2017年10月28日

修行3回目は中止&師走に旅行

無題.jpg


台風が現在、沖縄から奄美近くにあって、明日は九州から近畿の南の海上を移動するようです。明日、修行3回目の計画をたてていて、伊丹・那覇を日帰りで往復の予定でしたが、中止することにしました。購入していたチケットは、手数料なしで払い戻しました。ですから、修行3回目は延期じゃなく、中止です。10月だけのFOP2倍キャンペーンを利用しての修行でしたから、11月になって、2倍じゃないのに修行する気にはなれません。

それにしても、本来は先週、修行する予定だったのが台風のためにダメになり、明日に延期したのですが、またまた台風でダメになるとはまったく予想していませんでした。ついていないですね。7~9月なら沖縄は、台風のために行けなくなるリスクを以前から感じていましたが、まさか10月の末に2週続けて、台風に見舞われるとは、、

国内線のチケットを台風のために払い戻すのは初めての経験でした。その過程でわかったのは、欠航ではなくても、ダイヤが乱れる予想がある場合(航空会社側が予想して、HPにその旨を公開していることが必要ですが)にも、払い戻しの場合に手数料は不要だということです。これは知りませんでした。

2回の修行をへて、現在のFOPは74000弱です。こうなれば、何としても80000に達せたいのですが、あとは修行ではなく、通常の旅行で加算させて、80000達成にもっていきたいと思います。旅行時期は12月で、行先は6000強のFOP確保が条件なので、エコノミークラスの安いチケットの場合には、バンコクが最も近い行先になります(しかも往復ともに羽田または成田経由にしなければなりません)。エコノミークラスでもアップグレードが可能な運賃やビジネスクラスならもっと近い行先でもいいのですが、払い戻した伊丹・那覇のビジネス切符なみの運賃となると、エコノミークラスの安いチケットに限られます。

さぁどこに行こうかな。やはり行き慣れているバンコクでしょうか。年末年始の旅行は今年は実施するかどうか未定なのですが、実施する場合は、その行先とは別にしたい思いもありますので、そのことも考慮したいと思います。バンコクに行くとしても、短い旅行なので、チェンマイやプーケットなどまでは行けません。バンコクスティかパタヤ、ホアヒンってところでしょうか。なるべく早く決めようと思います。
posted by とんび at 21:23| Comment(10) | 航空

2017年10月25日

延期は正解だったが、今週末修行3回目できるか危機

qwe.jpg

前回の記事で、23日の修行をとりやめたことを書きました。当地では23日は、朝から天気がすでに回復していました。23日はとくに何もすることがなかったので、一瞬、やっぱり23日に修行をしてしまおうと思いました。JALのHPを見ると、搭乗予定便は、遅延するかもしれないけど、運航はするとのことでした。当日の予約状況を見ると、すでに満席が近づていて、修行を決行するなら、すでに後日(今週末)に変更してしまった予約を再度すぐに予約しなおすことが必要でした。

結局、修行はやはりしないことにしました。23日の夜に搭乗予定便の運航状況をHPで調べました。結果、やっぱり決行しないでよかったって思いました。
当初の予定は 伊丹9:10発 ⇒ 那覇11:15着  そして帰りの折り返し便は、那覇12:00発 ⇒ 伊丹13:55着 の予定でした。
それが、当日の運航は、伊丹11:27発 ⇒ 那覇13:30着  そして帰りの便は、何と 那覇13:14発 ⇒ 伊丹14:58着 というものでした。

つまり、23日は、帰りの便は、同じ飛行機が折り返すのではなく、別の飛行機が使われたのでした。13:30に着いたら、乗り予定の便は13:14にすでに出発していたってことになっていたのです。ビジネス切符ですから、あとの便に変更はできますが、あとの便に空席があったかどうかまではわかりません。ひょっとしたら、当日のあとの便は空席がなかったなんてこともあり得ました。やっぱり、無理に修行をしなくてよかったって思いました。

ところで、今週末に延期した修行ですが、また危機です。今週末にまた台風がやってきそうなのです。まだ、週末に日本にやってくるかどうかわかりませんが、可能性は高そうです。

