2016年09月27日

遅い朝食はバビグリン

バリ島旅行記6日目1回目


bali0601.jpg


 バビグリンとは豚の丸焼きだ。バリ島の儀式や行事のさいのもてなし料理としてバビグリンは供せられる。いわばハレの料理なのだが、毎日、誰にでも食べさせてくれる店がある。

 王宮の北のほうにあるイブオカ3だ。バビグリンの有名店だ。王宮の向いに1号店もあるようだが、行き過ぎてしまい、やってきたのは3だ。夕食時には売り切れているという情報もあって、ホテルの朝食を食べずに、開店一番に訪問することにした。でも開店時間がよくわからず、10時半にホテルを出て店に向った。11時ごろに到着。すでに店は開いていたが、ほかの客はいなかった。


bali0602.jpg

 かなり大きな店内だ。注文してからも、かなり時間がかかったので、丸焼きにした豚を解体していたのかもしれない。


bali0603.jpg

 窓はなく、オープンなのだが、外側に面した席に座った。渓谷沿いだが、見晴らしはよくない。しばらくして、雨がきつくなりだした。店にやってくるときから小雨が降っていたのだが、傘をさすほどでもなかった。でも料理を待つうちに、次第に雨脚が強まっていった。


bali0604.jpg

 豚の顔をした水道の蛇口。


bali0605.jpg

 バビグリン・スペシヤルを注文した。スープとご飯がついて75000ルピア。税サ入れて82500ルピア。飲物はコカコーラにした。


bali0606.jpg

 豚肉のいろいろな部分を盛り合せてある。肉の部分は、スパイスがたくさんついているが辛くはない。茶色いのが皮の部分でカリカリしている。黒いのはソーセージ。あと、香辛料のきいた野菜のみじん切り。


bali0607.jpg

  スープも辛くはなかった。雨がやむのを期待して、1時間ほどかけてゆっくり食事をしたのだが、傘なしで歩けるくらいの小雨になってきたので、席をたった。またやってきたい店だが、今度は1号店、2号店にも行ってみたい。
posted by とんび at 22:12| Comment(6) | インドネシア

2016年09月26日

夕食はサテ

バリ島旅行記5日目7回目


bali0552.jpg

 夕食をとる店を探して歩く。多くの店は観光客で満員の状態だった。王宮の向いあたりにあるパオンという店が客が少なくて入ってみることにした。


bali0553.jpg

 客は少ないが雰囲気はよさそうだ。


bali0554.jpg

 この店には珍しく、ビンタン以外にバリハイが置かれていたので、迷わずバリハイ大を注文。35000ルピア。

 バリハイはビンタンとは違う味なのだが、どう違うかは説明しにくい。バリハイがあればバリハイを注文しようと思う。


bali0555.jpg

 サテを注文。網の上に置かれているが、火がついてるわけではなく、油を受けるためだ。鶏肉が3本、牛肉が2本、何の肉かわからないがつくねになったものが3本。

 ご飯は円錐状に盛られて、バナナの葉がとんがり帽子のようにかぶせられている。タレはピーナツソースと唐辛子のきいたものの2種類。あと漬物が2種類。70000ルピア。

 ホテルに戻ると22時。ツアーから戻ったあと30分ほどホテルで休憩した以外、長く出歩いた一日を終えた。
posted by とんび at 20:34| Comment(0) | インドネシア

2016年09月25日

ケチャ鑑賞

バリ島旅行記5日目6回目

*****この旅行記で、前回のバリ島訪問を「17年前」と書いていましたが、1998年12月の訪問だったので、17年8か月ぶりであり、「18年前」に訂正します。HPをアップロードする際には、修正しますが、ブログでアップロード済の箇所は多数の回にわかれていて、1つ1つを修正はしません。*****


bali0544.jpg

 モンキーフォレストからホテルに戻って、30分ほど休憩しただけで外出。19時30分からのケチャを鑑賞するためだ。

 会場は、王宮や市場が面した通りよりも少し北にあるバトゥ・カル寺院で、演じるのはクラマ・デサ・サンバハン。75000ルピアを払って、中に入ると、すでに満員状態。舞台の正面の側に行くように言われ、ゴザに座った。やがて火がつけられた。


