2017年03月14日

搭乗ゲートでのラッキーアップグレードを初体験

昨日、台湾より帰国しました。最終日は、朝食をホテル近くの豆漿屋でとって、ホテルに戻ってチェックアウト。定宿であるサンルートから桃園空港に行くときは、ホテル前のバス停より松山空港発のバスに乗っていました。今回からは、MRT民権西路站から台北車站站まで行き、桃園機場MRTで空港に向かいます。ホテルからMRTの駅まで歩き、台北車站でもかなり歩く関係で、所要時間はバスが順調に走った場合と同じくらいの時間がかかります。それでも時間が読めるので、今後も機場MRTを利用すると思います。直達車で桃園空港に向かいました。

空港に着いたあと、地下の駅から4階の出発ロビーへ移動です。わかりやすい経路で迷うことはありません。JALのカウンターでチェックイン。エコノミークラスの指定していた座席で搭乗券を渡されました。復路については、JALのHPで、指定していた座席の番号が前日に消えているかどうか確かめられませんでした。なぜなら、今回の予約については専用のページにアクセスできなかったからです。この現象はときどきあります。

このあと保安検査場へ。数人、2,3分待ちでした。そして、出国審査場では、今回は常客証を使いませんでした。一般の審査場を使っても、待つ必要がなかったからです。誰も待たずに、そのままブースに入ることができました。出国審査場のあとは、プライオリティパスで入場できるプラザプレミアムラウンジにちょっと立ち寄り、少し飲食して、休憩。そして、そのあとJAL桃園空港ラウンジに向かいました。


curry.jpg

JAL桃園空港ラウンジは、内装や座席については、少し前の復興航空が運営していたときやその前のサクララウンジのときと変わりがありませんでした。でも、食事が大きく改善されていました。復興航空の時代よりもよくなっていただけじゃなく、かつてのサクララウンジの時代よりもよくなっていて、びっくりしました。

最大の変化は、カレーが用意されていたことです。羽田、成田のカレーとは違うし、関西のカレーとも違います。カレーがあってびっくりしました。ほかにもホットメニューが数種類ありました。かつてのサクララウンジのときも、復興航空のときも、点心があるのが特徴でしたが、点心は維持したうえに、何種類かの料理が用意されているのです。台北ではほかの航空会社のラウンジはエバーラウンジに入ったくらいですが、内装や椅子では負けていますし、他の航空会社のラウンジとくらべてもかなり見劣りする思います。それでも、食べ物については対等まではいかなくても、善戦したいるのじゃないかと思います。時間があったので、JALラウンジに入る前にプライオリティパスで入れるプラザプレミアムラウンジにも入りましたが、食べ物についてはプラザプレミアムよりよかったです。

jl816.jpg

搭乗時刻が近づき、搭乗ゲートに向かいました。ちょうど、ゲートで優先搭乗の案内がはじまったところです。それで、優先搭乗の列に並びました。そして、搭乗券とパスポートを渡して、ゲートに入るときに異変がおこりました。搭乗券についてるバーコードをゲートの係員が機械にかざすと、普通ならピッというような音がなるのですが、今回はブーというような音でした。何らか異常が起こっていると直感しました。何が異常なのかわからず、よくないことだったら嫌だなって思いました。

すぐに、別の係員がやってきて、「今日はお客様が多く、ビジネスクラスの座席を用意しました。」という意味の説明をしました。そして、エコノミークラスの搭乗券をやぶり、代わりにビジネスクラスの搭乗券を渡してくれました。搭乗ゲートでのラッキーアップグレードだったのです。

搭乗ゲートでラッキーアップグレードもあることは知っていましたが、これまで経験したラッキーアップグレードはすべてカウンターでチェックインするときに告げられていました。伊丹から羽田や成田乗り継ぎで海外に向かう場合、ラッキーアップグレードがあると伊丹でアップグレードされた搭乗券が渡されていました。今回の往路でのラッキーアップグレードもカウンターで告げられました。