もしやってきた場合どうするか。今度は簡単に延期するわけにはいきません。なぜなら、FOP2倍キャンペーンは自分の場合は10月だけだからです。11月に延期すると、修行4回目が必須になります。これは、できれば避けたいです。それで、急きょ浮上してきたのが、修行3回目用のチケットは払い戻し(ビジネス切符なので、キャンセル料はわずかです)、12月に海外旅行をするって案です。海外旅行っても、約7千FOP確保しなければならないので、エコノミークラスの安いチケットの場合は東南アジアまで行かねばなりません。となれば、バンコクが最有力になってきます。ただし、バンコクでも往復ともに羽田乗り継ぎにしないとなりません。


チケットの値段は、伊丹・那覇のビジネス切符と関西・バンコクのエコノミークラスの安いチケットでは大体同じような値段です。ですから、修行4回目をするくらいなら、修行3回目をやめてかわりにバンコク(またはほかの東南アジア)に行きます。そんなわけで、師走旅行をするかもしれません。もっとも、今週末に修行3回目が予定通りできれば、その必要はありません。さぁ、どうなるでしょう。
posted by とんび at 23:29| Comment(10) | 航空

2017年10月22日

台風のため修行3回目は延期

無題.jpg

修行3回目は、23日に予定していましたが、台風直撃のために延期しました。修行1回目、2回目では、各回とも、伊丹⇒羽田⇒那覇⇒羽田⇒伊丹(羽田⇔那覇はファーストクラス、伊丹⇔羽田はクラスJ)で、1回につき(5320+1632)×2=13904 、2回で27808のFOPが加算され、JGPの基準である8万FOPまであと7千ほどに迫っていました。そして23日の修行3回目で8万突破のつもりだったのですが、やむをえません。

早くから、今週末は21日が仕事で、かわりに23日が休業と決まっていたので、23日に修行3回目をおこなうため、チケットを購入していたのですが、あてがはずれてしまいました。23日は台風では動きようがなく家ですごそうと思います。

23日に搭乗予定だった便は、別日に変更をおこない、あらためて修行3回目を行います。区間は、単純に伊丹⇔那覇(クラスJ)です(本当は、札幌に行きたかったのですが、那覇のほうが、獲得できるFOPと値段を考え合わせると割安なため、那覇ばかりが行先になっています)。この区間は、羽田⇔那覇と同じで、特割21が、獲得FOP、値段の両面から考えて一番、効率がよいです。ところが特割にすると、ほんのわずかの差で8万FOPに達せず、値段がかなり変わるのですが、ビジネス切符で購入してありました。修行4回目は、値段と所要日数の両面から避けたかったので、高いのを承知でビジネス切符にしたわけです。

台風によって欠航がある場合には、予約変更不可のチケットでも別便への変更ができますが、あくまでも欠航が決定してからです。この記事を書いている時点では、23日に搭乗を予定していた便は、まだ欠航が決まっていないようで、変更もできません。とはいえ、どうみても台風直撃と思われるので、自分の場合は、一昨日の時点で、変更可能なビジネス切符なので別日に変更しました。もし、特割を買っていたら、まだ変更できず、困っていたかもしれません(1回目、2回目の羽田⇔那覇は特割だったので、台風があと数日早くやってきていても、変更のために困ったと思います)。そして、欠航が決まってから変更しようとしても、希望する便がすでに満席という事態もかなりの可能性があります。ですから、早くに変更ができるビジネス切符を購入しておいてよかったって思いました。こういう場合には、ビジネス切符が特割・早得などより有利だと実感しました。
posted by とんび at 03:59| Comment(10) | 航空

2017年10月20日

修行2回目終了&国内線300回搭乗

wwwww.jpg

2回目の修行を行いました。ルートは1回目と同じで、伊丹⇒羽田⇒那覇⇒羽田⇒伊丹 で、羽田⇔那覇は国内線ファーストクラスを利用しました。1回目とまるきり同じで、面白みに欠けました。機内食も1回目とまったく同じで飽きてしまいました。