bali0545.jpg


 火がつけられたあと、男たちが入場し、火の回りに円陣をつくって座った。僧侶役の人が水を頭にふりかけているようだ。円陣になった一番外側の男の背中が目の前だ。


bali0546.jpg


 火の回りで、男たちが立ったり、寝転がったりして踊っている。30分ほど、さまざまな踊りが続いた。


bali0547.jpg


   男たちが寝転がっている状態。


bali0548.jpg


 やがて踊りが終わり、立っていたたいまつ全体が燃やされる。男たちは、火の粉が客席に入らないように、ブリキを張った板を持って、火を取り囲んでいる。自分の目の前にも、ブリキ板を持った男がいる。


bali0549.jpg


 たいまつが燃えたあとの火がついた燃えカスが広げられた。


bali0550.jpg

 火の残りカスの上を、1人の男が歩いて回る。足で踏んで、火を消しているようだ。もちろん裸足でだ。熱くないわけないだろうし、やけどはしないのか心配になる。やがて、ほとんど火が消された。


bali0551.jpg

 火が消されたあと、僧侶役の男が出てきて、ブリキ板を持った男たちに水を振りかけていった。このあと男たちが退場して、ケチャが終了。 
posted by とんび at 15:57| Comment(0) | インドネシア

2016年09月24日

モンキーフォレストの悪サル

バリ島旅行記5日目5回目


bali0536.jpg

 ツアーの車から下車したのはモンキーフォレストの東の、モンキーフォレスト通りの起点のところ。17時過ぎだったので、モンキーフォレストが開いている時間帯だったので入場してみる。前日は18時に閉まった後で通りかかり、ガイドブックでは閉まった後は無料では入れると書いてあるが、人がいなくなったあとは、入口付近に多数のサルが集まっていて、気持ち悪く、襲われると怖いので、入らなかった。入場料30000ルピアを払って入場。

 あちこちでサルがたむろしている。観光客の中には、菓子や帽子をとられている人もいる。カメラも危ないので、気をつけなくっちゃ。餌にするバナナを売っているのだが、買った客はすぐにサルに目をつけられていた。バナナが投げらるとすぐに何匹かが集まってきて争奪戦。子サルがとったのをボスサルが奪っていくこともあった。


bali0537.jpg

 イモの保管庫から何とかしてイモを取り出そうとしてるサルがいた。結局、取り出せずにあきらめたようだ。


bali0538.jpg


 モンキーフォレストの最も奥の場所にある寺。17年前にきたときには入れたのが、門が固く閉ざされ、観光客の入場は不可となっていた。


bali0539.jpg


 渓谷におり、遊歩道を歩いた。涼しくて気持ちいいが、サルに気をつけていないと、手すりに座っていたり、目の前を横切ったりする。


bali0541.jpg

   手すりにドンと構えているサル。このサルにさらに近寄って、アップで撮影しようとしたら、手を伸ばして、カメラをとりかけてきたので、危ない、危ない。


bali0540.jpg


 出口付近にある死者の寺。17年前はこの寺は訪れなかった。うっそうとした森に囲まれていて、陰気な気配がする寺だ。


bali0542.jpg


bali0543.jpg


 この寺の外側にあった像。悪魔が人間を襲っているように見え、ゾッとさせられた。
posted by とんび at 21:34| Comment(0) | インドネシア

