2017年05月29日

帰国しました

bb.JPG

昨日、バンコクより帰国しました。今回のタイ旅行は25回目で、きりのいい回数に達しました(うち3回は他国訪問の行きかえりについでに立ち寄ったもの)。25回に達したのは台湾についで2か国目です。最初のタイ旅行は1997年でしたので、20年間で25回、最初の訪問時には、まだBTSもなくバスと徒歩でよく回れたものだと、今さらながら思います。

25回目にして、はじめておこなったことがあります。おこなった、というより、おこなわなかった、というべきでしょうが。つまり、見学的なことを何もしなかったのです。あえていえば、麺類の有名店めぐりをしました。麺類の有名店を4店まわって、食べてきました。それ以外は、ブラブラしていただけでした。こういう旅もなかなかいいものだという感想です。

最近、バンコクへ行くたびにしてたことがあります。それは、水上マーケット・百年市場めぐりです。まだ訪問したいところは残っていますし、初期に行ったところは、また行きたいって思っているところもあります。しかし、今回は、とくに行く気にならず、3日間の滞在の中間の日で、丸1日、自由に使える日にも、見学に出かけませんでした。何度も訪問した街では、こういう旅もありだと実感しました。

あと、もう1点。今回のバンコク訪問は、前回、GWのときにバンコク訪問して以来、3週間の間隔で訪問しました。しかし、わずか3週間で、気候が大きく変わったことを実感しました。GWの訪問時は、今までにきたバンコク旅行の中でも最高に暑く、暑くてたまらない感じでした。「暑季」だということ実感しました。そして、今回、連日の激しいスコールで「雨季」に突入したことを実感しました。今まで、タイはいつ行っても暑い国という印象でした。前回は、わすか、3,4度の違いしかないのですが、はじめて「暑季」を実感しました。そして、今回ですが、前回はまったくなかったスコールが毎日あり、しかもかなり激しいスコールでした。これでも、まだ真の雨季じゃないでしょうが、わずか3週間で「雨季」になったということが実感できました。つまり、「暑季」から「雨季」への季節変化を感じとれてよかったです。

今回、遭遇したスコールは今まで、バンコクで遭遇したスコールの中では、もっとも激しいものでした。写真は、ナナのソイ4の状況です。車道がほぼ完全に水没し、なんとか歩道が冠水からまぬかれている状況でした。この写真をとる少し前にには、スコールから逃れるため、サイアムにあるMBKに退避してたのですが、1階には水が侵入してきて、従業員は水をはきだすのに苦労していました。

旅行記ですが、まず3月の台北旅行、ついでベルリン旅行、そして5月の2回のバンコク旅行、という順につくっていこうと思います。明日からでも台北旅行記を手掛けていくつもりです。
posted by とんび at 22:59| Comment(2) | タイ

2017年05月27日

復路はCにラッキーアップ&猛烈スコール

ただいまスワンナブーム空港のサクララウンジにいます。あと1時間ほどで搭乗です。空港でチェックインの際に、ビジネスクラスへのラッキーアップを伝えられました。とてもよかったです。ここのところ、ラッキーアップがよくあり、怖いくらいです。今回の場合は、前日からJALのHPの予約確認ができないようになっていました。

今日は猛烈なスコールがありました。豪雨のとき、MBKにいたのですが、水が侵入し、店員が水をだすにに大忙しでした。ホテルに荷物をおいて、夕方まで出ていたのですが、BTSの駅からホテルまでの道で、車道に水がたまり、大変な状態でした。最後には、裸足になって、車道を横断しなければならないところもありました。
posted by とんび at 23:48| Comment(2) | タイ

2017年05月26日

雨季に入ったバンコク

バンコク滞在中です。今日は丸1日、自由に使える日です。しばらく以前なら、丸1日自由に使える日は早朝からホテルを出て、バンコクから日帰りで行ける水上マーケットを訪問したりしていました。まだまだ水上マーケットや百年市場でまだ訪問していないところもあるのですが、今回は半日はホテルでのんびりしようかと考えていました。今回は水着も持参して、半日くらいプールサイドでボーッとするつもりでした。ところが、泊まっているホテルはプールがないことが到着してから判明しました(笑)。予約のさい、HPでプールがあることを確認していたのです。でも、このホテルはバンコクに何店かあって、ほかの場所の同じホテルと混同していたようです。