伊丹・羽田はファーストクラスでも提供していなくて、羽田・那覇だと提供しているものに、ラーメンですかい、うどんですかい、があったのでいただきました。国際線では何度かいただいているのですが、国内線ファーストクラスでもいただけるとは知りませんでした。(羽田・福岡、羽田・札幌でもいただけるようです。)

那覇空港のサクララウンジで少し休憩した以外は乗りずめの一日でしたが、ファーストクラスを利用したので、さほど疲れてはいません。修行とはいうものの、機内食やシャンパン、ワインをいただきラクチンな修行でした。

hhh.jpg


ところで、今回の修行フライトで国内線搭乗数がちょうど300になりました。海外旅行をはじめた1992年から25年間での達成です。1年間の平均は12、毎月平均1ということで、きりがいい数字になりました。会社別にみると、JALが多いですが、2008年以前はどちらかというとANA中心で、ANAも51あります。JALには、日本トランスオーシャン、琉球エアコミューター、北海道エアシステムを含みます。また、ANAにはかつてあったエアニッポンを含み、エアドゥは利用時はまだANA傘下でない北海道国際航空だった時期に利用しました。なお、国際線を含めた搭乗回数は、781で、うち国際線385、国内線300、他国の国内線97です。
posted by とんび at 20:00| Comment(0) | 航空

2017年10月17日

9年ぶりの修行

qq.jpg

9年ぶりに修行僧をしました。1か月間だけFOP2倍キャンペーンを利用し、10月にFOPを大量にゲットしようと3日間にわたり修行をすることにしました。今年で9年目になるJGP(JGCプレミア)の資格ですが、今年はFOPがあまりたまらず、もう今年は資格を維持するのはやめようと考えていました。でも、FOP2倍キャンペーンを使えば、比較的簡単にJGP資格を維持できることがわかり、修行僧になることにしました。

自分の場合、9年前(2008年)に、修行を行い、JALのJGCとANAのSFCの資格をとりました。2009年以降は、修行は行わず、海外旅行のさいJALを中心に利用することで、JGPを維持してきました。今年は9年目ですが、特典航空券やLCCの利用が重なり、FOPが増えず、今年はJGPの維持をあきらめようと思った時期もありました。でも、今年、維持できれば10年間続けたことになるので、修行をして維持することにしました。

今日のルートは、伊丹⇒羽田⇒那覇⇒羽田⇒伊丹でした。那覇到着後、サクララウンジに行きましたが、ダイヤモンドプレミア客専用の保安検査場ができていて、通過後サクララウンジに入れるようになっていたので、初めて専用保安検査場を利用しました。上の写真で、一番奥のドアの向こうが専用保安検査場です。検査が終わると、そのままサクララウンジ内に入れます。


uu.jpg

羽田⇔那覇は、国内線ファーストクラスを利用しました。FOPが普通席の0.5倍増になるからです。券種が特割でしたので、普通席は0.75倍になるのですが、1.25倍になります。FOPは国内線ではその2倍で計算されるので、本来なら2.5倍になるのですが、2倍キャンペーンのおかげで5倍になります。羽田・那覇は984マイルなので、キャンペーン期間中の特割の場合のFOPは4920です。これにボーナスの400を加算して5320。往復で10640です。(ビジネス切符を使えば、さらに増えて、普通席で1倍、ファーストクラスで1.5倍、キャンペーン期間中のFOPはその6倍になります。ただ、特割に比べて、得られるFOPの増加分が、値段の増加分ほどはないので、特割にしました。逆に、先得を使えば安くなるのですが、ファーストクラスでキャンペーン期間中のFOPは4倍で、ボーナスの400が加算されない点や、キャンセルすることになった場合、払い戻し手数料がかなり高くなる点を考慮して、使いませんでした。)

国内線ファーストクラスは、JGPの場合、以前は年に2枚づつ、アップグレードクーポンをもらえていたので、伊丹・羽田間で何度かクーポン消費のために使いました。でも、伊丹・羽田間では、ファーストクラスを利用する価値はありませんでした。今回は、羽田・那覇間で有償で利用したのですが、乗りごたえがありました。なお。有償で国内線ファーストクラスを利用するのははじめてです。
posted by とんび at 22:25| Comment(6) | 航空

