2017年08月06日

インドネシア到着

18時間かけてインドネシアのマカッサルに到着しました。今日はバスに10時間から12時間乗ってランテパオに向かいます。

昨日はいろいろ報告したいことがありましたが、購入したsimでは、ブログの本文を作る画面にはアクセスできません。コメントを書くことはできます。まったくできないのか、場所の関係なのかはわかりません。今はホテルのWIFIを使っていますが、間もなく出発ですので、これだけしか書けません。

また報告をしますので、今回はこれだけにしておきます。
posted by とんび at 07:27| Comment(4) | インドネシア

2017年07月30日

JAL派だけど次の旅はANA特典で

まもなく今年で最長の長旅に出発です。日数は10日間で、以前、20日前後の旅をしていたころに比べるとずいぶん短くなりました。また、ネット友さんの中には、20日間程度以上の、まさに「長旅」というのにふさわしい日数の旅に出かけられる方もいらっしゃいます。それでも、自分にとっては、今度の旅が今年のメーンイベントといってもいい旅になります。

行先については、すでに6月25日の記事で詳しく書いています。行先はインドネシアのスラウエシ島・タナトラジャです。

さて、この旅の最大の特徴は何かというと、ANA特典を利用した旅だということです。ブログをよく見ていただいてる方はご存じの通り、JAL派のとんびです。しかし、今度の旅はANA特典を利用します。

今まで、ANA特典を利用した旅では、2005年に杭州、08年に北京、10年に瀋陽、11年にハルビン(このときはANA特典でアシアナを利用)と中国方面が多かったのですが、15年にシアトルに行き、そして今回、ジャカルタに行きます。

以前は、同じマイルを使うなら、ビジネスクラスよりエコノミークラスで多くの回数の旅行を楽しみたいという思いが強かったのですが、最近は同じマイルでも、ビジネスクラスを利用したいという思いの方が強まってきました。それで、ANA特典を利用した4回の中国旅行はいづれもエコノミークラスでの発券でしたが、15年のシアトル旅行では、初のANAビジネスクラスを楽しみました。

SEA02034[1].jpg

15年に搭乗した、成田発シアトル行のANA便。ブリッジの窓から撮影。

SEA02035[1].jpg

シアトル行のビジネスクラス座席。自分の利用した座席。

今回は、ジャカルタ往復をANAビジネスクラスで発券してあります。今度の旅行の最大の楽しみは何かと言われれば、インドネシア現地での見るもの、食べるものですが、それに近いくらい楽しみにしているのが、ANAビジネスクラスの旅です。往路はシアトル行の座席に近いものだと思います。復路はこれには及ばず、JALのスカイラックスシートと比べたらどうかなっていうものだと思いますが、実際に体験できるのがうれしいです。

昨年も8月にはインドネシアに行きました。このときは、eJALポイントを駆使して、JALビジネスクラスを利用しました。それで、同じ区間でのJALとANAのビジネスクラス乗り比べがどうなるかが楽しみです。

また、今度は羽田発なのですが、今まで、ANAは関西発と成田発しか利用したことがなく、羽田発は初めてなのです。ANAの羽田の国際線ラウンジは初めての利用になります。これも楽しみです。ANAの関西や成田のラウンジは知っているのですが、羽田は初めてです。また、JALでは残念ながらやっていない、羽田での国内線ターミナルから国際線ターミナルへの連絡バスを利用するのも楽しみです。

旅行の準備は少しづつやっています。現地からの報告もできるだけしたいと思っています。
posted by とんび at 20:33| Comment(10) | インドネシア

2016年11月01日

成田から伊丹 & バリ島旅行記完成

バリ島旅行記9日目3回目


bali0920.jpg


 成田空港への着陸には手間取り、しばらく上空を旋回した。それでも15分ほどの遅れで成田に着陸した。

 成田に到着後、滑走路で故障したのはANA機であることが判明した。

 成田ではJALの国内線カウンターでJL3007の搭乗手続きをした。そのさい、予約していた座席が窓側だが、機種変更によって、通路に出にくくなったと案内があり、通路側に変更してもらった。