2016年09月23日

棚田と女子生徒の行進

バリ島旅行記5日目4回目


bali0526.jpg


 レンダンの棚田(ライステラス)へ。展望台から棚田が良く見える。

 ここで昼食だ。すでに時刻は15時前。かなり遅い昼食だ。9時に出発だったので、順調に行けば、13時30分くらいに、ここにたどり着くはずだと思うのだが、停車場所のすべてで遅れてくるフランス人の女性客2人組のために、予定が大幅に遅れたのだ。ブサキ寺院では、遅れをめぐってヨーロッパ人の客どおしで口けんかまで起こったくらいだ。


bali0527.jpg

 上の写真の中心部をズームで撮影。すごい数の段の田圃だ。


bali0528.jpg


 棚田を見ながらの食事は、ビュッフェ。前日と同じだが、値段はさらに高くて12万ルピア。ビンタン大は5万ルピア。常に遅れてくるフランス人女性は食事抜きで席だけ確保して時間つぶししていた。

 ビンタンも高いが、やはり飲まずにはいられない。


bali0529.jpg

 料理はこれといって特徴はないが、サテを焼きながら希望者に皿に入れてくれていたことか。


bali0530.jpg

 デザートと再度入れてもらったサテ。


bali0531.jpg

 最後の目的地、スマラプラに到着。王家の休憩所だったらしい建物。このほか、裁判所だった建物などを見た。どちらも壁がないオープンな建物だ。


bali0532.jpg


 王家の休憩所から北側にある広場を見ていたら、独立記念日の行事に向けて、女子生徒の行進練習が行われていて、博物館の見学はパスして、行進を見学することにした。

 午前中に道路を使って練習していたグループとは比べものにならないくらい、足も手もそろった行進をしていた。


bali0533.jpg

 単に行進するだけだはなく、歩きながらさまざまなパフォーマンスをしている。動きはそろっていて、かなり練習したようだ。


bali0534.jpg


 隊列ごとの先頭にはリーダー格の女子生徒がいて、隊列を率いている。


bali0535.jpg

 スマラプラからウブドに戻るとき、道端に日本軍が掘った洞窟が数メートルおきにならんでいるところがある。実は、この洞窟のことはすっかり忘れていたのだが、車から洞窟が見え、すぐに日本軍の掘った洞窟だとわかった。

 ただ、写真をとろうとしたが、あっという間に通りすぎてしまい、写真はとれなかった。かわりに、17年前に、洞窟を見にきて、洞窟にも入ったときの写真をかかげておく。
posted by とんび at 22:14| Comment(0) | インドネシア

2016年09月22日

コーヒー飲んでブサキ寺院へ

バリ島旅行記5日目3回目


bali0515.jpg

 続いて、コーヒー農園にやってきた。前日に訪れた農園とは別の農園だが、経営者は同じようで、売店で販売していたコーヒーなどの商品は前日と同じだった。

 前日に訪れたところと違っていた点もいくつかあった。ジャコウネコは前日は睡眠中で、お目にかかれなかったので、この日に期待していたのだが、そもそもこちらではジャコウネコを飼っていなかった。そのためか、ルアックコーヒーを飲めるようにもなってなかった。

 そのかわり、カカオが栽培されていた。写真はカカオの実で、かなり大きい。


bali0516.jpg

 カカオの実の中身。


bali0517.jpg


 試飲タイム。種類はほとんど、前日の農園と同じだったが、1種類のコーヒーにかえてココアに変わっていた。それに、飲物の名前を大書きした大きなパネルの上にコーヒーなどが置かれていて、中身がわかりやすい点も違う。

 ティルタ・エンプルで遅れてきた客が、ここでも買物に夢中になって大幅に遅れた。


bali0518.jpg

 続いて、キンタマーニ高原へ。ここに到着するまで、ここで昼食だと思っていた。17年前に現地ツアーで訪問した時は、ここのレストランでビュッフェ形式の昼食だったからだ。

 到着してみて、単に写真撮影だけということを知り、アレッ? となったわけだ。山はアグン山、湖はバトゥール湖。17年前にはこの景色の見えるテラスで昼食をとったのだが。かなり高所まできているのか、涼しいので、もっと長くのんびりしたかったのだが、すぐ出発。ここで、この日のツアーは、同じコースを別の車も運行していることを知った。


bali0519.jpg

 バリ島で最大の寺院であるブサキ寺院に到着。到着の寸前に、車の中から入場料30000ルピアを払う。

 17年前は、ここで”自称ガイド”につきまとわれて閉口したので、警戒している。ドライバーも、正式なガイド以外の”自称ガイド”に気をつけるように注意している。正式か自称かの違いは観光客にはわかりづらいので。声かけてこられないように気をつけることにする。