2017年10月15日

今回の台湾旅行

mmmm.jpg

写真は、帰りに三重から桃園空港まで乗車した空港MRTの普通車です。ロングシートで固いプラスチック製シート、それに時間も45分くらいかかるのですが、空いていて座れるのはメリットでした。

さて、今回の台湾旅行の特徴ですが、何といっても、台北で「突然オフ会」が実現したことです。台北に到着の翌日に、トーフスキーさんから連絡をいただき、その日の夜にオフ会をしました。事前に細かく打ち合わせてのオフ会もいいのですが、こうした「突然オフ会」も楽しいですね。まったくの運しだいですが、今後も、同じところにいらっしゃる場合は、ぜひご連絡ください。楽しみに待っています。

今回は今年になってから4回目の台湾旅行だったのですが、2月の高雄旅行を除き、直近3回の旅行はオフ会をおこなうことができました。3月の台北旅行ではタヌキ猫さん、7月の台南旅行ではkimcafeさん、10月の台北旅行ではトーフスキーさんとそれぞれオフ会ができました。3月と7月は事前に同じところに行くことが判明し、連絡をとりあい合流しましたが、今回はまったく当日に同じところに行くことがわかったのでびっくりでした。

もうひとつ特徴を言えば、今回の旅行で、台湾の滞在日数が100日になったことです。今回の台湾旅行は31回目だったのですが、31回目で滞在日数100日達成でした。台湾は短い旅行が多く、平均で3.2日の滞在ですが、回数でカバーし、他国に先駆けて滞在日数100日にはじめてめて到達した国になりました。(到着日、帰国日も滞在日数に入れています) なお、滞在日数2位はタイで82日です。このあと、滞在日数の多い国を10位まで列挙すると、韓国、中国、インドネシア、マレーシア、アメリカ合衆国、香港、ドイツ、スペインとなります。

台北で何をしたかですが、食べ物食べ歩きが観光の中心になりました。何度も訪問している都市の観光では、観光内容は名所旧跡の訪問よりも食べ物食べ歩きが中心になる傾向がありますが、台湾の台北、台南、高雄それにバンコクなどはその傾向が強いです。

先日、5月に2回行ったバンコクの旅行記が終わり、順番でいえば8月に行ったインドネシア、スラウェシ島タナトラジャの旅行記になるのですが、先に今回の台北旅行記を仕上げてからタナトラジャ旅行記にとりかかろうと思います。なお、今回の台北旅行については、旅の履歴、渡航国別滞在日数、海外オフ会のページについては書き換えました。
posted by とんび at 20:56| Comment(0) | 台湾

2017年10月10日

帰国しました

aaaa.jpg

昨日、帰国しました。昨日は、朝食はホテルのすぐ近くの雙城街夜市でとりました。夜市とは言うものの、ここは一日中、屋台が出ているのですよ。日中と夜では出ている屋台が変わるという情報も目にしたことがありますが、自分では確かめていません。自分はここの夜市を使うのは5回目なのですが、定宿になっているサンルートに近いので、朝食をホテルでとらずにここへ食べにきているのです。でも夜は、ほかの夜市をめぐっているので、まだここにはきていないのです。

ホテルに戻って、まもなくチェックアウト。すぐに空港に向いました。帰りは、黄色のラインカラーであるMRTで中山国小から三重へ。このMRTは空いているのでいいです。ただし、行先が2つあって、間違えないようにしなければならないのと、行先が2つあるため、片方だけだと1本のがすと10分くらい待たねばならないのが難点です。実際、目の前で行ってしまい、しばらくホームで待たされました。

三重駅では、空港MRTに短い距離で乗り換えることができます。台北車站で乗り換えるときは、空港MRTの台北駅は、台鉄・高鉄の台北車站の西端にあるのに対し、MRTの台北駅は東端にあるので、500mくらい歩きます。かえって、緑色のラインカラーであるMRTの北門駅のほうが歩く距離は短いです。250mくらいでしょうか。でも、三重駅乗換は圧倒的に短いです。MRTの改札を出て、空港MRTの駅に向かうエスカレータまで30mほど歩くだけです。ただしエスカレータでの上下移動には時間が少々かかります。とても長いエスカレータを乗り継ぐので。

