある坂道を下りる。


toraja0708.jpg


 まもなく柵に囲まれた中に幹だけが残る太い木が目に入った。これが、リアン・ピアか。幼児が死んだときに、木の幹に穴をあけて墓にしたものだ。


toraja0709.jpg


 墓の入口の穴は幼児の墓とあってとても小さなものだった。入口の穴には蓋があってしっかり内部を守っているのもわかる。リアン・ビアへの埋葬は現在では行われていない。
posted by とんび at 21:04| Comment(0) | インドネシア

2018年01月22日

ランテパオ最後の一泊の夕食

タナトラジャ旅行記6日目4回目


toraja0633.jpg

  ランテパオに戻った後、少し街の中をブラブラすると、間もなく暗くなってきた。今夜の夕食はカフェ・アラスでとることにした。ここはトリップアドバイザーで、ランタパオのレストランでは人気ナンバーワンだ。

 山小屋風の造りになっていて、カジュアルな感じだ。入店したときはすいていたが、しだいに外国人旅行者のたまり場のようになってきた。ランテパオで外国人向けレストランは数えるほどしかないので、ここに客が集まるのだろう。


toraja0634.jpg


  料理がくるまでの間、ビンタンを飲んで待つ。55000ルピア(約460円)で、ランテパオでビールは一番高かった。


toraja0635.jpg


 店内。雰囲気はランテパオで入店したレストランの中では一番よかった。そのかわり値段も一番高かった。


toraja0636.jpg


 チキンサテ。焼き鳥にピーナツソースがドバッとかけられている。55000ルピア(約460円)で値段の割に串の本数が少ないのが残念だった。


toraja0637.jpg

 ご飯は、赤米を頼んだのだが、赤米はこの日はやっていないとのことで、黒米にした。黒米といっても、紫色をしているのはランテパオ初日に食べてわかっている。


toraja0638.jpg


 カフェアラスでもう一品注文してもよかったのだが、屋台食も経験しておきたかったので、屋台を探した。麺類の屋台があったので、そこにした。屋台の後ろにテーブルがあって、現地人でにぎわっていた。


toraja0639.jpg


 ミーゴレン・スペシャルを注文。調理中の様子。


toraja0640.jpg

 出来上がったミーゴレン。えびせん、ゆで卵、ピーナツ、大根の漬物のようなものなどがのせられているのでスペシャルなのだろうか。

 スパイシー?と聞かれて、スパイシーと頼んだ。青唐辛子がかなり入っていてとても辛い。予想以上に辛かったので、マイルドにしておけばよかった。20000ルピア(約170円)と安い。スペシャルでないミーゴレンだともっと安い。

 ホテルに戻って、ランテパオ最後の夜をすごした。
posted by とんび at 20:00| Comment(0) | インドネシア

2018年01月21日

パンリとボリ

タナトラジャ旅行記6日目3回目


toraja0621.jpg


 車道に戻り、さらに南下してパンリに向った。ペテペテがいつくるのかもわからず、歩くしかなかった。途中、田んぼの向うにカラフルな墓があった。緑の田の中でよく目立つ。


toraja0622.jpg

  
 1時間ほど歩いてパンリの集落に到着。ここには石造りのタウタウがあるとのことだが、結構大きな集落なので、どこにあるかよくわからない。


toraja0623.jpg


 ガイドブックに石造りのタウタウの写真がのっていたので、写真を住人に見せて歩いた。最後には、現地まで連れて行ってもらえた。ひょっとして、ガイド料をとられるのではと、あらぬ心配もしたが、まったく不要だった。写真は現地で撮影したもので、ガイドブックに掲載されていた写真もほぼ同じもの。現地の人たちはよく知っているタウタウなのだろう。


toraja0624.jpg

  
 連れていってもらえた墓。トンコナン型をしていて、外見では住居と変わらないので、墓なのかどうかわからない。自力で見つけだすのは難しかったと思う。


toraja0625.jpg


 トンコナン型の墓の前に置かれた石造りのタウタウ。ガイドブックでは、石造りのタウタウがいくつもあるような書き方がしてあったのだが、実際にはこの1体があるだけだった。探せばもっとあったのかもしれないが。


toraja0626.jpg


 建物の横には墓があり、タウタウと同人物のものだろうか。1840、1960とあるが、顔だけの写真を見ると1917という数字が見え、亡くなったのは1917年かな。人物名もネットでは不明。この地では有名人なのだろうが。