 駐車場からサロンをつけて出発。


bali0520.jpg

 寺院の下までやって。きた。中央の階段は。観光客は上がれない(割れ門のところまではいいようだが)。そのため、左右にある階段を上がっていく。


bali0521.jpg

 17年前、この右手の階段”自称ガイド”につきまとわれた。階段を上がろうとすると、ガイドなしでは入れない、などと言って近寄ってくるのだ。無視してもついてくるので、足早に逃げ去った。

 今回は、左手にもある階段から上をめざした。正式なガイドがついていそうなグループについていった。


bali0522.jpg


 寺院の建物が立ち並ぶところまで上がった。ここでグループから離れた。本殿にあたる建物がたっているが、この前にある庭には入れない。端の方からの見学になる。


bali0523.jpg

 階段を上り、上部の建造物を見て回る。多数のメルが立ち並んでいる。


bali0524.jpg


 ブサキ寺院の中に小さな寺院があるのだろうか。門があって、中にはメルや建物がある区画がたくさんあった。


bali0525.jpg


 最上部から下を見る。一番高いメルは11重になっている。遠方は緑が広がっている。

 見学後、車に戻ると、また遅れてくる客があり、ヨーロッパ人の客どおしで言いあいをしている。
posted by とんび at 16:25| Comment(2) | インドネシア

2016年09月21日

女子生徒の行進とティルタ・エンプル

バリ島旅行記5日目2回目


bali0508.jpg

  次の目的地タンパシリンのティルタ・エンプルに向う。途中、インドネシア国旗をかかげ、何やら叫んでいるトラックとすれ違った。


bali0509.jpg

 続いて、女子生徒が行進。独立記念日の行事の練習だろう。

 車の通る道路で行進練習とはなかなか大変だ。手も足もほとんどそろっていないが、道路ではそろえるのは難しいだろう。


bali0510.jpg

 このあと、女子生徒の隊列が延々と続いた。 


bali0511.jpg


 
 ティルタ・エンプル。聖なる泉が湧く寺院で、サロンを巻いて入場する。沐浴場では沐浴している人がいた。


bali0512.jpg

 沐浴する人々。水が出てくる口の上の部分にお供えを置いて沐浴している。


bali0513.jpg

 さらに奥に進むと何やら行われている。僧侶がお祈りを行って、地元民が取り囲んでいる。


bali0514.jpg

 聖なる泉。沐浴場の水はこちらから引いているようだ。
posted by とんび at 23:37| Comment(2) | インドネシア

2016年09月15日

ゴア・ガジャからツアースタート

バリ島旅行記5日目1回目

bali0501.jpg


 この日も前日に引き続き、現地ツアー。ブサキ寺院などに向う予定だ。

 7時30分から朝食。この日もすぐにレストランへ。前日とは少し違う組み合わせにした。

 パンはクロワッサンにし、卵料理はスクランブルエッグ、フルーツのかわりにジュースとした。でもコーヒーはうまいので、コーヒーのまま。


bali0502.jpg

 食べ終わって部屋で休憩。この日は9時に出発なので、それまで休む。でも、また早く車がくるかもしれないと思って、いつでも出られるようにしていた。案の定、8時45分に車がやってきたと電話。

