2017年11月05日

NH855羽田⇒ジャカルタ搭乗記

タナトラジャ旅行記1日目3回目

toraja0121.jpg


 ラウンジから近い110番ゲートからジNH855ジャカルタ行きに搭乗。ガルーダ・インドネシア航空とのコードシェア便だ。


toraja0122.jpg


 羽田の場合、搭乗機の撮影は、窓枠が邪魔をして、なかなか難しい。機種は最新型といえるB787-900だ。


toraja0123.jpg


 ビジネスクラスはスタッガード型。夏休み中の土曜日にもかかわらず、空席がちらほらある。ジャカルタは観光需要がやや少なめな上、JAL、ANAとも2往復飛ばしていて、座席が供給過剰かもしれない。特典航空券も比較的簡単にとれた。


toraja0124.jpg


 自席。窓側席は窓に接する席と窓に接してテーブルがあり席は通路に面している席が交互に並んでいる。テーブルの下部は後ろの席の客のオットマンになっている。


toraja0125.jpg

 自席のモニターとオットマン。 


toraja0127.jpg


 出発前にウェルカムドリンク。スパークリングワインをいただく。


toraja0126.jpg


 東京湾の入口。向うが房総半島の先端、手前が三浦半島。


toraja0128.jpg


 まもなく機内食はじまる。おつまみと白ワイン。


toraja0129.jpg


 和食を注文。夏らしい雰囲気の食事だ。松山の名物を取り入れたメニューらしく、レンコンの上側に写っているのがハムカツで、これも松山名物だとか。それは知らなかった。


toraja0130.jpg


 飲物は途中で赤ワインに変えた。


toraja0131.jpg

  
 主菜は、鰆(さわら)の照り焼き。柔らかく味付け良好だった。


toraja0132.jpg


 デザートとコーヒー。デザートは2種類から選ぶようになっているのがANAの特徴だ。パンナコッタでコーヒーによくあったが、コーヒーを注文しないと、すぐには口にできないのがちょっと難。


toraja0133.jpg


 食後酒が配られたので、カミュVSOPのブランデーミニボトルをいただいた。食後酒のサービスはJALにはないものだ。


toraja0134.jpg

      
 2食目の食事には、味噌ラーメンをいただいた。一風堂のものだそうで、欧州便とシンガポール、バンコク線ではとんこつラーメンらしいが、ジャカルタ線は味噌ということで、イスラム教徒でも食べられるように味噌にしているようだ。(北米便は片道とんこつ、片道味噌)


toraja0135.jpg


 到着が近づいたころにチョコレートとキャンディーが配られた。


toraja0136.jpg


 ジャカルタ、スカルノ・ハッタ空港に到着。
posted by とんび at 22:48| Comment(2) | インドネシア

2017年11月04日

羽田国際線ANAラウンジ

タナトラジャ旅行記1日目2回目


toraja0113.jpg


  羽田で国内線第2ターミナルから国際線ターミナルへ移動。羽田も第2ターミナルはアウェー状態なので、右往左往しながら、連絡バス乗場にたどりついた。

 連絡バスは、国内線の便で機体までがバス連絡の場合に使われるゲートが並ぶ横から出発する。


toraja0114.jpg

 羽田で国内線ターミナルから国際線ターミナルへの連絡バスは、羽田が再国際線化された直後には、JALでは運行されたが、ANAでは運行されていなかった。国際線ターミナルから国内線ターミナルの連絡バスは両社とも再国際線化のときから運行されている。
 
 いつの間にか、JALでは国内線から国際線への連絡バスがなくなってしまい、逆にANAではサービスが始まった。やはり、国内線の制限エリア内から国際線へ行けるのは便利だ。JALも再開を考えてほしいものだ。


toraja0115.jpg

 連絡バスの乗車票。伊丹でチェックインの際に渡された。連絡バスに乗車の際に見せる。JALでも、国際線行きの連絡バスがあった当時、同様の乗車票があった。

 連絡バスは、制限エリア内を通るが、最後には制限エリア外に出て、国際線ターミナルの玄関に到着する。すでに、伊丹でチェックイン済なので、国際線ターミナルではカウンターには立ち寄らない。保安検査場は、ビジネスクラスであるからか、SFCであるからか不明だが優先レーンを使えた。夏休み中の土曜だからか、出国審査場は混んでいたので、自動化ゲートを利用した。


toraja0116.jpg


 羽田の国際線ターミナルでは、いつもは出国審査場を抜けると、左側にあるJALのラウンジへ向かうのだが、今回は右側に向う。右側へはめったに行かないので新鮮だ。ここもダイヤモンド客向けのANAスイートラウンジがあるが、入室資格がなく、通常のANAラウンジへ。ANAラウンジは成田は利用しているが、羽田では初利用だ。