toraja0627.jpg


 パンリのあとはボリに向う。4kmほどを1時間少々かけて歩いた。途中には、ちょっとした峠があり、上り下りもあった。その付近の写真で、大規模ではないが棚田が広がっていた。そのほかの道中もほぼ田んぼばかり。


toraja0628.jpg


 ボリではストーンサークルのミニチュア版のようなのが見ものなのだが、ボリもそこそこ広い範囲があるので、果たして見つけられるか心配であった。実際には、歩いていたら、突然、目の前に現れたという感じでまったく探す苦労はなかった。

 石の柱が円状に並んでいる。ここで葬儀が行われたとのことだ。


toraja0629.jpg


 そばには岩窟墓もあった。広場で行われた葬儀のあと葬られたのだろうか。


toraja0630.jpg


 ボリの集落。トンコナンが車道に沿って並ぶ。


toraja0631.jpg

   
 ボリからはランテパオに戻るだけだ。8kmほどあり、2時間少々歩いた。

 途中、ボリにあったのと同じように、石柱が円状に並べられているところがあった。ランテパオをめざしてただただ歩いていたら、集落からは離れている場所で、森の中に突然現れてびっくりした。ここでも葬儀が行われたのだろう。最近も利用されたのだろうか、トンコナン型の飾りが置かれている。ガイドブックには書いておらず、説明板も設置されていないので、詳しいことは不明。


toraja0632.jpg

  
 ランテパオにも戻る途中で出会った子供たち。以前から気づいていたが、インドネシアでは、子供でもバイクに乗ってよいようだ。

 ランテパオに戻ると17時を回って、すでにうす暗くなっていた。前日に引き続き、この日もサダン、パラワ、パンリ、ボリ、ランテパオと15kmほど歩いたことになる。自分ながら、たくさん歩いたのに満足するやら、感心するやら。比較的高価なサンダルを利用していて、30km歩いたくらいではサンダルはまったく異常がなかった。

 前日とこの日は、徒歩中心で回ったので、見学個所は少なかったが、観光地化されていない村をのんびり歩いて、きれいな空気を吸えたのがよかった。
posted by とんび at 18:00| Comment(0) | インドネシア

2018年01月20日

サダンとパラワ

タナトラジャ旅行記6日目2回目


toraja0611.jpg


 30分ほどでサダンの終点に到着。30000ルピア(約250円)。サダンへやってきたのは、ここが機織りで有名な村だからだ。

 しかし、周辺を見渡してみても機織りをやっている気配はみられない。

 ペテペテを下車してすぐのところにあった家にはびっくり。普通の家の屋上にトンコナンが建ててある。

 することがないので、車がやってきた道を歩いて引き返す。


toraja0612.jpg


 サダンの村のキリスト教会。教会とトンコナンが並んで建っていて絵になっている。山奥の教会は、トンコナンがなければヨーロッパの田舎かと思ってしまう感じだ。


toraja0613.jpg


  車が通ったところの近くにトンコナンが並ぶ集落があったので行ってみた。機織りの音がかすかに聞こえ、ここが機織りの村だとわかった。ガイドブックではサダンが機織りがさかんと書かれているのだが、サダンといってもたくさんの集落があり、その1つの集落で機織りをやっているだけなのだ。


toraja0614.jpg


 いくつかのトンコナンの1階部分が機織りの作業場になっていた。


toraja0615.jpg


 この集落のトンコナンは特に年代物のトンコナンが多かった。

 サダンはちょっとがっかりさせられた。次に向うのはパラワ。サダンから3kmほど南。


toraja0616.jpg


 車道を歩いていると、小学生が行進をしていた。前年はバリ島に同じ時期に行ったのだが、あちらこちらで小学生や中学生が行進していた。独立記念日の行進の練習をしているのだ。島は違ってもインドネシア全土で同じように行進しているようだ。