結局、昼食をとるために外出しただけです。行った先は、昨日、回りきれなかった麺の有名店です。行きは直通のバスに乗ろうと1時間近く、ホテル近くのバス停で待ったのですが、結局、バスはやってこず、鉄道を乗り継いでの利用になりました。こんなことになるなら、初めから鉄道にすればよかったです。麺の店は営業していて、昨日のリベンジを果たせました。そのあと、鉄道の乗り継ぎで帰りましただ、乗継ぎ地点で、少し街歩きをしました。歩き出したときから、曇っていて、暑くないのはよかったけど、スコールがありそうだなって思っていました。案の定、スコールがやってきました。半時間ほど屋根のあるところで、立ちんぼうしましたが、少し雨がゆるくなったので、雨の中をショッピングセンターまで急ぎ、カフェで休みました。半時間ほどで小降りになってきたので、駅に向かいました。昼食にでかけただけとはいえ、6時間くらいかける非効率さでした。たまにはこういう旅もいいですね。

GWにバンコクにやってきたときと3週間しか違わないのですが、暑季から雨季に変わってきたのだということを実感できました。今回は間が3週間しかあいていないので、バンコクにいくかほかのところにいくか迷いました。バンコクにしたおかげで、1年中暑いくらいにしか思っていなかった、バンコクの微妙な季節感を感じ取れてよかったです。これから夕食のためにまた外出します。
posted by とんび at 19:55| Comment(4) | タイ

2017年05月25日

バンコク到着

今朝、バンコクに到着しました。到着寸前に激しいスコールがあったらしく、雨季の到来のようです。5時ちょっとすぐに到着したのですが、今朝は入国審査場が激混みで、45分とか60分という立て札が立っていました。今回はPYにアップされましたが、入国審査場は通常のレーンになります。ひょっとして、こんなこともあるかと思い、エコノミークラス利用の場合でも、以前もらったプレミアムレーンの券へ使用していなかった分を持参しています。今回はそれを利用してプレミアムレーンで入国審査場を通りました。今朝はプレミアムレーンでも15分程度待たされました。

ホテルは今回は初めて利用するホテルです。定宿にしているホテルは、ちょっと飽きてきた感じがするのと、ちょっと高く思うようになってきたので、別のホテルにしました。最寄駅はナナですが、下車してから少し距離があります。ホテルで手続きをすませ、荷物を預かってもらいました。そして、麺の有名店巡りをしました。3店まわふぃ、4店目がすでに営業を終えていたので、食べられませんでしたが、なかなか面白かったです。これから夕食に出かけてきます。

posted by とんび at 19:54| Comment(2) | タイ

2017年05月24日

前兆なしにPYラッキーアップでバンコクへ

今夜からバンコクに行ってきます。ただいま伊丹空港です。今回は伊丹から羽田経由でバンコクに向かいます。復路はバンコクから関西行きです。JALの最安値で選んだ結果です。

今回の羽田バンコク便はSS機材としては初めてのPYラッキーアップグレードでした。自宅を出発する直前に予約を確認すると、自分の予約した座席が表示されており、予約が消えるとかいう前兆らしきことはありませんでした。ですから、エコノミークラスで行くつもりで、新間隔エコノミーを体験しようと思っていました。チェックインのさいに、PYへの変更を告げられて、エッ?って感じでした。SS機材のPYははじめてなので、十分に楽しんでみようと思います。

伊丹から羽田はクラスJに料金を払って変更しました。今まではクラスJクーポンを利用しての変更を頻繁にしていましたが、クラスJクーポン廃止のため、今回は料金を払って変更しました。料金は926円です。国際線航空券の一部なので、消費税がかからず、通常は1000円であるクラスJ料金のうち消費税部分の74円が不要なのです。

いま伊丹のダイヤモンドプレミアラウンジにいます。カレーパンが食べられるのがいいですね。坦坦スープも美味しいです。プレミアは今年限りだなんて考えていましたが、やっぱり維持できるものなら維持したいなって思いもわきます。