 印象は、伊丹の国内線ANAラウンジで感じたのと同じくスタイリッシュであること。JALの重厚感とは異なる。かなり混んでいたので、席を見つけるのに苦労したが、席をとってダイニングに向った。


toraja0117.jpg

 ビュッフェコーナー。品揃えが微妙にJALの場合とは違っていて楽しい。いただかなかったが、チョコレートも置いてあったが、JALではお目にかかったことはない。


toraja0118.jpg


 ANA独特なのがヌードルバー。5種類の麺から選んで注文する。


toraja0119.jpg


 待ちに待った朝食をいただく。メインはカレーだが、チキンカレーというのが、JALと違っていて面白い。なかなか美味しかった。


toraja0120.jpg


 麺類もいただこうと、とんこつラーメンを注文。小ぶりなどんぶりに入れて出される。

 食事後はしばらくラウンジで休憩。できればシャワーも利用してみたかったのだが、シャワーを使えるだけの余裕はなかったので、またの機会にしよう。
posted by とんび at 15:05| Comment(4) | インドネシア

2017年11月03日

久々にANAで伊丹⇒羽田

タナトラジャ旅行記1日目1回目

8月に行ったインドネシアのスラウェシ島のタナトラジャの旅行記をはじめます。10月の台北旅行記はあとに回します。


toraja0101.jpg

  インドネシアのスラウェシ島のタナトラジャへの旅。今回はANA特典航空券を使い、約2年ぶりにANAを利用する。

 伊丹から羽田経由でジャカルタに向う。伊丹空港はよく利用するが、普段はJALが使う北ターミナルなので、ANAの南ターミナルは完全にアウェー状態。

 国際線乗継カウンターを見つけるが、手荷物検査の列がよくわからない。エコノミークラス用の長い行列の陰にかくれて、左側にプレミアム客用の入口があったが、わかりにくかったのだ。


toraja0102.jpg


 ANAは滅多に利用しないが、SFC会員であるし、そうじゃなくても今回はビジネスクラス利用なので、プレミアム客用のカウンターへ。1人待っただけで、すぐに手続きできた。


toraja0103.jpg


 ターミナル2階に上がると、プレミアム客向けの国内線カウンターがあった。JALは、2階に優先客カウンターはない。その横にプレミアム客向け保安検査場があり、そちらへ。JALでは、ダイヤモンド・プレミア向けの保安検査場があるが、ANAではダイヤモンド向けの保安検査場は設置されていない。


toraja0104.jpg


 すぐにANAラウンジへ向った。入口を入ると、受付があり、エレベータで3階へと案内される。2階はダイヤモンド客用のANAスイートラウンジで、こちらの入室資格は持っていない。

 ANAラウンジに久しぶりに入室して感じたのは、スタイリッシュだということ。JALの重厚感あるラウンジとは雰囲気が違う。伊丹に限れば、JALの2つのラウンジよりも広いのもいい。


toraja0105.jpg


 ANAスイートラウンジにはパン等もあるらしいのだが、ANAラウンジは飲物とおつまみ程度の提供。JALのサクララウンジと変わらない感じだ。


toraja0106.jpg


 しばらく、朝ビールを飲みながら休憩した。


toraja0107.jpg

  
 NH14で羽田へ。ラウンジの前の10番ゲートからの出発だ。


toraja0108.jpg


 優先搭乗が、ダイヤモンド向けのSFC、プラチナなど向けの2段階に分けられている点もJALと同じ。土曜日だったが、優先搭乗の客は2列とも多い。

 ゲートの自動改札機を通る時に、紙がでてきたので、一瞬びっくり。ANAの場合は、保安検査場で「保安検査証」、ゲートでは「ご搭乗案内」というペラ紙のカードがそれぞれ出てくる。JALの場合は、保安検査場でレシートのような「ご搭乗案内」が出てきて、ゲートでは何も出てこない。


toraja0109.jpg


 搭乗機はB787。


toraja0110.jpg


 普通席前方通路側の7Cに着席。少し前方にプレミアムシートがある。45分ほどの滞空時間だが、久しぶりのANAなので何かとそわそわしてしまう。


toraja0111.jpg


 JALではきまってクラスJを利用しているが、ANAにはこれに相当する席はない。ちょっとゴージャス感にかけるのはやむを得ない。


toraja0112.jpg

 飲物サービスではコーヒーをいただいた。まもなく羽田に到着。
posted by とんび at 11:27| Comment(2) | インドネシア

2017年08月15日

帰国しました&帰国便少し報告

昨日、無事に帰国しました。10日間のインドネシア旅行でしたが、はじめてのスラウェシ島、また往復ともバスで10時間のところが目的地と、不安ももっての出発でしたが、行ってみると大いに満足しました。