toraja0617.jpg


  パラワはランテパオに向う車道から1kmほど横道に入ったところにある。車道に面して、歓迎用のアーチがあるので横道はすぐにわかった。

 トンコナンが並ぶ集落に着いた。ここはタナトラジャの中でもトンコナンの美しさが有数の集落だと言われる。確かにきれいにトンコナンが並んでいる。

 すでに正午を回わり、お腹もすいてきたので、トンコナンの1階が利用されていないところで昼食。  


toraja0618.jpg


 トンコナンのうち、住居になっているトンコナン。2階に上がる階段がついているのが特徴だ。


toraja0619.jpg


 トンコナンのうち、米などを保管する倉庫として利用されるアラン。2階に上がる階段がないのが特徴。ここの1階部分の床に腰かけて昼食にした。食べ残しているサラックとサラックから作った菓子だ。ランテパオに向う途中に買って、なかなか食べつくせなかったが、ようやく全部食べた。



toraja0620.jpg


 住居のトンコナンの場合は、玄関に水牛の角がたくさんつるされている。葬儀で生贄になった数だけの水牛の角がつるされているらしい。さりげなく金持ちであるかそうでないのかがよくわかる。
posted by とんび at 22:37| Comment(0) | インドネシア

2018年01月19日

ペテペテでの移動は便数が少なく苦労する

タナトラジャ旅行記6日目1回目


toraja0601.jpg


  トラジャ滞在4日目。一番行きたい、見たいところは1日目、2日目で体験し、3日目はトレッキングをしたが、4日目もたくさん歩くかもしれないと予感はしていた。この日は街の北の郊外を回る予定だ。ペテペテをうまく利用できれば、あまり歩かなくてすむかもしれないが、3日目の状況から、ランテパオ郊外のペテペテは便数が少ないことがわかったので、期待はしていない。

 朝食は、インンドネシアスタイルの中で、ブブール・アヤム(鶏粥)を選んだ。粥の上に卵焼きがたくさんのっていて、粥も鶏肉も見えないが、このホテル独自の盛り付けなのだろう。普通は粥にはつけないと思うのだが、これもホテル独自なのだろう。


toraja0602.jpg


 紅茶とフルーツ。紅茶はポットで出てくるし、フルーツも量が多めだ。


toraja0603.jpg

 朝食後は、前日と同じく、ランテパオ中心部まで行ってボルへのペテペテに乗車するため、1kmほど歩く。

 乗場にはペテペテが停車中。近くにいた人がドライバーだろうと尋ねたら、これでよいとのことで乗車。


toraja0604.jpg


 ペテペテの車内。屋根が低いので、車内では腰をかがめて動く。客が集まるまで30分ほど待った。


toraja0605.jpg

  
 15分ほどでボルに到着。ここから北へ10kmほどのサダンにまず向う。まず、ペテペテ乗場を見つけるために、聞きまくる。知らない人が多いうえ、人によって違う方角を示したりと、探すのに苦労した。やっと、ここだというのを見つけたら、ペテペテが出発したあとらしく、車は止まっていない。

 ペテペテはボルの市場のそばから出る。車も止まっていないので、しばらく市場を見て回ることにした。


toraja0606.jpg


 トマトやみかんに似たものを売っていたが、日本のものよりかなり小さい。


toraja0607.jpg


 魚売り場。水槽に入れた鮮魚を売っている。ランテパオは高原の街なので。近くの川でとれた魚だろうか。


toraja0608.jpg

   
 竹筒に肉などを入れて蒸し焼きする伝統料理パピオンも作っていた。レストランでは食べたのだが、市場ではどんなものか気になった。でもまだ蒸し終わる気配はなく、店をあとにした。


toraja0609.jpg


 さきほどの場所に戻ると車が止まっていたので、聞けばサダンに向うという。乗合タクシー型のペテペテだ。


toraja0610.jpg


 乗車して待ったが、ほかの客を待つこと30分以上。
posted by とんび at 23:54| Comment(0) | インドネシア

2018年01月16日

HP「ユーラシア紀行」15周年

HP「ユーラシア紀行」は、2003年1月16日に開始したことになっていて、本日2018年1月16日でちょうど15年になります。

詳しくいうと、2003年1月16日より前からHPは制作していました。いろいろ試行錯誤していて、タイトルを何度も変えたり、HPの内容もいろいろと変えていました。その中で、HPを旅行記中心にするという方針を明確にし、「ベトナム」や「旅の履歴」のページをアップした2003年1月16日をHPの誕生日にしています。当時はタイトルは「アジアの風」(試行錯誤中の2001年9月22日から)。その後、2003年5月22日からは「Tombi`s Travel Room」、そして2003年9月13日に「ユーラシア紀行」というタイトルをつけ、現在に至っています。