 成田発伊丹行のJL3007は国際線の間合い使用の便で、通常は欧米路線のSS7を搭載したB777が用いられている。しかし、窓側席から通路に出にくいということは、SS7でない機材が使われるということだ。成田発着便のB777でSS7でないとなるとホノルル便しか考えられない。ホノルル便はシェルフラットシートを搭載している。機長のアナウンスで、一部のJAL機は羽田に向かったと言っていたが、本来はJL3007になるはずだった便も羽田に向かったのだろう。その余波で、JL3007がSS7搭載便でない機材に変更と推測できる。

 国内線ラウンジで休憩。夕食かわりにサンドイッチをいただく。


bali0921.jpg

 国際線と国内線の共用ゲートからの出発だが、以前は、通路のドアをしめ切って、国内線エリアとして利用していた。最近になって運用がかわり、国内線エリアからは別ルートでやってきて、国内線専用のゲートがあり、ボーディングブリッジだけを共用にするように変化している。


bali0922.jpg


 予想通り、シェルフラットシートだった。これがクラスJとして利用されている。


bali0923.jpg

 飲物はコーヒーにした。

 やがて伊丹に到着。今回の旅も無事に終了。


******************************************


 
バリ島旅行記、これで完結です。

バリ島旅行記は、HP「ユーラシア紀行」にもアップロードしました。

このブログの旅行記は、すべて「ユーラシア紀行」にほぼ同一内容で転載しています。

各旅行記は、「ユーラシア紀行」で見ると、旅程の順になっています。(ブログでは、旅程とは逆順。)また、ほとんどは1日分を1ページにしています。

そのため、旅行記をまとめてご覧になる場合は、「ユーラシア紀行」をご覧になると便利で、わかりやすいです。

このブログから、「ユーラシア紀行」への行き方は、次の通りです。

ユーラシア紀行.jpg

ブログ右上のタイトル欄の下のほうの「ユーラシア紀行」をクリックするか、

ユーラシア紀行2.jpg

ブログ右側のリンク集の欄の とんびHP「ユーラシア紀行」 をクリックするかしてください。

「ユーラシア紀行」のトップページには各旅行記へのリンクが、エリア別に作ってあるので、ご覧になりたいものを選んでください。

この旅行記は、「インドネシア・フィリピン」にある「16バリ島」にリンクしてあります。
posted by とんび at 21:23| Comment(4) | インドネシア

2016年10月31日

ジャカルタから成田へ

バリ島旅行記9日目2回目


bali0908.jpg


 復路もビジネスクラスだが、B767での運航で、座席はSS6と呼ばれている席だ。往路のSS7に比べて、個室感がないのと、座席幅が少し狭いことを除くと、快適な座席であることは、これまでに利用したときの経験でわかっている。


bali0909.jpg

 自分の利用した座席。窓側は1席だけの独立席だ。 早朝便であるので、最初に軽食が出て、終盤近くになってからメインの機内食が出る。


bali0910.jpg


 軽食はローストビーフサンドであった。飲物はシャンパンにし、同時におつまみも配られた。


bali0911.jpg

  少し食べ足りないので、カップ麺くらしか搭載していないらしい。ちゃんぽんですかい、をいただいた。

 ですかいシリーズで最も新しい麺で、知らぬ間に登場していた。美味しくいただけてよかった。


bali0912.jpg


 飲物はウーロン茶にした。 


bali0913.jpg

  
 ボルネオ島上空にて。ジャングルの中を茶色い川が蛇行して流れている。

bali0914.jpg


 ブルネイ近くのようだった。


bali0915.jpg

 台湾付近を飛行中にメインの機内食があった。飲物は白ワイン。


bali0916.jpg


 前菜のチキンサラダ。


bali0917.jpg


 メインはビーフステーキだが、デミグラスソースがかかっている。


bali0918.jpg


 飲物を赤ワインにかえた。


bali0919.jpg


 コーヒーとアイスクリーム。

 いよいよ成田が近づいてきた。機長のアナウンスがあり、成田空港の滑走路上で他社の飛行機が故障し、一時、成田空港の滑走路が使えなかったとのこと。そして、成田行きのJAL機の一部は羽田に向ったが、当機は成田に着陸するものの少し到着が遅れるとのこと。
posted by とんび at 23:29| Comment(0) | インドネシア