結婚式、葬式、トレッキング、温泉、岩窟墓、トンコナン、、、文化と自然を堪能してきました。はじめての食べ物としては、パピオン、パラマッサン、チョットマカッサルといろいろいただくことができました。

旅行記、いままでたまっている旅行記を早く片付けて、とりかかろうと思っています。HP最下段にある、旅の履歴と渡航国のページだけ更新しました。今回の旅行で、インドネシアのトータル滞在日数が45日となり、今まで5番目に多かったマレーシアを抜いて、台湾、タイ、韓国、中国につぎ5番目に多い国となりました。

最終日の帰国のANAフライトでは、いくつか新しいことがあったので、紹介しておきます。

1.jpg

今回はANA特典航空券をビジネスクラスで発券しての旅でした。最終日の帰国便のチェックインですが、いくつかの航空会社はプレミアムチェックインのカウンターを利用でき、ANAも利用できる航空会社であったので使ってみました。使えるのは、ANAの場合は、ビジネスクラス利用者かダイヤモンド会員です。平SFC会員は使えません。自分は平SFCですが、ビジネスクラス特典航空券での搭乗なので利用資格があります。

ここで、椅子にすわってチェックインするのですが、パスポートと発券された搭乗券をいったん預けます。写真の左手にプレミアラウンジの入口があり、ラウンジに直行できました。ラウンジ内で出国審査の終わったパスポートが返却されます。(ラウンジに向う途中に、専用出国審査場があり、時間帯によっては、係員がいて出国審査が行なわれます。)ANAのカウンターと出国審査場で並ぶ必要がなく、とても便利でした。昨年は、JALのビジネスクラスを利用しましたが、JALはプレミアムチェックインを行っていませんので、このようなことはできません。(JALもラウンジは同じラウンジなのですが) チェックインそのままラウンジというのがよかったです。


2.jpg

機内食はまず朝食が出され、そのあとは自由に好きなものを注文する仕組みです。これはJALの場合と同じだったのですが、自由に選べるメニューの中に、インドネシア風のメニューとしてミーゴレンがあったのが大きな特色です。バリのヒルトンのシェフが監修しているとかで、なかなか美味しかったです。


3.jpg

これは、成田から伊丹へのフライトの座席です。今回のビジネスクラスの座席は、往路のジャカルタ行はこの座席と同じようなスタッガード型の座席でした。JALでは類似の座席はスカイスィートです。復路のジャカルタ発は一昔前のクレドール型の座席でした。JALで類似の座席は、シェルフラットです。国際線区間は乗る前からわかっていました。

成田から伊丹のフライトは、以前は国際線用のB777が使われていたのですが、3年くらい前から国際線用のB767が使われています。2年前に同じ便で伊丹に向ったときも、B767で国際線用ビジネスクラスの座席でしたが、クレドール型でした。今回も、予約時にはクレドール型のシートマップで座席を選びました。ところが、実際には、スタッガード型の座席になっていました。普通席の扱いで乗れました。短時間ですが、フルフラットにして休みました。自分の席は、ビジネスクラス用の席の最前列だったのですが、その前にはファーストクラス用の席があります。ここは、プレミアムシートとして販売されていました。
posted by とんび at 10:31| Comment(10) | インドネシア

2017年08月13日

ジャカルタ空港のターミナル移動ではガルーダ航空の車に注意

image.jpg

本日はこれからマカッサルをたちジャカルタに向かいます。ジャカルタでは空港内で泊まるだけで、どこにも行きません。明日は帰国するだけです。現地報告もこれが最後になります。

昨日は、朝、夜行バスがマカッサルに着いた後、すぐにホテルに向かいましたが、すぐにはチェックインできず、マカッサル名物のチョトマカッサルを食べてきました。そのあとチェックイン。そして夕方近くまで長く休みました。その後で街歩きと夕食のために外出しました。今日は、ホテルの朝食のあと、昨日とは別の店でチョトマカッサルを食べました。そして、ホテルにもどり、帰り支度をしたところです。