ブログをはじめて手がけたのは、HPに遅れること1年少々、2004年2月29日で「ユーラシアだより」というタイトルにしていました。しかし、2004年5月30日を最後に続けることができなくなりました。その後、2004年9月5日に「ユーラシアだより」を再び新たに始めましたが、2005年1月6日に廃止しました。さらに、2006年11月1日に「ユーラシアブログ」のタイトルでブログをはじめましたが、2007年11月6日に廃止しました。3回もブログを続けられなくなったのは、HPとどう内容を分けるのかという点で、違いを明確にできなかったことがあります。当時、HPとブログを併用されていた方が同じように直面していた問題でした。そうした方の多くが、HPを休止して、ブログに集中する道を選ばれたように思います。自分の場合は、HPを選び、ブログのほうを中断する道を3度選びました。

もうブログは続けられないかなと思ったのですが、2011年7月11日に「ユーラシアブログ」(2代目)を開始し、現在に至るまでブログを約6年半続けています。4度目の正直でブログを続けることができるようになりました。どうして可能になったのかというと、ブログとHPで別の内容にすることをあきらめ、ブログの主な内容は旅行記して、その旅行記をHPに転載することにしたのです。ブログの旅行記の多くが、旅行記の全体を把握するのが難しく、また1つの旅行記の中でも、旅行の行程とは逆順に記録が表示されるというのが課題になっていました。それで、ブログに掲載した旅行記を、一部編集の上、HPにそのまま掲載することにしたのです。これによって、2つの別内容を、ブログ向けとHP向けに考える必要がなくなりました。それが「ユーラシアブログ」が今に至るまで続けられている理由だと思います。

また現在のブログをはじめる直前の2011年7月3日に、現在使用しているさくらインターネットのサーバを使い始めました。それまで、HPはinfoseekのサーバを利用していたのですが、サービスが休止されました。このとき、無料サーバはいつ廃止されるかわからないという危険があることを知りました。それで、そのリスクを下げるために有料レンタルサーバの利用をはじめたのです。また、さくらインターネットでは、ブログのサービスも行っているので、新たにさくらインターネットで提供しているブログを使い始めたのです。それまで3度始めて3度やめたブログはいずれも無料ブログでしたが、広告がわずらわしく思っていました。有料レンタルサーバを利用することで、HPもブログも広告が表示されないシンプルで見やすいものになり、同時にサービス休止のリスクを軽減できるようになりました。

以来、6年半、HPとブログを並行して運営できています。HPだけなら15年、ブログは6年半、続けることができています。この6年半についていえば、ブログのコメントを書いてくださった方々のおかげでここまで続けられてきたのだと思います。コメントで反応があると、ブログを続ける意欲がわいてきます。今まで本当にありがとうございました。今後もよろしくお願いします。続けられる限り、10年、20年、続けて、自分の旅の記録としていきたいと思っています。また、コメントを書いてくださった方と旅行先などでお会いするオフ会も2004年以降、今までに24回行うことができました。楽しいひとときをすごすことができてありがとうございました。オフ会での交流も一層活発にしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
posted by とんび at 21:07| Comment(20) | HP

2018年01月14日

大阪 千林商店街で激安飲み食い

大阪 千林商店街旅行記(1回で完結)


burari0301.jpg


 旧友たちと語らう会があった。大阪市旭区の千林商店街を散策し、飲み食いしようというわけだ。

 京阪電車千林駅に集合。改札口から出ると、いきなり商店街のアーケードの中というのが驚かされる。

 駅のホームや線路は高架になっていて、いわばこの2階にある。天満橋・守口市間の京阪電車の線路は、1933(昭和8)年完成の複々線というのが素晴らしい。私鉄では日本最古の複々線(単に別系統の線路を並べたのでなく、各駅停車と急行を分けるための複々線)のはずだ。この区間にある駅で下車するのは初めてだ。


burari0302.jpg


  千林商店街のメイン通路。この商店街は分岐する道路の一部も商店街になっている上、メイン通路自体が折れ曲がった通路になっているので、迷路のような感じだ。初めて訪問した者が全貌を理解するのは難しい。