空港MRTの三重駅は普通車しかとまりませんから、空港まで時間がかかります。普通車だと三重から空港まで45分ほどかかりました。直達車だと空港・台北車站が30分ほどですから、ちょっと長いです。それに、ロングシートであるうえに、固いプラスチック製の座席であるので、長く乗っているのには適さないです。ただし、すいていて、座ることができます。途中、長庚医院で直達車に乗り継ぐことができるのですが、直達車は混雑していたし、あと3駅で空港なので普通車で空港まで乗りとおしました。運賃は、空港・台北車站は160元ですが、空港・三重は140元で少し安いです。

空港に着いたあと、JALカウンターでチェックイン。すぐに保安検査場へ。出国審査場は、かなり混雑していましたが、常客証の威力で、2,3人待っただけで制限エリアに入れました。7月に行った高雄小港空港の場合は、到着時は、常客証の客は、台湾人と同じレーンに並ぶようになっていて、出発時は、常客証は関係なく、外国人用の自動化ゲートに行くようになっていました。桃園空港も同じだろうって思っていたら、桃園の場合は、以前と同じように、到着時、出発時ともに、専用レーンの利用になっていました。

そのあと、JALラウンジへ。以前も書きましたが、ここの内容は以前に比べてずいぶんよくなりました。そして帰国ました。
posted by とんび at 07:08| Comment(0) | 台湾

2017年10月09日

急きょオフ会実施

image.jpg

昨日は予定していなかったうれしいイベントがありました。トーフスキーさんとのオフ会です。昨日の記事をご覧になったトーフスキーさんから中歴、台北に向かうとの連絡をいただき、急きょオフ会をすることになりました。トーフスキーさんとは3年前にバンコクでオフ会をして、お会いして以来ですので、心が踊ります。

昨日は朝食に米苔目を食べました。米苔目は旅行記のさいに説明します。朝食後、故宮博物院に向かいました。数年前に改装があり、その後行ってなかったので、ひさしぶりに行くことにしたのです。現地に着くと、入場券売り場がものすごい混雑でした。それで、入館するのはとりやめ、かわりにまだ行ったことがなかった故宮の庭園、それに故宮から5分ほどのところにある原住民博物館に行きました。そして、付近の食堂で昼食にしました。

昼食後は、台北駅から基隆の少し手前の七堵に行きました。ここに10年前まで使われていた駅舎が保存されているので、見に行くためです。基隆は雨が多く、以前行ったときも雨だったのですが、七堵につくと、土砂降りのあめでした。1時間ほど雨宿りしてから、駅舎が保存されている鉄道公園に行きました。駅舎は建物があるだけで、ほかには見るものもほとんどありませんでした。ここは期待はずれでした。

このあと、台北に戻りました。そしてオフ会をすることになった長安東路に向かいました。この一帯は、熱炒と言われる台湾風の海鮮居酒屋が軒を連ねています。その中の一軒に入りました。中央市場という店でした。トーフスキーさんと台湾のことや旅のことなどお話しました。中歴でお泊まりのトーフスキーさんと分かれたあと、松山のぎょうかがい夜市に向かいました。夜市のとホテルに戻りました。


posted by とんび at 04:33| Comment(8) | 台湾

2017年10月07日

台北到着

image.jpg

本日から台北に来ています。今朝、関空発のJAL便で台北桃園に到着。空港MRTで台北へ。今日は北門のほうに歩きました。MRTを利用する場合は、台北駅よりも近いです。ただし北門は松山新店線だけの駅なので、松山新店線を利用する場合に限られますが。

中正紀念堂で淡水信義線に乗り換えて、1つ目の東門で下車しました。ここでマンゴーアイスの有名店へ。量がとても多かったので、マンゴーアイスが昼食となりました。

 そのあと、台北の定宿であるサンルートで休憩。横になったら、眠くなり2時間ほど眠った。18時に三和夜市に向けて出発。三和夜市は、台北市ではなく、新北しにあります。と書くと、かなり遠くのうようにも思えますが、淡水河のすぐ西側です。MRT台北橋のすぐ北にあります。駅から2分で到着です。規模は大きく、MRTの枝分かれしたもう一本の路線の三和国小の付近まで続いています。ここで夕食にいろいろといただきました。そしてホテルに戻るときはバス。台北橋のMRTの駅前から乗車して、ホテルの近くま5分ほどでした。
posted by とんび at 23:58| Comment(14) | 台湾