今日はジャカルタに着いた後、第3ターミナルからホテルのある第1ターミナルに移動です。また、明日は第1ターミナルから国際線の出発する第2ターミナルに移動です。旅の初日には、第2ターミナルから第3ターミナルへの移動をしたのですが、そのときの出来事を書いておきます。

第2から第3へのターミナル間の連絡バスの乗り場を見つけるのがまず大変でした。係員に聞いて、到着フロアの上の出発フロアに連絡バスの乗り場があるとわかり、ようやく見つけ出しました。バスが出てしまってすぐだったのか、皆さん連絡バスをあきらめてタクシーを使っているのか、乗り場はガラガラでした。

少し待つとガルーダインドネシア航空の乗用車が止まりました。そして、ガルーダインドネシア航空の制服のシャツを着た運転手が乗ってけっていいます。きっとシャトルバスのかわりか、本数の少ない連絡バスを補うために車を出しているのだと思いました。それで何の不審も不安もなくその車に乗りました。バスのかわりに乗用車に乗れてよかったとはじめは思っていました。突然、運転手は、これは無料バスではない、料金は10万ルピアといいました。あれっと思いましたが、ここで喧嘩になると、危害を加えられたり、とんでもない場所でおろされるかもしれないと思い、黙って聞いていました。

そして、第3ターミナルに着いた後、タクシーから降りるときと同じようにゆっくり降りて、荷物を受け取りました。そのあと、黙って、ゆっくりターミナルのほうに歩いていきました。ぜったいに追いかけてはこないと思いましたから。ターミナルの入口には空港の職員がいるので、ここで喧嘩になれば、ガルーダ航空の職員が仕事中に白タクをやっていたことがばれてしまい、処罰されるか何かペナルティがあると思いました。それで、逃げるわけじゃなく、普通に歩いて行きました。ふりかえると運転手のほうがオロオロしていました。金をもらえなかっただけじゃなく、何か告げ口されたら困るって思っていたのでしょう。

もしターミナル間の移動でガルーダ航空の車が乗せてくれそうになっても、決して乗らないでください。

(以下はジャカルタ到着後の追加です)
写真は同じ塗装の車をマカッサルから戻ってきたときに見つけたので撮影しました。ただし、写真の車はサイレンがついていますが、自分が乗せられた車はサイレンはついていませんでした。
posted by とんび at 12:27| Comment(4) | インドネシア

2017年08月12日

温泉入りました&夜行バス乗車

image.jpg


5泊したランテパオを昨夜、夜行バスでたち、10時間かけてマカッサルまで戻ってきました。すぐにホテルに向かいましたが、まだチェックインできず、チェックインの前に、朝食に、マカッサル名物のチョトマカッサルを食べてきました。これも美味しかったです。そして、チェックインし、休憩中です。午後はマカッサルの街歩きに出かけてきます。

さて、ランテパオ4日目の一昨日ですが、ランテパオの北にある村を訪ねてきました。トンコナンの住居や葬儀のおこなわれた広場などの見学です。この日も自力での見学で、一番北にある村まで乗り合いタクシーで行き、あとは歩いて帰ってきました。20kmくらい歩きました。前日に15km歩いているので、2日で35km歩いたことになります。よく眠れ、記事のアップロードをする時間もとれませんでした。

そして、ランテパオ5日目の昨日ですが、ランテパオの南にある村を訪ねてきました。前日までかなり歩いていたので、足をいためる心配があったし、夜行バスにのりおくれることもあっては困るので、ガイドなしで、タクシーだけチャーターすることにしました。車での移動はラクチンでよかったです。ガイドは雇わなかったので、ドライバーはいろいろ尋ねて移動してくれました。

一番よかったのはマクラにある温泉でした。写真を見るとプールのように見えますが、ぬるい温泉プールでした。子供が写っているところから、湯が出ているのですが、この湯は日本の風呂なみの熱さです。この湯で打たせ湯をしましたが、気持ちよかったです。湯はほのかに硫黄のにおいがしていて、確かに温泉でした。温泉が最後の訪問地だったので、夜行バスに乗る前に汗もながして、さっぱりした気分で夜行バスに乗れました。

posted by とんび at 13:28| Comment(4) | インドネシア

2017年08月10日

15kmトレッキングしました

image.jpg

ランテパオ3日目、この日からはガイドを雇わず、自力での行動です。ランテパオ周辺で街を一望できるバトゥトゥモンガというところまで、乗り合いタクシーを使って行き、帰りは歩いて帰るというものです。