 千林は、スーパーの元祖ともいえる今はなきダイエーの発祥地でもある。ダイエー千林店はニチイ(その後、サティ)千林店と価格競争を激しく行ったらしい。その後、ダイエー千林店は、同系列のスーパーのTOPOS千林店になった。しかし、今やダイエー(系列のTOPOSも含め)もサティもイオンに吸収され、千林店はどちらも閉鎖された。TOPOSの跡地は何も利用されていなかったのだろうか。写真の垂れ幕には、最近、123千林店がオープンとある。123は遊技場(パチンコなど)のチェーンのようだ。

 スーパーの進出で従来からあった商店街の衰退というのは各地でみられるが、ここでは逆にスーパーが撤退している。一方、ここの商店街はとても活気がある。


burari0303.jpg


 商店街の店では、特に目玉商品のようなものを激安で売っている。日ごろスーパーで買い物するよりも安い品物が目立つ。

 ここの商店街はシャッターが下りている店舗もなく、活気にあふれている。商店街の歌もあり、ボリュームを小さくして流していた。


burari0304.jpg


 商店街をはずれた横丁にあった古い長屋。9軒が軒をつらねる昭和初期からの長屋だ。1軒はカフェになっていて、また探索することがあれば立ち寄りたい。


burari0305.jpg


 江戸時代に京都と大阪を結んだ京街道が商店街の中のほんの10mほどだが重なっている。その区間だけは、アーケードが少し折れ曲がっている。千林も、京街道の1つの宿場町という歴史もあるようだ。


burari0306.jpg

   飲み食い開始。1店目は「たじまや」。この店は肉屋さんなのだが、買った肉をそのまま店内で焼肉して食べられるのが特徴の店だ。


burari0307.jpg


 店内の精肉売場。ここはごく普通に肉を売っている。


burari0308.jpg


 店内には仕切りがあって(ただし店の人は内部で行き来できるが)、半分が焼肉コーナーになっている。正面の入口のうち、向って左側は精肉売場、右側が焼肉コーナーに通じている。


burari0309.jpg


 精肉売場で肉を何種類か買って、そのまま焼肉コーナーで焼いていただいた。

 買った魚を調理してもらうという店は経験しているが、肉を買って、そのまま焼肉というのははじめてだ。こんな店があったのだと感激。

 焼肉コーナーは16時まで限定で、70分以内という制限時間もある。一方、2階が普通の?焼肉店になっていて、夜も営業している。しかし、安くいただき、話のネタにもなるのは1階の店内の焼肉コーナーだ。


burari0310.jpg


 2店目は、立ち飲み屋さんの「いどや」。


burari0311.jpg


 千林で一番安い、とあり期待感を持って入店。ビール大瓶360円、これは安い。今どきそんなお店があったとは、、


burari0312.jpg


 昭和50年代ごろそのままの雰囲気で、旧友たちと昔話がはずむ。立ち飲み屋なので、客の回転が早く、値段を安くしているかわり、どんどん客が入ってくるので利益がでているのだろう。


burari0313.jpg


 料理は、真ん中がスルメの天ぷら。左手前が、チーズにおかかのしょうゆかけ、右手前が牛すじポン酢。左奥が、生ハムとチーズのクラッカーのせ。


burari0314.jpg


 まぐろ刺身。これはお代わりをしたのだが、同じ皿にのせるという仕組みだ。洗う手間が省けるし、水などの節約にもなる。安くする工夫なので、大歓迎だ。


burari0315.jpg


 キムチの天ぷら。こんな食べ方があったのだと感心。パリパリ感があるのも意外だ。

 1時間以上、飲み食いしていたのだが、その割に安い。ビールが激安のほか、料理も安かった。


burari0316.jpg


 3店目は、目指した店で予約が入っていて入店できず、歩きながら店を探した。そして、焼き鳥屋さんの「あさ香」に入店。


burari0317.jpg


 壁には日本各地の清酒のラベルが貼られていて、なかなか壮観だ。激安立ち飲み屋さんに行った直後なので、高く感じたが、落ち着いて考えればやはり他の地区の普通の店よりは安い。