これから羽田に向かいます。羽田到着後は国際線ターミナルに向かい、ラウンジでシャワーと夕食をとったのち、バンコクに出発です。バンコクでどうするか、今回はまったく考えていません。たまにはホテルのプールでのんびりし、食事のときだけ外出なんていうのもありかなって思っています。
posted by とんび at 19:39| Comment(6) | タイ

2017年05月06日

猛暑のバンコクから帰国

aaa.jpg

本日、バンコクから帰国しました。

今回のバンコクは、今まで行ったタイ旅行の中では、最も暑かったです。連日35℃を超えていましたし、最終日の夜中には猛烈なスコールがありました。雷もすごかったです。暑期から雨季にうつりかわる時期の特徴ですね。

そんなわけで、今回はあまり街歩きできず、ターミナル21やホテルの部屋で暑さから避難している時間が長かったです。

それでも、暑い中、2日目にはバーン・バンケーンに行きました。疑似百年市場です。本来の百年市場ではないのですが、百年市場風に古そうに見える建物をうまく作ってあります。写真が、バーン・バンケーンです。あとは、食べ物が目的のような旅になりました。

旅行記は、2月の高雄旅行記を作成中ですが、そのあと、3月の台北旅行記、ベルリン旅行記と続け、そのあと、今回のバンコク旅行記を作ろうと思います。
posted by とんび at 21:58| Comment(4) | タイ

2017年05月03日

タマサート大学など訪問

image.jpg

今年の春の旅行はバンコクにやってきました。当方、ゴールデンウィークは、カレンダー通りの休みになります。ですから、5月1,2日の仕事を休んで9連休というわけにはいきません。それでも、今年は曜日の回りがよく、3日から7日は休みが続きます。この期間中も休めない方もいらっしゃいますから、5連休でもありがたいです。今回は、仕事以外の用事で1日使わねばならず、4日間の旅行にしました。

行先はバンコク。今朝、到着しました。ホテルに荷物を預け、まず、フードコートで朝食のカオトムをいただきました。そのあとは、オンヌットのテスコロータスへ。スーパーの様子などを観察しました。そのあと、タマサート大学へ。校内を散策し、生徒の利用する食堂で昼食をとりました。昨年は、チュラロンコン大学を訪問していますので、それに続く大学訪問です。生徒の中にまじって、昼食をいただきました。美味しかったですよ。


image.jpg

タマサート大学のあとは、チャオプラヤ川のボートの終点のノンタブリーまで行き、市場を見てきました。大きな市場でした。このあと、昨年に開業したMRTパープルラインの駅まで歩きました。距離から考えて、歩いて楽勝だと考えたのですが、気温35度の中を歩くのは大変でした。さらにもう一ヶ所いこうかなと考えていましたが、そちらはやめて、ホテルに少し早く行きました。

ホテルは普通のスタンダードルームを予約しておいたのですが、デラックスルームに案内されました。とても広く、うれしかったです。予期しないラッキーなアップグレードでした。無駄に広いとも思うのすが、やはり広いのは気持ちいいです。よく泊まるホテルで、バンコクではここに泊まることが多いのですが、最近はちょっと高いかな 、とも思うことがあります。でも、こういうアップグレードがあると、また泊まろうかなっておもいます。このあと、ホテル近くで夕食をいただきにでてきます。
posted by とんび at 20:29| Comment(6) | タイ

2016年12月11日

JL34バンコク・羽田SS2搭乗記&バンコク旅行記完成

バンコク旅行記2日目3回目


tahi29335.jpg

 ホテルに行って、荷物を受け取り、トイレで着替え。熱帯風の服装を帰国にそなえて日本での服装に替えた。履物もサンダルから靴へ。そのあとBTSでパヤタイへ。


tahi29336.jpg


 パヤタイから乗車した空港鉄道の電車。2ドアで、かつてエクスプレスラインで使われていた電車を改造したものだと思った。


tahi29337.jpg


 乗車して、旧エクスプレスラインだとわかった。座席が非常に長いから。エクスプレスラインはボックスシートで、通勤向けのロングシートに変更したようだ。


tahi29338.jpg

  
 空港駅に到着し、改札を出る少し前に、簡単な展示コーナーができていた。旧エクスプレスラインの座席をシティライン用にとりかえたという案内だった。

 左側が旧エクスプレスラインの当時の車内。右側がシティライン用に改装した車内。

 それにしてもエクスプレスラインが廃止されるとは、、。もともとマッカサンが起点では不便だから利用者が少ないのでないかと指摘されていたが、まさにその通りになった。たまにエクスプレスラインも使っていたので、選択の余地がなくなり残念だ。