そんなわけで、搭乗ゲートで告げられるまでは、まさかラッキーアップグレードがあるとは思いもよりませんした。特に今回の旅行の場合は、往路でラッキーアップグレードがありましたから、復路でもあるなんてまったく考えてませんでした。カウンターではエコノミークラスの搭乗券が渡され、搭乗口でビジネスクラスに替えられたのはなぜでしょうか。予想ですが、カウンターでは、マイルを使ってアップグレードを申し出るお客さんを待っていたけれども、申し出るお客さんが現れなかったためかなと思います。びっくりしたまま搭乗し、思いもよらなかったビジネスクラスで帰国しました。
posted by とんび at 21:28| Comment(2) | 台湾

2017年03月13日

台北街歩きとミニオフ会

昨日は、8時半ごろにホテルを出発、朝食を外食して、そのまま街歩きに突入しました。朝食に向かった先は、ホテルから数分で行ける蒸包の専門店へ。メニューは蒸包とスープだけ。両方注文しました。蒸包は小籠包と同じサイズですが、肉まんです。これが10個、セイロで蒸されています。写真を載せようと思ったのですが、昨日はうまくiPadに画像をとりこめたのですが、今日はできなくなっています。それで、今日は画像なしでアップロードです。

街歩きのスタートのために、MRTを2駅だけ乗車、大橋頭へ移動。ここは昨年、延三夜市に行くためにやってきています。昨日は延三夜市の入口は過ぎ、台北橋のたもとに向かいました。そして、淡水河にかかる台北橋を歩いて渡りました。長大橋を歩いて渡ることはよくやっていますが、その一環です。10分ほどかかって、渡り終えました。このあとは、そのまま淡水河の西側の、かつては三重市だったエリアを散策しました。いまは新北市の一部になっています。途中、賑わいをみせている中央市場にも潜入。中央市場っても、台北の中央の卸売市場っていうわけではなく、中央路に面して店が並ぶ商店街っていうことです。結構見て回るのに時間がかかり、1時間くらい滞在しました。ここは、夜は三和夜市になるというので、今度は夜にやってこようと思います。いくつかの店は昼間も夜もやっているのだと思います。

このあとMRT三和国中の近くにある義天宮という寺院へ行きました。道教寺院ですが、かなりおおきなところです。ここで正午を過ぎたので、昼食にしました。義天宮のそばに、サバヒーを食べさせる店があったので、入ってみました。食べたのは、サバヒーの面線。これは台南でも見かけたことがないメニューです。

食後は、MRTで大橋頭まで戻りました。そして、午後はまず、ディーホワジェイへ。iPadの難点は日本語にない漢字を出しにくいことです。漢字で書くと、まず由にしんにょうの字です。つぎに化、そして街です。ここは、昔風の一見、老街になっている感じなのですが、ほとんどが最近になって建てられた建物です。外見はレトロなつくりに建てているのです。ここは観光地になっていて、賑わっていました。途中でカキ氷を食べたりしていると時間がかかり、北から南まで2時間くらいかかりました。

MRT中山まで歩き、今度はMRT台北101/世貿へ。でも台北101に行ったわけではありません。台北101のすぐちかくに四四南村という昔の民家を保存して、そこを貸会場のようにしているのです。昔、工場だったところを貸会場にして使っているのに華山文創園区や松山文創園区があり、どちらも昨年行きました。それで四四南村も同じようなところかなと思って訪問しました。結果は、つまらなかったです。2つの文創園区に比べて、敷地の面積が比較にならないくらい小さく、中でおこなられていたのもパッとしないものばかりで期待はずれでした。

そして、昨日のメーンイベントです。今回の旅と時期を同じくして、ネット上で交流をしていただいているタヌキ猫さんが台北を訪問されるということで、ミニオフ会をしました。第1部は、小籠包などを食べたり台湾ビールを飲んだりして盛り上がりました。タヌキ猫さんとは、以前に成田空港でお会いしたことがあり、2度目です。旅行の話や飛行機の話、台湾の話などいろいろしました。そして、第2部は、夜市にいきました。行ったのは、公館夜市と師大夜市です。小籠包などをたくさん食べていましたので、買い食いはあまりできなかったのですが、夜市の雰囲気を味わいながら、お話を続けました。タヌキ猫さん、ありがとうございました。