burari0318.jpg


 お通しがあった。かなりボリュームのあるお通しだ。タイの子、牛肉ポン酢、ナムルが3連の皿ででてくる。


burari0319.jpg


 お造り盛り合せ。


burari0320.jpg


 ビールのあとは、清酒をいただいたが、そのひとつが桃川酒造の「寒造り」。醸造元は青森県八戸市のすぐ近くで、青森を代表する酒造会社のようだ。


burari0321.jpg


 焼き鳥屋さんなので、焼き鳥5本盛り合せも注文。

 飲み食いしたり、街歩きしながらあっという間の5時間だった。飲み食いした量の割には安くついた千林価格にはびっくり。楽しいひと時を終え、解散。


**********************

大阪 千林商店街旅行記は、HP「ユーラシア紀行」にもアップロードしました。

このブログの旅行記は、すべて「ユーラシア紀行」にほぼ同一内容で転載しています。

このブログから、「ユーラシア紀行」への行き方は、次の通りです。

ユーラシア紀行.jpg

ブログ右上のタイトル欄の下のほうの「ユーラシア紀行」をクリックするか、

ユーラシア紀行2.jpg

ブログ右側のリンク集の欄の とんびHP「ユーラシア紀行」 をクリックするかしてください。

「ユーラシア紀行」のトップページには各旅行記へのリンクが、エリア別に作ってあるので、ご覧になりたいものを選んでください。

この旅行記は、最下部の「国内ぶらり旅」から入ったページにリンクしてあります。

**********************

「国内ぶらり旅」のコンテンツは長らく放置状態でしたが、今後はこのコンテンツの記事も増やしていくつもりです。
posted by とんび at 13:45| Comment(4) | 日本(沖縄・北海道以外)

2018年01月12日

歩き終えた後の夕食

タナトラジャ旅行記5日目3回目


toraja0524.jpg


 ホテルはランテパオの南のはずれにあり、トレッキングから戻って、ランテパオに入ったのは北の端。それで、そのまま夕食を済ませて、ホテルに戻ることにした。

 まだ夕食には少し早く、30分ほど街の中をブラブラしたあと、マンボへ。トンコナンを模した建物になっている。


toraja0525.jpg


   料理ができるまで、ビンタンビールを飲んで待つ。40000ルピア(約335円)で、今回の旅行ではこの店が一番安かった。ここの特徴は、無料でつまみの殻付きピーナツがついてきたこと。殻つきなので、殻をつぶして、中身を取り出すのに時間がかかり、時間つぶしによかった。


toraja0526.jpg


 料理はエビフライ。インドネシアの山奥にやってきてまでエビフライかという気もするが、ウダンゴレンとあったので、衣をつけずに揚げたエビかなって思って注文したのだ。ちょっと勘違い。まずまずの味。50000ルピア(約420円)。


toraja0527.jpg


 まだ食べたりなかったが、別の店でいただくことにしよう。外に出るともう真っ暗。キリスト教会ばかり目立つランテパオだが、かろうじて1つ、モスクもあった。


toraja0528.jpg


 麺類の店らしき店を発見。店の外側に屋台を置き、屋台で調理して、店内に運ぶようになっていた。COBEK(チョベック)は店の名のようだ。


toraja0529.jpg


 店内。緑が多用され、イスラム系の店のようだ。


toraja0530.jpg


 ミーバクソ(話し言葉ではミーバッソ)を注文。15000ルピア(約125円)。肉団子入りの麺。バクソ(BAKSO)は牛肉のすり身からつくただんご。他に野菜が入り、塩味で、タンメンのような感じだ。麺はちょっと太い目。

 ここで食べたあと、ホテルに戻り1日を終えた。
posted by とんび at 23:18| Comment(2) | インドネシア

2018年01月11日

15kmトレッキング

タナトラジャ旅行記5日目2回目


toraja0508.jpg

  バトゥトゥモガからはランテパオの街が見えた。


toraja0509.jpg


 ランテパオに向けて出発。ランテパオまで15kmほどあるが、今回はサンダルであるく。サンダルでこれだけ長く歩くのは初めてだ。


toraja0510.jpg


 小学校の建物もトンコナン風だ。


toraja0511.jpg

  
 バトゥトゥモガから1kmほど歩いたロコマタには岩窟墓がある。ランテパオに向う道からはずれて、少し横道に入ったところにある。


toraja0512.jpg


 もう少し歩くと別の岩窟墓があった。


toraja0513.jpg


 この付近で腰をおろして昼食。2日目に買ったサラックとサラックで作った菓子がまだ残っていたので、それを食べて昼食にした。

 ロコマタからさらに3kmほど歩けば、日本のコーヒー会社の作っている「トラジャコーヒー」の農場と加工所があるのだが、すでに正午も回っているので、行くのをあきらめた。暗くなるまでにランテパオに戻れなくなる心配があったので。