tahi29339.jpg


 JALのチェックインは19時スタートなので、しばらく待って先頭でチェックイン。

 プレミアムレーンを使えたので保安検査場と出国審査場はアッという間に通過。

 制限区域に入ったあと、今回はサクララウンジでもなく、キャセイラウンジでもなく、CIPラウンジに向った。カンタスラウンジが営業していればカンタスでもよかったが、夜の営業は火木日であり、この日は土のため営業しておらず、CIPにした。CIPラウンジは5ヶ所あるのだが、向ったのはGコンコースのCIPラウンジ。

  CIPラウンジには、ダイナースカードかプライオリティパスがあえれば無料で利用できる。


tahi29340.jpg


 ここをめざしたのはシャワーが使えるからだ。サクラもシャワーはあるが、1室だけなので、以前利用したときはかなり待たされたためだ。カンタスにはシャワーがあり、ここは何度か利用したのだが、ラウンジの営業時間が縮小されたので使いにくくなった。キャセイはかつてのブリティッシュエアの時代からシャワーはなかった。

 ここのシャワーも使いやすくてよかった。アメニティグッズも一通りそろっている。1日、汗をかいたあとなので、東南アジアなど暑い国で、深夜便の搭乗前にシャワーを使えるのはとてもありがたいことだ。


tahi29341.jpg

    シャワーを使ったあとは、ここのラウンジで休憩と夕食。とても広い。スワンナブーム空港では、こことタイ航空のラウンジの1つが広さが特に大きいと思う。


tahi29342.jpg

 料理は豊富にある。あえて言えば、タイ航空ラウンジのようにタイ風のものがほとんどないということだろうか。それでも美味しくいただける。ビールは今回の旅では初めてになるレオビール。


tahi29343.jpg

 ビュッフェコーナー。


tahi29344.jpg

 さらにフルーツ、アイシクリーム、シンハビールをいただく。


tahi29345.jpg


 JL34に搭乗。21時50分にラウンジを出てゲートに向った。


tahi29346.jpg

 復路もビジネスクラスで、B777-200、通称SS2だ。


tahi29347.jpg

 復路は右窓側。窓に対して斜めに座る。通路側に1列というのはSS6と同じだが、通路と隔絶されている感じがして、個室感も味わえる。

 窓際には朝食についての紙がいてあり、和食、寝ているときは起こすように依頼しておいた。


tahi29348.jpg

  座席の前方を眺める。足を置く位置、すなわちフルフラットにした場合のシートの高さだが、40cmくらいで、中央列ではD列が20pくらい、G列が60pくらいだが、その中間くらいだ。


tahi29349.jpg

 水平飛行に入ってすぐに、夜食が出される。寿司と卵豆腐。飲物はシャンパンにした。

 夜食のあとは、シートをフルフラットにして、しばらくすると眠りについた。


tahi29350.jpg

 熟睡していたようで、朝食前に起こされた。深夜便で起こすかどうか聞かれたときは、いつも起こすように頼んでいるが、たいていは朝食前には起きているので、実際に起こされたのはじめてだ。