本日は、ほとんど帰るだけです。それでも、これから朝食を外食してこようと思います。朝食から戻って、ホテルをチェックアウト。台北駅から桃園機場捷運で空港に向かいます。
posted by とんび at 06:50| Comment(4) | 台湾

2017年03月12日

台北に到着後、開業したての鉄道で市内へ

image.jpg

台北にやってきました。関西発台北桃園行きのJAL便は、予想通りラッキーアップグレードでした。エコノミークラスの安い航空券だったのですが、ビジネスクラスを利用できてよかったです。桃園空港に到着後は、常客証のおかげで、入国審査場を誰も待つことなく通過。20分くらい短縮できました。simは今回は遠伝にしました。行列がなかったからです。

そして、桃園空港捷運の駅に向かいました。表示はわかりやすく、迷わずに駅に行けました。ユーユーカードや高雄のカードで乗れるので、切符を買う必要はありませんでした。空港から台北駅まで160元ですが、3月中は半額の80元になっています。ホームにいくと普通車がきたのですが、見送って次の直達車に乗りました。普通車は通勤電車のようなロングシートですが、直達車は写真のようにクロスシートです。38分で台北駅に到着しました。ただ、台北駅の位置がよくなく、地下鉄に乗り継いだりするためにはかなり歩かされます。ソウルの空港鉄道をご存知の方は、ソウル駅での空港鉄道と地下鉄の乗り継ぎを思い出してください。それと同じくらい歩かされます。

台北到着後、台鉄でホウトンに向かいました。ひとつ手前の瑞芳までは、プユマ号に乗りました。初めての利用です。そのあと平渓線の列車でホウトン着。猫村と炭鉱あとなどを見に行きました。帰りは区間車で台北に戻りました。台北駅の近くで夕食をとってからホテルにいきました。ホテルで一休みしてから、久しぶりに臨江街夜市にいきました
posted by とんび at 02:29| Comment(16) | 台湾

2017年03月10日

機場捷運に乗りに台北へ 往路便は「いいこと」あるかも

metro.jpg


 桃園空港と台北駅を結ぶ桃園機場捷運(MRT、メトロ)がついに開業しました。本来なら、2、3年前に開業していたはずなのですが、延びに延びました。でも、今度は本当に開業しました。2月24日にプレ開業ということで、運賃無料で開業しました。そして3月2日からは有料で正式開業です。3月中は運賃が半額に割引されているようです。

 何度となく、これが桃園空港と台北駅を結ぶバスの乗り納めと思って乗車したことでしょう。でも、昨年11月に乗ったのが最後となりました。そして、開業したメトロに乗車することを大きな目玉として、台北に行ってきます。直達車(急行)だと、38分で台北駅まで行けるようです。また、昼間は15分間隔で直達車が運転されているようです。

 メトロ乗車以外は、いつもの台北訪問と同じく、B級グルメ中心の旅を考えています。特にどうしても行きたいという観光地はありません。新たな興味深いスポットがあれば行きたいとは思っていますが。台北についた初日には、今まで行きたくてなかなか機会がなかった、ホウトンに行ってこようかなと思っています。猫村ですね。どんなところか興味があります。

 あと、今回はJALで行くのですが、ひょっとすると往路の台北桃園行きの便では「いいこと」があるかもしれません。というのは、エコノミークラスをダイミックセーバーで購入し、座席も予約していました。それが、さきほど座席を確かめてみると「予約中」とだけ表示されて、指定したはずの座席番号が消えているのです。シートマップを見ても、座席指定した席もなぜだか、措定したことにはなっていません。何か「いいこと」があるんじゃないかと期待しています。
posted by とんび at 19:18| Comment(4) | 台湾