toraja0514.jpg


 ランテパオに向う道に戻った。 目の前に棚田が広がっていた。


toraja0515.jpg

  
 さらに歩くと、別の棚田があった。トンコナンやキリスト教会も見える。


toraja0516.jpg

  
 道端には、バイク用のオイルを売る店があった。オイルはペットボトルに入れて並べられていた。


toraja0517.jpg


 さらに何kmか歩いたところには、大きな岩窟墓がある。その入口の階段。


toraja0518.jpg


 階段を上がろうとすると、道の反対側の集落から何か呼んでいた人がいた。階段を上がる前に寄ってみると、岩窟墓の入場料を請求された。


toraja0519.jpg

 深い谷の反対側に岩窟墓があった。かなり高いところに墓の穴があって、どうやって上がったのか気になる。


toraja0520.jpg


 さらに歩いて高度を下げる。集落もところどころに見られるようになり、行きかう車も増えてきた。キリスト教会は集落ごとにみられる。


toraja0521.jpg


 キリスト教式の墓と小さな岩窟墓。


toraja0522.jpg

  
 4時間ほどかけて、下界の村に下りてきた。トンコナンの柱がコンクリート製である。


toraja0523.jpg


 さらに1時間ほど、平地を歩いた。車が頻繁に通るうえ、舗装されていないので、すごい埃が舞う。タオルで顔を覆って歩いた。 

 ランテパオの街に戻ってきたときには、すでに17時を回り、あたりはうす暗くなりかけていた。
posted by とんび at 22:10| Comment(6) | インドネシア

2018年01月10日

トレッキング出発地点へ苦労して移動

タナトラジャ旅行記5日目1回目


toraja0501.jpg

  この日からは自力での移動になる。この日は、ペテペテを乗り継いで標高の高いバトゥトゥモガに向い、そこから15kmほど山を下りながら、歩いてランテパオまで戻ってくるトレッキングをするつもりだ。

 朝食は、インドネシアンスタイルにした。メニューにはナシゴレンと書いてあったが、オムライスのようなものだった。ただし卵が目玉焼きなのだが。えびせんがついているのはインドネシアの標準。


toraja0502.jpg


 コーヒーとミックスジュース。

 朝食をいただいたあと、すぐに出発。まずは1kmほど歩いてランテパオの中心の交差点へ。そこで、ボルに向うペテペテに乗車する。ペテペテ乗場に向う途中で、一昨日は見つけられなかったインフォメーションを発見した。大通りに面してはいるが、ちょっと見つけにくい建物だ。


toraja0503.jpg

 街の中心の交差点にはペテペテが停まっていた。ペテペテは乗合の小型バスで、インドネシアではベモと呼ぶことが多い。ただ、スラウェシ島ではペテペテというようだ。

 赤い車らしいのだが、写真を撮った瞬間、出発していってしまった。


toraja0504.jpg

 すぐに別の赤いペテペテがやってきて、ボル?と尋ねると、この車でよいようだ。ところが、他の客がなかなか乗ってこない。ある程度の客が乗らないことには出発しないようで、30分ほど待たされた。一台前の車が目の前で出ていったのが悔やまれる。15分ほどでボル到着。3000ルピア(25円)。


toraja0505.jpg

 そしてバトゥトゥモガに向うペテペテを探した。これがまた一苦労で、市場の近くから出発するのだが、行先ごとに車の待機場所が違っていて、乗るべき車を探すのに苦労した。行先の表示が車にはまったくないので、聞きまくるしか方法がなかった。

 ようやく探し当てた車。これは乗合タクシーなのだが、これもペテペテというようだ。客がある程度集まるまでは出発しないのは同じで、結局、1時間近く待たされた。


toraja0506.jpg

 どこだかわからないようなところを通っていく。途中の集落はどこもトンコナンがあるのがほボ共通している。


toraja0507.jpg

 45分ほど乗車して、バトゥトゥモガに到着。右側に観光客向けレストランがあり、その入口近くに停った。30000ルピア(250円)。

 ここから15kmのトレッキング開始。ガイドと車を雇っていたら、簡単にここまでこれたのだが、自力で来るのはやはり大変で、すでに正午近くになっていた。
posted by とんび at 23:58| Comment(0) | インドネシア