 朝食にしては量が多めで、全部いただくことはできず、少し残した。


tahi29351.jpg

 フライトマップは立体的なもので、地形がわかっている場合は、見ていて楽しい。


tahi29352.jpg

 コーヒーとウーロン茶。


tahi29353.jpg

 羽田着。荷物を受け取ると、国内線乗継のタグがついていたが、見たのは初めて。


tahi29354.jpg

 入国審査場、国内線連絡口の保安検査場を通り、JALの連絡専用バスに乗車。いつも思うのが、なぜ国際線から国内線行きしかなくて、かつてはあった国内線から国際線行きはないのだろうか。


tahi29355.jpg


 国内線制限区域に直接入れるので便利なバスだ。ダイヤモンドプレミアラウンジへ。搭乗する国内線の搭乗まで1時間少々あり、シャワーを利用した。羽田の国内線ラウンジでシャワーを利用したのは初めてだ。


tahi29356.jpg

 朝食は機内食ですませているが、おにぎりと味噌汁をいただいた。


tahi29357.jpg

 JL107 で伊丹に向う。


tahi29358.jpg

 搭乗機。


tahi29359.jpg

 クラスJに搭乗。


tahi29360.jpg

 飲物はコーヒーをいただいた。今回の旅も無事に終了。



***************************************************


バンコク旅行記、これで完結です。

バンコク旅行記は、HP「ユーラシア紀行」にもアップロードしました。

このブログの旅行記は、すべて「ユーラシア紀行」にほぼ同一内容で転載しています。

各旅行記は、「ユーラシア紀行」で見ると、旅程の順になっています。(ブログでは、旅程とは逆順。)また、ほとんどは1日分を1ページにしています。

そのため、旅行記をまとめてご覧になる場合は、「ユーラシア紀行」をご覧になると便利で、わかりやすいです。

このブログから、「ユーラシア紀行」への行き方は、次の通りです。

ユーラシア紀行.jpg

ブログ右上のタイトル欄の下のほうの「ユーラシア紀行」をクリックするか、

ユーラシア紀行2.jpg

ブログ右側のリンク集の欄の とんびHP「ユーラシア紀行」 をクリックするかしてください。

「ユーラシア紀行」のトップページには各旅行記へのリンクが、エリア別に作ってあるので、ご覧になりたいものを選んでください。

この旅行記は、「タイ」にある「16バンコク」(2つある左側)にリンクしてあります。
posted by とんび at 20:06| Comment(0) | タイ

2016年12月10日

ワット・セーンスィリタム水上マーケット

バンコク旅行記2日目2回目


tahi29321.jpg

 MRTを下車後、水上マーケットをめざして歩き始めた。歩ける距離であったのだが、暑さがハンパじゃなく、なかなか大変だ。

 少し歩いて、タクシーが見つかれば乗車しようと思ったが、タクシーが走るような道路でもなく、歩き続けるしかなかった。結局、30分ほど歩いて、タクシーが通りかかったので、乗車。

 タクシーに乗ると、10分もしないで水上マーケットのある寺、ワット・セーンスィリタムに到着。運賃も60バーツ程度で、こんなことなら駅からタクシーに乗るべきだった。


tahi29322.jpg

 案内板。チャオプラヤ川の中洲のようになっているのがクレット島。その南の川向いに描かれている寺がここだ。


tahi29323.jpg

 この水上マーケットは、チャオプラヤ川に浮かぶ大きないかだが2つあって、その上に食堂があるだけだ。水上マーケットとしては、かなり小規模で、前日に訪問したクローン・ラット・マヨムとは比較にならない。今まで訪問した水上マーケットの中でも最小だと思う。


tahi29324.jpg

 チャオプラヤ川に面した側のテーブルについて、注文をした。左側に写っている対岸がクレット島。以前、クレット島を歩いて一周したことがあるので、対岸付近も少し内陸の部分を歩いているはずだ。

 帰りにクレット島に渡るのも面白いと思ったが、写真右手真ん中付近に見えるオレンジ色の寺のところまで行かないと川を渡る船がないようで、少し距離がある上、川沿いにたどりつけるかどうか不明だったので、クレット島はあきらめた。


tahi29325.jpg

 料理ができあがるのを待っていたら、クレット島を一周するボートが到着した。なるほど、ここの水上マーケットは、クレット島一周のボートで潤っているのかもしれない。

 ボートは10分ほど停まったあと出発していった。10分では食事はできないが、飲物など簡単な買物ならできる。


tahi29326.jpg

 注文したパッタイ。普通のパッタイなのだが、チャオプラヤ川を眺めながら食べられて、美味しさを感じる。飲物は持ち込んだ飲物ですませた。


tahi29327.jpg

 いかだの上の食堂から陸地に戻る。川岸では、魚にえさをやる人が多く、魚が集まってきている。

 そばでは、5バーツでえさが売られていた。タイの川べりの寺では一般的に見られることで、えさをあげることで、徳を積むことができると考えられている。寺によっては魚を川に流すために売られていることもある。これも、徳を積むためと考えられていて、タンブンとよばれる。えさを投げると、魚が集まってきて争奪状態になるさまが見ていて面白い。