乗り合いタクシーは乗場を見つけるのから大変で、右往左往させられ、見つけたと思えば客が集まるまで1時間ほど待たされるし、苦労させられました。乗り合いタクシーでたどり着いた展望台からの眺めは素晴らしかったです。棚田が一面に広がるのがとてもきれいです。写真の中に小さくトンコナンが写っています。それでここがタナトラジャであることがわかります。ここから、トレッキング開始。途中、墓を2ヶ所で見学しながら、山を下っていきます。下りばかりなので、ラクチンです。平地におりてからは三輪タクシーを利用することもできましたが、最後まで歩こうと決心し15km歩き続けました。ただ歩いただけの1日になりましたが、満足しました。


posted by とんび at 06:29| Comment(8) | インドネシア

2017年08月09日

葬式を見てきました

image.jpg

ランテパオ2日目は、ガイドを雇って、近くの村で行われた壮大な葬式を見てきました。誰でも葬式に参加することができ、観光客も結構きていました。ただ自力では、葬式がいつどこであるかわからないし、葬式のさいのしきたりや作法もわかりませんから、ガイドが必須です。ほかに水牛のマーケットや岩壁の墓も見に行きましたが、メインは葬式です。

トラジャ地方は葬式を盛大にとり行う伝統があり、普通のお爺さんの葬式だったようですが、それはもう大規模なものでした。写真は葬儀もクライマックスになり、棺が置かれたトンコナン形のものを、まるで日本の祭りの神輿のようにかついで、掛け声とともに上下左右に大きく振り動かすのです。儀式は伝統的なしきたりで行われているのですが、意外だったのは、キリスト教プロテスタントの牧師が話をしたり、聖歌隊が聖歌を歌ったりすることでした。この地域は、インドネシアでも少数派であるキリスト教の地域だということは、事前に知っていましたし、前日も村の中に教会が点々といたるところにあるのも見ていました。でも伝統的な儀式の中でもキリスト教的なものがあるとは思っていませんでしたから。昼食も振る舞われて、半日を葬儀会場で過ごしました。
posted by とんび at 06:29| Comment(4) | インドネシア

2017年08月08日

結婚式を見てきました

image.jpg


ランテパオ滞在1日目はガイドを雇って、車で周辺の村の見学に行きました。伝統的な舟型のトンコナンとよばれる住居や岩壁をくりぬいて作った墓などです。帰国後、詳しく報告します。

1日目の最大の収穫は結婚式を見ることができたことです。ランテパオ周辺で一番大きな街であるマカレ市で、地元の有力者の子の結婚式があるということで、行きました。マカレ最大のホテルの外庭に会場が作られて式が行われました。伝統的な儀式でした。参列者は1000人くらいいたでしょうか。新郎新婦とまったく関係ない人でも参列できるので行きました。祝儀を渡す必要があるので少し渡しましたが、料理が振る舞われるので、昼食代みたいな感じでした。結婚式ばかりは、自力で移動するだけの旅だと、情報がないし、式場に入れるということもわからないし、ガイドを雇って正解でした。
posted by とんび at 07:56| Comment(4) | インドネシア

2017年08月07日

バスに10時間乗って目的地に到着

昨日はマカッサルから目的地のランテパオまで10時間少々のバス旅でした。同じバスに乗った旅行記をみると12時間くらいかかっているものがあるので、定時運行されたのでしょうね。ホテルからバスターミナルまで乗ったタクシーのドライバーが紹介したバスは旅行記などで見るより安かったので一瞬そのバスにしようかと思いましたが、バスを見てやめました。それで旅行記などで利用者があったバスを探して、そちらを利用しました。値段はたかいのですが、大きくリクライニングして10時間乗っても大丈夫でした。

泊まっているホテルはトイレの水が出なくて、直すか部屋をかえるようにいいますが、wifiは良好です。間もなく朝食でそのあとすぐに出かけるので部屋でゆっくりする間があまりなく簡単な報告しかできません。一方、simのほうは、山の中だからか、調子がよくないですね。写真の多いページなどは表示されにくいです。またデータ通信専用なので、日本への電話はそのときだけ日本のsimを有効にして使いました。それでもデュアルスロットなのであまり大変ではありませんが。
posted by とんび at 07:23| Comment(4) | インドネシア