2017年02月22日

非冷房の旧型客車の普快車に乗車でき満足して帰国

昨日、高雄から帰国しました。今回の台湾旅行は、台湾旅行としては最近では珍しく4日間の日程で行ってきました。もっとも、1日目は到着後に夕食を食べにいくくらい、4日目はホテルをチェックアウトのあと、空港に向う途中で屋台で朝食を食べに立ち寄っただけで、実質的には、丸1日を自由に使えたのは2日間でした。それでも、最近の台湾旅行では2泊3日が標準になっているので、ゆっくり楽しめたなって感じています。

今回のハイライトとしては、現在、台湾鉄道でただ1往復だけ生き残っている「普快車」に乗車できたことです。「普快車」は非冷房の普通列車のことです。昔はたくさん走っていたのですが、どんどん電車化されて、同じ普通列車でも冷房付きの「区間車」にほとんど置き換えられました。数年前まで、東部幹線の花蓮・台東間は非電化区間で、普通列車は非冷房のディーゼルカーで運転されていた関係で、東部幹線には「普快車」が残っていました。しかし、東部幹線が電化され、非電化区間は南廻線の枋寮・台東間だけになりました。

aaa.jpg

南廻線は、1980年代の開業当時からもともと普通列車そのものが少なく、今も2往復の普通列車が走るだけです。そのうち1往復は、「区間車」になっています。おそらく、かつては自強号などに使われていた冷房付き車両のおさがりで運転されているのでしょう。そして、1往復が、非冷房の客車列車です。客車は、かつて日本でも、30年ほど前の、まだJRではなく国鉄であった時代にたくさん走っていた非冷房の旧型客車と似た車両です。窓をあけることができ、自然の風を浴びることができます。ただし、南廻線はトンネルが多く、トンネルにはいるとディーゼル機関車の出すガスが入ってくるのですが。

旧型客車に似た車両で、枋寮・台東間を往復しました。3両編成ですが、短区間だけを乗ったわずかな地元客を別にすれば、10人程度の鉄道マニアとなくなるかもしれない列車に乗ることを目的にやってきた人(自分もその中にはいいますが)が乗っているだけで、ガラガラでした。日本人も自分以外に乗っていましたが、やはり乗るためにやってきたようでした。10人の大半は台湾人のようでしたが、台湾でも鉄道がブームのようで、鉄道マニアと思われる人たちと、乗るのが目的で乗っていた人たちでした。今回、この「普快車」に乗ることができて満足しています。

あと、今回の旅では高雄で食べ歩きをしました。台湾南部の食べ歩きというと台南が有名で、自分も何度か行きました。自分も台南が大好きなのですが、今回は台南にはいかずに、高雄で有名なB級グルメ店を回りました。いろいろな食べ物は旅行記のなかで取り上げていきます。台南に行かなかったのは、当初は今回の往復で利用したスクートは、台湾人中心のフライトスケジュールになっていて、高雄に着くのは19時台、高雄出発は12時台と、台南に泊まっていたのでは不便な時間帯だったからです。そのうえで、どこに行こうかと考えているうちに、1日は「普快車」で台東を往復、1日は高雄の食べ歩きとなったわけです。

旅行記ですが、昨年末から今年初にかけてのヤンゴン旅行の旅行記が残っています。そこで、今回はヤンゴン旅行記を先に仕上げて、そのあと今回の高雄旅行記を作っていくことにします。
posted by とんび at 20:58| Comment(8) | 台湾

2017年02月21日

高雄で食べ歩き

昨日は高雄で食べ歩きでした。朝食は一昨日と同じく興隆居に行きました。包子とその他のものが別々の行列になっていたのですが、どちらも長い行列で包子は買うのをやめたので、包子も食べたくて、また行きました。平日だったからか、時間を少し遅めにしたからか、今度は包子を買ってすぐに、隣の列で別のものを買うことができました。

このあと、路面電車が走り出したということで、試しに乗ってきました。短距離の一部区間ができただけですが、全部できると環状線になり、便利になると思います。出来て間もないからか、短距離だからか、今のところは無料で乗車できます。そして、昼食として、小籠湯包、牛肉麺と食べ、マンゴーアイスで締めくくりました。このうち、牛肉麺は、量がとても多くて、もう一品くらい食べたかったのですが、取りやめることにしました。