2016年10月30日

ジャカルタ出発まで

バリ島旅行記9日目1回目


bali0901.jpg

 いよいよ最終日。スカルノハッタ空港を6時45分発のJL720で帰国する。第1ターミナルにあるホテルを4時20分にチェックアウト。ホテルの前に行くとちょうどシャトルバスが到着して乗車。写真はバス車内。


bali0902.jpg


 バスは第2ターミナルで何回か停車するのだろうが、どこがいいかわからず、最初に停車したところで下車したら、かなり歩かされて、JALのカウンターに到着。すでにチェックインがはじまっていて、1人待ち手続。


bali0903.jpg


 制限区域に入って、ガルーダのラウンジに直行。1年半前にこの空港を利用したときは別のラウンジを利用したのだが。


bali0904.jpg

 ガルーダのラウンジには酒類が置いていなかった。以前、利用した別ラウンジでも、ビールは注文制とはいえ飲めたのだが。今回はコーラを飲んだ。


bali0905.jpg

 朝食をいただいたが、料理の数も少なく、期待外れであった。


bali0906.jpg


 お粥。まあまあか。


bali0907.jpg

 搭乗ゲートに向った。搭乗便ごとの待合室で待ったのだが、隣のゲートは、JAL便より30分早く出発するANAの羽田便だった。ガラスが曇っていて、ちょっと見えづらいが撮影。
posted by とんび at 22:23| Comment(0) | インドネシア

2016年10月28日

スカルノハッタ空港内で1泊

バリ島旅行記8日目6回目


bali0856.jpg


 第1ターミナルでシャトルを下車したところ。右手が道路でシャトルバスなどの乗場がある。左手に店舗が並んでいて、その中に今回泊まったホテルもあった。

 だから、第1ターミナルという点がちょっと利用しづらいのだが、第1ターミナルに行くことができれば、すぐにわかる便利な場所にある。


bali0857.jpg

 泊まったドゥ・プリマホテルの入口。

 デンパサールからの便がもともとの予約便であれば20時30分ごろにホテルにたどりつくと予想される。また、変更してもらった便が遅延しなかったら、17時30分くらいにこれたはずだ。結局は変更便が1時間半遅れたために、19時の到着となった。

 JAL便に乗りつぐ場合だと、19時から搭乗手続が行われるので、1時間半遅れでも、ちょうどいいくらいにはなる。でもはじめて、この空港を利用する場合はハードルが高そうだ。

 入口を入り、2階に上がると、空港に入るときのような保安検査場があり、そこを通過しなければならない。荷物もだ。


bali0859.jpg


 写真の左側にあたるところにフロントがあり、そこでチェックイン。同じ2階の奥の方が客室になっていて、そちらに向かう。  客室は簡素なつくりで、ベッド以外には、壁際のテーブルくらか。WIFIはきちんと使えるし、ミネラルウォーターもあった。1泊だけ乗継のために使うというのであれば十分だ。

 値段も4000円程度であったので、比較的高めの印象がある空港内のホテルでは安い感じ。


bali0860.jpg

 荷物を置いて、食事に出かけた。第1ターミナルには店舗が並び、食事には困らない。とはいえ、ビールが飲めるようなレストランはないことと、まだ20時ごろだったのにすでに閉店という店舗が多いのは残念だった。

 結局、この写真の店に入店。


bali0861.jpg

  すでに閉店準備をしているような感じで、ほかに客はいなかった。


bali0862.jpg


  最初は別の料理を注文したがもう売り切れと言われ、ソトアヤムにした。

 ソトはスープで、チキンスープということだ。具がたくさん入っていて、おかずにもなる。それで、ソトアヤムとご飯だけを注文した。

 一見、細長い麺の上にネギや卵がのっているように見えるが麺ではない。細く見えるのはもやし。ほかにも野菜がいろいろ入っている。香辛料が多く使われていて、味は濃厚。


bali0863.jpg

 ご飯と飲物。飲物はよくわからない銘柄のものしかなかったが、アイスティーと言って注文した。帰りに、ホテルで飲むために、もう1本買って、あわせて30000ルピアほど。

 ホテルに戻ってからは、帰国準備。旅行2日目から1週間、熱帯スタイルの服装ですごしてきたが、久しぶりに長ズボンと靴を出す。翌朝は4時半に出発するので、寝過ごさないよう気をつけねば。
posted by とんび at 20:30| Comment(0) | インドネシア

2016年10月27日

ジャカルタの空港の新ターミナルで困惑

バリ島旅行記8日目5回目


bali0847.jpg


 搭乗機は第3ターミナル(正確に言うと、第3ターミナルといっても、既設の第3ターミナルとは別に増築された「第3ターミナル アルティメット」で略称は「T3U」である)に到着。しかし、ブリッジにはつながれず、タラップで地上に降りて、バス連絡になった。