 玄関に行くと、何と前日のドライバーがいるじゃないか。前日とは行先は違うが、ドライバーは同じだった。車も前日と同じ。ドライバーが同じなので、安心感はあった。

 前日と同じで、ウブドの各地の宿を回って客を拾っていった。前日と同じく、ヨーロッパ各国とオーストラリアからの客ばかりだったが、前日の客とは入れ替わっていた。


bali0503.jpg


 ウブドの村から出たのが9時30分ごろ。そのあと、最初に向ったのは、ウブドのすぐ近くにあるゴア・ガジャ。10分ほどで到着した。

 ここは現役寺院ではなく、遺跡なのだが、サロンが必要で、車を降りるとすぐに着用した。17年ぶりのサロン姿になる。
15000ルピアで中に入る。階段を下ったところに、境内がある。


bali0504.jpg

 沐浴場があったが、沐浴をしている人はいなかった。


bali0505.jpg

 象の洞窟。何かの顔が描かれた洞窟がある。


bali0506.jpg

 洞窟内は、少し中に入ると左右に道が分れていて、左に向うとガネーシャが祀られていた。


bali0507.jpg

 右に向うとリンガ(男根)が祀られていた。
posted by とんび at 23:59| Comment(0) | インドネシア

2016年09月14日

ダンスを見られず夕食

バリ島旅行記4日目5回目


bali0432.jpg


 30分ほど休んで、また外出。19時30分からのダンスを見に行くためだ。この日は、ウブドの東隣のプリアタン村で行われる、グンタ・ブアナ・サリの公演だ。子供だけで行われる公演で、17年前も見ている。

 30分ほどかけて、公演会場にたどりついたのだが、どうも様子が変だ。人がおらず、静かすぎる。公演中止のようだった。せっかく会場までやってきたのだが、公演中止ではどうしようもない。会場を立ち去るしかなかった。

 再び、30分ほどかけてモンキーフォレスト通りまで戻った。結局、ホテルの近くのマハという店に入り、まずビンタン大を注文。


bali0433.jpg

  マハの店内。


bali0434.jpg

 ナシチャンプルを注文。ナシチャンプルは、おかずを盛り合わせたご飯。

 店によって、どんなおかずが盛り合されるか違うので、運ばれてくるまでワクワク感がある。野菜系のおかずが多かったのだが、サテもあった。食べてみて、まぁまぁってところだった。食後はホテルに戻り一日終了。
posted by とんび at 23:22| Comment(0) | インドネシア

2016年09月13日

ウルン・ダヌ・プラタン寺院はぎりぎりセーフ

バリ島旅行記4日目4回目


bali0426.jpg

 ウルン・ダヌ・ブラタン寺院 バンジャール・テガ温泉を出たのが15時30分すぎ。ウルン・ダヌ・ブラタン寺院は17時までの開場。ドライバーは1時間で着くと言っている。

 途中、少女たちの行進の列に遭遇。8月17日の独立記念日の行事に備えての練習だろう。


bali0427.jpg

 やがて峠にさしかかった。広がる湖は、ブヤン湖。


bali0428.jpg

 同じ場所から、右手のほうを見ると、少し小さめのタンブリンガン湖。


bali0429.jpg

 ドライバーが言ったのと同じく16時30分にウルン・ダヌ・ブラタン寺院に到着した。17時に閉門となるので、ぎりぎりすべりこんだって感じだ。

 ここは17年前にサロンを巻いて入場した記憶があり、またガイドブックにはサロンを貸す男のぼったくりに注意が必要と書いてある。そのため、サロンを持って入場したのだが、サロンを巻かずに入場している人が多数おり、何も言われなかったのでサロンは巻かずに入場した。

 サロンは17年前に買ったものを持参していた。よく持っていたものだ。


bali0430.jpg

 ウルン・ダヌ・ブラタン寺院は、ブラタン湖の湖畔にある寺院だ。湖上にあるメルはとても美しい。この中に入ることはできない。

 このメルは50000ルピア紙幣の絵柄に採用されていて、インドネシアを代表する風景なのであろう。


bali0431.jpg

 別の角度から見たメルとブラタン湖。

 17時すぎに、ここを出発。あとはウブドに帰るだけ。18時にウブドの南の入口、モンキーフォレストの東のほうで車を降ろされた。歩いてホテルへ。ホテル出発からホテル帰着まで10時間かかった。通常より時間がかかったが、そのことを除いて、乗車しがいのあるコースであった。
posted by とんび at 21:11| Comment(0) | インドネシア