tahi29328.jpg

 水上マーケットをあとにする前に飲物を飲んでいくことにした。境内では屋台がいくつかでている。ひとつの店で買物。売り子の少女2人組が写真に応じてくれた。


tahi29329.jpg

 少女から買ったアイスティー。20バーツ。


tahi29330.jpg

 境内には自動で動いている僧侶の人形があった。なかなか面白い動きをしていて、しばらく見入っていた。前の小坊主も人形。


tahi29331.jpg


 いよいよ水上マーケットをあとにするのだが、タクシーが待機しているような寺ではない。行きのタクシーで、2kmほど歩けば、バスの車庫があり、そこからバスで帰ることができることを確認している。バスの車庫まで行けば、何とかなる。

 歩き始めて30分ほどたち、もうバス車庫が現れてもいいかなって思ったころ、雨が降り出した。あわてて傘をとりだしたが、幸い、雨脚がきつくなる直前にバス車庫前の屋根のあるバス停にたどりついた。しばらくしてバスが車庫から出てきた。


tahi29332.jpg

 バス車内。69番バスで戦勝記念塔が終点だ。最初は、MRTのバンラック・ノイ・ターイット駅の近くで下車して、歩いて駅に向かうつもりだったが、激しいスコールの中、バス停から駅までの300mほどを歩くのが大変だと思い、終点まで乗っていった。途中でスコールはやんだ。


tahi29333.jpg

 1時間20分かけて戦勝記念塔に戻ってきた。バンの洪水の中をかきわけてBTSの駅へ向かった。


tahi29334.jpg

 バスで時間がかかったものの16時にアソークに戻ったので、1時間ほどターミナル21で休憩して時間つぶし。
posted by とんび at 20:42| Comment(0) | タイ

2016年12月09日

開業間もないMRTパープルラインに乗車

バンコク旅行記2日目1回目


tahi29301.jpg

 今回泊まった部屋は、スクンビット通りに面した建物にあるのだが、外を見ると、部屋はスクンビット通りとソイが交わるところの上方にあった。

 BTSアソーク駅方面がとてもよく見える。鉄道模型を見ているような感じで、朝のひととき、窓からBTSを見て楽しんだ。早起きしていたにもかかわらず、ホテルを出発する時間が遅くなり、部屋を出たのは9時前。


tahi29302.jpg

 ホテルをチェックアウトするともに、大きな荷物を預け、身軽になって出発した。

 朝食は、ホテルの前のソイに出ている麺類の屋台ですませた。ホテル前のソイにはいろいろな屋台が出ているのだが、時間で交代制になっているようで、朝と夕方では店の種類が違っている。


tahi29303.jpg

 麺はバミー(小麦麺)、具は牛肉にしてもらった。牛肉は肉だけではなく、いろいろな内臓も混じっている。牛肉などは甘辛く煮こまれているのだが、それらがドバッと器に放り込まれる。

 牛肉を煮たスープの量が多くて、その味が麺のスープの味に勝っていて、全体にとても甘い味になっている。スープが茶色っぽいのも牛肉を煮たスープの色のためだ。60バーツ。牛肉はほかの具よりも10バーツ高いようだ。


tahi29304.jpg

 ホテルを出て向かう駅はたいていBTSアソーク駅なのだが、今回はMRTスクンビット駅。終点のバンスーまで行って、1駅間だけ未開通の区間を連絡バスで移動し、タオプーンへ。タオプーンからは、2016年8月に開業したMRTパープルラインに乗車する。開業してまだ1ヶ月少々しかたっていない。