 T3Uの開業は、8月9日であったのだが、降り立った日は8月13日。開業5日目だ。


bali0848.jpg

 ビジネスクラスの客は、専用のバンで運ばれる。国内線のビジネスクラスは12人分の座席があるが、バンも12人が座れるようになっていた。以前からこのようなサービスをしていたのか、新たなサービスなのかは不明。


bali0849.jpg

 バンから降ろされたところから殺風景な通路を延々と歩くこと10分。ターンテーブルに到着。搭乗便の表示があるレーンで待つ。しばらくして、荷物が出てきだした。


bali0850.jpg


  ビジネスクラスの荷物は真っ先に出てくると思っていた。ところが自分の荷物がでてこないではないか。最後の荷物まで待ったっが、結局出てこなかった。ロストバゲージか。やられたと思い、バゲージの窓口を探した。

 ターンテーブルのエリアの入口付近まで戻り、バゲージサービスのコーナーへ行き、荷物が出てこない旨を伝え、荷物の預かり証を見せた。

 係は、こちらへ、という感じで隣のカウンターへと案内。隣はプレミアム・バゲージ・サービスと書いてある。何と、そこに荷物はあった。

 ここでようやく、ビジネスクラスの荷物は、プレミアム・バゲージ・サービスに運ばれ、そこで受け取る仕組みになっていることがわかった。ターンテーブルまで行かなくてもよいようになっている。

 でも、そのサービスを行っている案内はデンパサール空港ではなかったし、機内でも、この空港でもなかった。案内がなければ、ターンテーブルに行くじゃないか。せっかくの仕組みが生かされていない。ここで30分ほどロスしてしまった。


bali0851.jpg

                                                                                                                                               
 この日は、第1ターミナルで営業しているホテルに向かう。そのためにはシャトルバスに乗らねばならない。乗場を探してターミナルの外に出た。

 どこにシャトルバスの乗場があるのかとあたりを見渡してみたら、SHUTTLEと手書きした紙を持った人が、エスカレータを上がれと言っていたので、エスカレータで上の階に向った。案内板もない状態なので、応急措置で案内していたのだろう。案内板をつくる余裕もなく新ターミナル開業にいたったのだろう。


bali0852.jpg


 上の階に上がると、シャトルバスの乗場の看板が見えて一安心した。GA411はデンパサールから乗継でJALの深夜便に乗る場合に指定される便なので、JAL便に乗り継ぐ日本人もいて、間に合うか心配していたようだった。この時点で18時50分ごろで、じゅうぶん間に合うが、慣れないと心配だろう。


bali0853.jpg

 シャトルバスは5分ほど待ってやってきた。バスを待っていた日本人はかなり待たされていたようだったが、幸い自分はすぐに乗れてよかった。

 結構混んでいて座れなかったのだが、乗車してから、すぐ後ろを別のシャトルバスがダンゴ運転していて、そちらはすいていることがわかった。別のバスがすぐくるので、待てばよいというような案内があればよかったのだが。


bali0854.jpg

 シャトルバスは、車体の中央にドアがあり、前方が女性、後方が男性と、乗車するエリアをわけたバスだった。イスラム教国で男女別に乗るところを分けるバスがあることは聞いていたが、これまでイスラム教国に行っても乗車したことはなく、今回が初めてだ。

 シャトルバスは空港内を遠回りする。直線距離なら1kmもないが、バスではかなりの距離を移動するようだ。10分ほど乗車して第1ターミナルに到着。第1ターミナルでも3ヶ所止まるのだが、ホテルのある2つ目で下車。第1ターミナルは、ガルーダ以外の国内線が使用しているようだ。


bali0855.jpg

 バスから下車する客は自分だけで、写真をとる余裕もなく去っていった。そのかわり、すぐに後続のシャトルバスが着いたので、そちらを撮影。バスに白いのや黄色いのがあるが、何か違いがあるのかは不明。
posted by とんび at 20:57| Comment(2) | インドネシア