2017年10月03日

帰国便ラッキーアップグレード&旅行記完成

バンコク旅行記3日目3回目


tahi30821.jpg

 ナナからBTSでパヤタイへ。そしてエアポートリンクレイルでスワンナブーム空港に到着。ホテルのシャトルの終発がかなり早かった関係で、空港には18時すぎに到着。カウンターが開くまでちょっと退屈だった。

 19時からJALの夜便のチェクインが始まるのを前に係員のあいさつ。JALのバンコク支社長が前に出て話している。


tahi30822.jpg


  一番乗りでチェックイン。何とビジネスクラスにラッキーアップグレード。このときは、座席予約が消えるなどの兆候がまったくなく、予想外だった。それだけにうれしかった。

 この旅行では、往路がプレミアムエコノミー、復路がビジネスにラッキーアップグレード。事前にマイルを利用して往復アップグレードというのは何回もあるが、往復ともにラッキーアップグレードというのは初体験だ。往路はプレミアムエコノミー設置の機材だったのに対し、復路は設置されておらずビジネスになったのであろう。


tahi30823.jpg

   プレミアムレーンのチケットの威力で保安検査場、出国審査場もあっという間に通過でき、すぐ制限区域に入った。

 そのあとはサクララウンジに直行。まずはシャワーを使った。以前はサクラのシャワーは1つしかなかったが、改装後は3つに増え、使いやすくなった。


tahi30824.jpg


 シャワーのあとは夕食タイム。改装後のメニューが増え、何を選ぶか考える楽しみができた。


tahi30825.jpg


 カレーにガパオを乗せたガパオカレーにして楽しんだ。


tahi30826.jpg

   23時発の関西行きJL728に搭乗。


tahi30827.jpg


 ビジネスクラスはシェルフラット型。古いタイプのビジネスクラスシートだが、これで十分に休める。


tahi30828.jpg


 窓側のシートが自分の席。窓側なので、通路側の客が座席をフラット状態にしているときは、外に出にくいのが難点である。自分で席を選べるなら、通路側にするのだが、今回はラッキーアップグレードなので、やむを得ない。 


tahi30829.jpg

 水平飛行になってすぐに飲物サービス。獺祭(だっさい)にした。

 飲んだ後はシートをフラットにして睡眠タイム。



tahi30830.jpg


 2時間ほど眠ったあと、沖縄付近で目覚めた。すぐに目覚めのオレンジジュース。


tahi30831.jpg

   
 朝食は和食にした。朝食は和食のほうがボリュームがあることが多いように思う。


tahi30832.jpg


 コーヒーを飲んで、まもなく関西に到着。無事に旅行終了。

**********************

バンコク旅行記、これで完結です。

バンコク旅行記は、HP「ユーラシア紀行」にもアップロードしました。

このブログの旅行記は、すべて「ユーラシア紀行」にほぼ同一内容で転載しています。

各旅行記は、「ユーラシア紀行」で見ると、旅程の順になっています。(ブログでは、旅程とは逆順。)また、ほとんどは1日分を1ページにしています。

そのため、旅行記をまとめてご覧になる場合は、「ユーラシア紀行」をご覧になると便利で、わかりやすいです。

このブログから、「ユーラシア紀行」への行き方は、次の通りです。

ユーラシア紀行.jpg

ブログ右上のタイトル欄の下のほうの「ユーラシア紀行」をクリックするか、

ユーラシア紀行2.jpg

ブログ右側のリンク集の欄の とんびHP「ユーラシア紀行」 をクリックするかしてください。

「ユーラシア紀行」のトップページには各旅行記へのリンクが、エリア別に作ってあるので、ご覧になりたいものを選んでください。

この旅行記は、「タイ」にある「17バンコク」にリンクしてあります。
posted by とんび at 21:00| Comment(8) | タイ