 写真はバンスー駅に到着したMRT。MRTブルーラインも延伸して、「の」の字型の路線になる工事がかなり進んでいる。現存のMRTブルーラインは地下鉄だが、ブルーラインの延伸部分の大部分とパープルラインは高架鉄道だ。


tahi29305.jpg

 連絡バス乗場へは、通路に貼ってある案内で行くことができた。


tahi29306.jpg


 タイ語の案内があり、タイ語はわからないが、連絡バスは8分、混雑時は6分間隔、パープルラインは15分間隔ということ書いてあると推測できる。


tahi29307.jpg

  地上に上がり、連絡バス乗り場に向う前に、国鉄バンスー駅のホームを見ておく。

  国鉄は本数が少なく、近郊鉄道の役割をはたしていなのが残念だ。国鉄も各線を複線電化にして、高密度で近郊電車を走らせば、新規のMRTなどを建設するよりも、安上がりなはずなのだが。


tahi29308.jpg

 連絡バス乗場は地上に上がってすぐのところにある。バスの左に写っている傾斜のある建造物が、地下から上がってくる階段の屋根で、順路に従えば、ここから地上に出る。バスの右手に国鉄バンスー駅のホームがある。バンスー駅の構内には自由に入ることができる。

 連絡バスだが、塗色がまったく同じ路線バスがあり、路線バスを借り上げていることがわかる。


tahi29309.jpg

 連絡バスの車内。路線バスの貼紙がそのままになっていたりする。


tahi29310.jpg

 連絡バスを下車した場所からバスが通ってきた道路を撮影。高架橋が低いところから高くなってくるのがわかる。これがMRTブルーラインの延伸部分で、バンスーを出てすぐに地上に出てだんだん上がってタオプーンに向うのだ。


tahi29311.jpg

 券売機で、乗車駅と下車駅のボタン。ブルーラインは購入できない。


tahi29312.jpg

 2階に上がったところにある券売機。パープルラインというだけあって紫が基調になっている。


tahi29313.jpg

 改札口。手前に荷物検査場がある。ホームはさらに上の3階。


tahi29314.jpg

 ホームと停車中の電車。電車も駅も紫を使っている。

 パープルラインはブルーラインとは独立した路線で、ブルーラインの延伸部分が開業しても、ここタオプーンが乗換駅になる点はかわらない。


tahi29315.jpg

 車内。昼間とはいえ、ブルーラインと比べるとかなり客が少ない。走るのがバンコク北西部のノンタブリー県の中が中心で、日本でいえば、埼玉県の中を走るような路線なので、朝夕の通勤通学輸送を除けば、輸送量はそう多くないのかもしれない。15分間隔というのは輸送量過多かもしれない。


tahi29316.jpg

 高架橋を走る電車の車窓からバンコクの西北部の住宅地帯の景色を初めて見た。かなり都市化していて、農村とは言いがたい。近郊住宅地という印象が強い。

 やがてチャオプラヤ川を渡る。バンコク市内をBTSで渡るときと比べても同じくらいの川幅だ。ただ違うのは、川の両岸に立つ建物に高層ビルがほとんどなく、一般の低層住宅が広がっていることだ。


tahi29317.jpg


 25分ほどでバンラック・ノイ・ターイットに到着。乗降客はわずか。乗降客数や駅周辺の様子と比べて、立派すぎる感じもするが、将来を見据えると必要なのだろう。


tahi29318.jpg

 駅名の案内板。これまた紫の看板だ。


tahi29319.jpg

  バンラック・ノイ・ターイットの駅舎。このあたりの駅舎は道路の中央部にあり、道路の両側に出入口がついているのが特徴だ。

 このとき11時すぎで、4kmほど離れたところにある目的の水上マーケットまで歩いて行けば、ちょうど昼過ぎくらいになるかと思っていた。


tahi29320.jpg

  路線図。右下のオレンジ色の印がタオプーン、左上のオレンジ色の印がクロンバンファイ。真ん中よりやや左上のオレンジ色の四角がバンラック・ノイ・ターイット。

 これから向かうワット・セーンスィリタム水上マーケットは、北東方向にある。北東方向に川が2つにわかれ、島が描かれている個所がある。この島は以前、一周したことがあるクレット島で、この島の川をはさんで南側にこれからめざす水上マーケットがある。
posted by とんび at 20:09| Comment(0) | タイ