続いて、高雄港のクルーズの船に乗りました。旗津の先端の向かい側にある紅毛港のエリアに行って戻るというものでした。紅毛港のエリアに行けたのは良かったのですが、滞在時間が長すぎて時間を持てあましてしまいました。戻ってくると、もう20時を回っていました。夜市めぐりで、2つの夜市に行ってみたのですが、ハズレでした。それでも意麺を食べて、最後には六合夜市にも立ち寄ってきました。今日は朝食を食べに外出して、ホテルに戻ってきたらすぐにチェックアウトして、空港に向かい帰国します。
posted by とんび at 07:47| Comment(0) | 台湾

2017年02月20日

1往復だけ残る普快車で台東へ

昨日は朝食を人気がある興隆居でいただいて、そのあと台東に向かいました。ファンリャオから台東は1往復だけ残っている普快車で往復しました。普快車は、非冷房の普通列車ですが、どんどん冷房つきの普通列車である区間車に置き換えられ、今残っている普快車はファンリャオと台東のあいだを1日1往復する列車だけです。この区間にはもう1往復の普通列車があるのですが、そちらは区間車です。合わせても2往復なのも、びっくりしますが、自強号はたくさん走っています。

往復ともに乗客は10人くらいでしたが、ほとんどが鉄道マニアか、この列車に乗るのが目的でやってきた人です。台湾でも鉄道マニアが多いのが確かめられました。日本人もいましたが、マニアというより、乗るためにやってきた感じでした。地元客は、短距離で乗車する人が少しだけいました。日本にも30年くらい前まで残っていた昔風の旧型客車列車の雰囲気を楽しめました。

台東では滞在がわずか2時間半で、しかも駅から街の中心部へのバスが不便なのですが、昼食をとって少しぶらぶらしました。帰りの駅に向かうときにはバスを間違えて、駅に行かないバスに乗ってしまい、20分ほど歩いてなんとか時間が間に合いました。ファンリャオまで戻ったあと後続の自強号に乗りましたが、満席で屏東まで無座でした。改めて、台東と高雄の行き来は多いことと、一般的には自強号などを使うんだとよくわかりました。屏東で下車して、屏東夜市に行って、夕食をとってから、高雄に戻りました。今日は高雄で食べ歩きをします。
posted by とんび at 07:44| Comment(0) | 台湾

2017年02月19日

高雄に到着しました

昨日は関西空港発のスクートで高雄にやってきました。スクートはシンガポール行きですが、ほとんどの客は台湾人だったようなので、高雄でほぼ客が入れ替わるようです。引き続きシンガポールまでいく客もいったん機外に出てトランジットエリアで待つようです。スクートはLCCながらB787なので、今回利用したのですが、行きについては到着時間が遅いので、もう利用しないと思います。

高雄到着後は、入国カードが機内で配られなかったので、多少手間取りましたが、常客証を使って待たずに入国し、simを買って、ホテルにむかいました。機外に出てから1時間ほどでホテルに到着しました。その点、高雄は便利ですね。台北だとこういうわけには行きません。

ホテルでは荷物を置いてすぐに夕食のために外出しました。自強夜市、興中夜市に行きました。饂飩湯、魯肉飯、陽春麺などをいただきました。食べたものなどは後日くわしく報告します。今日は、台東まで日帰りで行ってこようと思っていますが、うまくいくでしょうか。
posted by とんび at 07:28| Comment(6) | 台湾

2017年02月18日

高雄に行ってきます

高雄へ行ってきます。高雄の地下鉄(MRT)の美麗島駅の構内は印象的です。この構内もまた見てこようと思います。


taiwan10601.jpg

関西・高雄のピーチ便ができてから、台湾南部への訪問が多くなりました。昨年12月にも台南へ行ったばかりですが、また台湾南部へ行きたくなりました。

今回はピーチではなく、スクートを利用します。台湾へ便があるLCCとしては、ピーチ、バニラ、ジェットスターと利用したので今度はスクートにしました。あと、タイガーエアを使えば、台湾行きの便があるLCCはみな利用したことになります。