2016年10月26日

デンパサールからジャカルタへ

バリ島旅行記8日目4回目


bali0837.jpg

 GA411は15時35分発だったが、16時10分発に変更になった。折り返し便が遅れているという説明があった。ゲートで待ちぼうけ。

 このあと、16時10分になっても搭乗案内はなし。結局、16時30分ごろにようやく搭乗開始。


bali0838.jpg

 席はビジネスクラスで最前列が指定されていた。離陸したのは16時55分。本来の時刻より1時間20分遅れだ。それでも、もともと搭乗する予定だった便の予定時刻は18時20分発なので、それに比べたら1時間半ほど早いので、よしとしよう。


bali0840.jpg

 離陸前に飲物サービス。アップルジュースをいただく。他はオレンンジュースと水。


bali0839.jpg


 滑走中に見えた割れ門。空港内にバリらしい雰囲気を漂わせていてよい。


bali0842.jpg


 いよいよバリ島ともお別れ。今度は、あまり間をあけずにまた訪問したい。写真は上昇中に撮影したもので、クタ付近だと思う。


bali0843.jpg

 機内食のサービス開始。飲物はビンタンにした。


bali0844.jpg


 チキンの炒め物と野菜がのっているプレートは熱くされていた。ナシゴレンとの選択であった。

   食後はシートを倒したが、あまりリクライニングしない。とはいえ、シートは柔らかで横幅も広いので、ゆっくり休める。


bali0845.jpg

 スカルノハッタ空港に到着。17時半すぎ。バリ島とは1時間の時差があるので、飛行時間は2時間弱。かなりの遅延だったが本来乗る予定だった便よりは2時間ほど早くなった。

 写真は新設の第3ターミナル。バリ島滞在中にスカルノハッタ空港でのガルーダ国内線の使用ターミナルが、従来の第2ターミナルから新設された第3ターミナルに移転した。まだ移転間もない第3ターミナルに到着するので、新しいターミナルをさっそく利用できる期待感とともに、到着後の動きもよくわからず不安もある。


bali0846.jpg

 着陸後、第3ターミナルに向うのだが、途中、ダイターミナル2に駐機するJAL機とANA機を目撃。隣り合ったゲートを使うのでこうした現場を見ることができる。海外のほかの空港ではこのような光景はみないのではないだろうか。
posted by とんび at 21:12| Comment(0) | インドネシア

2016年10月25日

デンパサール空港へ

バリ島旅行記8日目3回目


bali0826.jpg

 10時30分に出発ということは、現地ツアーの場合と同じく、自分のホテルには、その10分前にバンがやってくるだろうと思っていたら、予想通り。部屋に電話がっかってきて、すぐにチェックアウトし、バンに乗り込んだ。

 ウブドの中を動き回って、客を拾っていき、ウブドを出たのは11時を回っていた。客は自分以外は、全員がヨーロッパ系。ただ、話の中身からオーストラリア人も含まれているとわかった。


bali0827.jpg


 ウブドの少し南の村で渋滞があったが、オダランが行われていた。ウブドに滞在中、オダランには遭遇しなかったが、車窓から一瞬だけ見ることができた。


bali0828.jpg


 サヌールでは、客の1組を下した。泊まる宿まで送っていった。次回のバリ島訪問ではサヌールに泊まってみるのもいいかなと思う。


bali0829.jpg

   12時すぎにデンパサール空港に到着。初日にこの空港に着いたのは夜だったのでよくわからなかったが、かつて利用したときとは様変わりして、きれいな空港になっていた。国際的な観光地の玄関口として恥ずかしくない空港になっていた。


bali0830.jpg


 バンが着いたのは国際線ターミナル。観光客の大半は国際線を使うから当然なのだが、自分はこれから国内線へ移動しなければならない。写真のような寂しい通路を10分ほど歩かねばならなかった。 


bali0831.jpg

 国内線のチェックインの前に便の変更をしてもらわねばならない。本来、予約してあるのは、デンパサール発18時20分のGA417であったが、これだと6時間ほど待たねばならない。

 そのため、早い便への変更を申し出たのだ。すぐには、変更できないようで、待つように言われた。どこで、待つのかというと、カウンターのそばで待てとのこと。日本では考えられないような対応だが、まぁ仕方ない。