また今回は高雄に連泊します。12月には台南のB級グルメを堪能しましたが、高雄も負けず劣らずB級グルメがいろいろあるようなので、食べ歩こうと思います。高雄では夜市の屋台食はいろいろ試しましたが、個別の食堂にはあまり行ってないので、今回試そうと思います。もちろん夜市にも行って、屋台食もためそうと思います。今回は台南にはいかないでおくつもりです。もっとも急きょ変わることは自分の旅ではよくあることですが。

また1日は、遠方に足を延ばして、台東に日帰りしようかなって思っています。枋寮から台東まで普快車に乗るのが目的です。普快車(非冷房の普通列車)は以前はたくさんあったようですが、どんどん区間車(冷房の普通列車)に置き換わって、いまは一往復だけになっています。普快車は区間車よりも運賃が安いようです。これも、南廻線の電化がすすめられていて、完成すると普快車はなくなると思われ、乗っておきたいと思いました。
posted by とんび at 03:04| Comment(10) | 台湾

2017年02月13日

帰国

台南旅行記3日目3回目



taiwan19316.jpg

  30分ほど待ってチェックイン。カウンター業務はエバー航空に委託している。まっさきにチェックインをして、すぐに保安検査場に向った。常客証は出入国審査場で使えるが、保安検査場では使えない。保安検査場では10分ほど待たねばならなかった。続いて、出国審査場では専用レーンを使え、10分ほど時間を短縮できた。

 制限区域に入り、モアプレミアムラウンジへ直行。プライオリティパスで入場したが、ダイナースカードでもよい。青島ビールを飲みながら昼食。


taiwan19318.jpg


 このラウンジでは焼芋を食べることができる。なかなか美味い焼芋だ。


taiwan19317.jpg


 麺類コーナーで担々麺(乾)を作ってもらった。以前はスープつきの麺も食べられたのだが、このときは、ほかに焼きそばがあっただけだ。


taiwan19319.jpg

 搭乗したピーチ機。


taiwan19320.jpg

 14時15分発、樂桃航空MM36 で帰国。

 出発10分前に搭乗開始。しかし、出発は10分ほど遅れた。


taiwan19321.jpg

 出発後しばらくして、自分より少し前方の窓側の客がCAから注意を受けていた。地上を撮影していたようだ。台湾では航空機からの地上の撮影は禁止されているので、注意が必要だ。

 機内販売でカレーパンをもとめたのだが売り切れ。かわりにタコライスを求めた。


taiwan19322.jpg

 定刻少し前に関西空港に到着した。飛行機から降りて、地上を歩いて第2ターミナルに向った。

 今回の旅行も無事に終了。

***************************************************


台南旅行記、これで完結です。

台南旅行記は、HP「ユーラシア紀行」にもアップロードしました。

このブログの旅行記は、すべて「ユーラシア紀行」にほぼ同一内容で転載しています。

各旅行記は、「ユーラシア紀行」で見ると、旅程の順になっています。(ブログでは、旅程とは逆順。)また、ほとんどは1日分を1ページにしています。

そのため、旅行記をまとめてご覧になる場合は、「ユーラシア紀行」をご覧になると便利で、わかりやすいです。

このブログから、「ユーラシア紀行」への行き方は、次の通りです。

ユーラシア紀行.jpg

ブログ右上のタイトル欄の下のほうの「ユーラシア紀行」をクリックするか、

ユーラシア紀行2.jpg

ブログ右側のリンク集の欄の とんびHP「ユーラシア紀行」 をクリックするかしてください。

「ユーラシア紀行」のトップページには各旅行記へのリンクが、エリア別に作ってあるので、ご覧になりたいものを選んでください。

この旅行記は、「台湾」にある「16台南・玉井・新化」にリンクしてあります。
posted by とんび at 20:00| Comment(4) | 台湾