 12時半ぐらいにカウンターにきて、13時すぎまで待って、ようやく呼ばれた。14時と14時30分の便は満席で、15時35分発のGA411に変更できるとのこと。3時間近く、早くジャカルタに行けるのでよかった。JALでジャカルタ発の夜便をデンパサール発でとると、通常はGA411が指定される。でも、今回はジャカルタで1泊して、翌朝の昼便で帰国する。それにしても、デンパサール空港で長時間、することもなく待たねばならない事態を回避できたので、その時は大喜びだったのだが、、


bali0832.jpg


 すぐに保安検査場を通り、制限区域に入り、ガルーダ航空の国内線ラウンジに直行。GA411のゲートのそばなのでちょうどよかった。

bali0833.jpg

 ガルーダのラウンジは酒類はない。飲物はコーラにした。一応はホットミールがあるのだが、種類はわずか。キャッサバのイモと葉、チキン、ライス。ホットミールはこれだけだった。


bali0834.jpg

 バナナの葉に包まれたものがあったので、菓子かと思って選んだ。


bali0835.jpg


 中身を見ると、ライス、卵、ミーゴレン、魚のフレークを辛く味付けしたものが包まれていた。あまり美味しくはなかった。


bali0836.jpg


 ピサン・ゴレン(バナナの天ぷら)、激甘な餅菓子。そして、よくわからないのだが、日本食では、”なます”と呼ばれる、大根の千切りを甘酸っぱくあえたものにそっくりなものがあった。大根だと思ったのだが、違っているかもしれない。それが、デザートのコーナーにあったので、デザートの一種なのだろうが、よくわからない。
posted by とんび at 21:19| Comment(0) | インドネシア

2016年10月24日

朝食はミー・ジャワ

バリ島旅行記8日目2回目


bali0816.jpg


 チャンプアン橋を渡って、ウブドに戻った。2時間歩き続けたというのに、まだ8時過ぎだ。

 このままホテルに戻っても朝食タイムだが、外に出たついでに朝食をすませることにした。王宮に着くまでに、よい店があればと思っていたが、朝から開店している店はほとんどなかった。開店しているかわからない店も多く、何軒か中に入って尋ねてみたが、連続して、まだだと言われた。


bali0817.jpg

 市場の屋台食をもう一度食べようかとも思ったが、もう少し歩いてみることにした。ジャワ料理店のワルン・イゲランチャまでやってきた。まだ開店準備中のようだったが、聞けばOKということで、この店で麺を食べていくことにした。


bali0818.jpg


 壁には絵画がかけられいたりと、芸術村ウブドの店という感じがでている。明るくきれいな内装だ。ムスリムの店で、ハラールの表示があり、酒類はおいていない。


bali0819.jpg


 道路側に出たテラス席もあり、そこに席をとった。


bali0820.jpg

  ミー・ジャワを注文。25000ルピアで、飲物がついてくるのでお得感がある。飲物はホットのものから選ぶようになっていたが、歩いてきたところで冷たいものが飲みたかったので、アイスティーができるか聞くとOKであった。

 金属製のカップに入っているのは、生野菜を刻んだもの。アイスティーの向う側の液体はシロップ。


bali0821.jpg

 ミー・ジャワ。ジャワ島ラーメンということだろうが、麺は日本のラーメンと同じような小麦の黄色い麺。卵も入っているのかもしれない。

 スープは、鶏ガラスープに香辛料をきかせてあるような味。具にキャベツがたくさん入っていて、魚のフレークやトマトのみじん切りも入っている。量も多く、なかなか美味しくいただけた。


bali0822.jpg


  ホテルに戻る途中、ウブド市場の地元客向けのエリアに立ち寄った。2日前に、ナシチャンプルを買った屋台の女性が自分のことを覚えていて、また買っていかないかと手招きした。ナシチャンプル以外に、おやつセットのようなものも売っていたので、ホテルに持ち帰って食べることにした。


bali0823.jpg

 サッカー場のところまで戻ると男子生徒が行進練習していた。今回の旅では、女子生徒の行進練習をいろいろなところで見かけたが、男子生徒の行進を見るのははじめてだ。

 独立記念日の行事で行進するのだろうが、手の振りも大きくないし、全体がそろっていないので、大丈夫かと思う。


bali0824.jpg

 ホテルに戻ると9時過ぎ。空港行きのバンが迎えにくるまでまだ1時間少々ある。

 市場で買ったおやつ。内側が防水の油紙で包んである。


bali0825.jpg


 赤米以外は、甘いお菓子だった。部屋をでる準備をして散歩に出かけたので、1時間ほどネットなどをして過ごした。
posted by とんび at 21:19| Comment(0) | インドネシア