2018年01月04日

台湾旅行でのキャッシングと旅行費用

本日、年越し台南・高雄旅行でおこなったキャッシングの返済を行いました。キャッシングの記録と使った旅行費のまとめをしてみます。


【キャッシングについて】

12月28日に高雄小港空港にて、5000元をキャッシングしました。前回の旅行の残りで3300元程度ありましたが、5000元をキャッシングしました。旅行終了後3900元程度残りました。使用したのは4400元程度ということになります。4400元ですから、1元=3.8円の計算で、16700円程度を現地で使ったことになります。現地でお金を使うときは、1元=4円で計算していました。

本日(1月4日)、キャッシングの返済を行ったのですが、18989円返済しましたので、1000元が3800円、1元=3.8円となります。これには、経過利息分などが含まれていますので、1元=3.82円程度でしょうか。でも簡易に計算するうえでは1元=4円でいいと思います。

キャッシングは三井住友カードで行ってるのですが、ここは三井住友銀行の支店内のATMでは、営業時間内なら繰り上げ返済が簡単にできるので、利用しています。ただし難点はATMの手数料が必要なことで、キャッシング額にもよりますが、海外でキャシングする際と国内で返済する際に額にもよりますが、それぞれ216円かかることが多いです。海外では、ATM設置銀行の規定でもっと多く必要なこともあります。

ですから、現状では、以前に比べて、両替よりキャッシングが圧倒的に有利というわけではないようです。特に、繰り上げ返済のできないクレジットカードの場合は、経過利息分を考えると、両替の方が有利かもしれません。それでも、繰り上げ返済可能なカードを使って、帰国後すぐに繰り上げ返済するなら、両替よりは有利だと思います。また、DCカードを用いて、東京三菱UFJ銀行のATMで返済する場合は、電話をかける手間はかかりますが、ATMの使用料は不要のようです。自分は、電話の手間が不要なことと、銀行へのアクセスを考えて三井住友カードでキャッシングしています。ただし、万が一の事故に備えて、キャッシングは普段のショッピングには使わないANAカードを利用しています。(三井住友のANAカードは、カードごとに年度当初のマイルが加算されるので、SFCカード以外に2枚保有しています。)


【旅行費用のまとめ】

今回はピーチを利用し関西・高雄を往復しました。航空券代は32960円でした。LCCとしては特別に安いとはいえないものの、12月に入ってから(1ヶ月以内になってから)の予約であることや、年末年始という時期も考慮すれば、特別に高いわけでもないと思います。

宿泊費は台南の3泊が1泊あたり2390元=9082円、3泊で約27300円、台南の2泊があわせて13204円、合計約40500円でした。これは完全に年末年始の多客期料金で、平常なら台南のホテルは1泊5000円、高雄のホテルは1泊3000円くらいなので、ほぼ2倍の値段に高騰していました。

航空券代と宿泊費、クレジット払いにした高雄・台南の往復(自強を利用)212元=約810円、それに現地で使った現金の約4400元=約16720円(1元=3.8円として計算)をあわせると90990円でした。今回の年末年始の6泊台南・高雄旅行の費用は約91000円といえます。もし、宿泊費が高騰していない時期に行けば宿泊費が半分程度ですみ、費用合計も7万円程度になった可能性もあります。

現地で使った現金の多くは飲食費ですが、それ以外には、悠遊カードのチャージ500元(以前の残りがあり、利用したのは300元程度)、SIMが300元などがあります。
posted by とんび at 20:09| Comment(6) | 台湾

2018年01月03日

帰国しました

pppp.jpg


昨日、高雄からのピーチで帰国しました。ピーチ自体の遅延はほとんどなかったのですが、関西空港が混雑していて、上空で30分ほど旋回して待機させられました。羽田・成田ではよくありますし、伊丹もたまにありますが、関西ではほとんど上空待機の記憶はありません。ピーチで、関西空港に到着時にCAさんがするアナウンスは結構面白いのですが、「海から吹く風が激しくて、皆様の帽子やスカーフ、ときにはお土産までも吹き飛ばされることがあります。」ってのがいつも印象的なのです。昨日はこのアナウンス通りで、ブリッジがないLCCターミナルでは、地上を少し歩かされるのがちょっとつらく感じました。関西空港のLCCターミナルは2階建てなので、風よけになるものがなく、風が強いようです。

昨日の朝の高雄は普段とまったく違う様子はなく、新正月で店や屋台が営業しないのは元日の朝だけだということがわかりました。やはり、台湾は旧正月がメインで、新正月のほうは、年越しイベントをして、元日の朝だけ休むと、あとは普段通りってことでしょうね。向ったのは昨年の2月にも行っている興隆居。肉まんと他のもので行列を分けるという独特の販売方法ではじめて行ったときにはとまどいましたが、勝手を知っている今回は問題なく買うことができました。ここで朝食をとったあと、ホテルで一休みしてから、高雄小港空港に向いました。そして、あとは帰るだけでした。

2017−2018の年越し旅のリアルタイム報告はこれで終わりです。旅行記は、昨年8月のタナトラジャ旅行記がまだ作成途上で、そのあとの10月の台北旅行記がまだ手付かずです。そのため、まずタナトラジャ旅行記を仕上げたあと、台北旅行記、そして今回の台南・高雄旅行記という順に作っていこうと思います。よろしくおつきあいお願いします。
posted by とんび at 07:25| Comment(4) | 台湾

2018年01月02日

食べに出ただけの1日

元日はどうやって過ごそうか、明確には決められていませんでした。おぼろげに、今まで行っていなかった小琉球や仏光山にこのさい行こうかなっては思っていました。頭の中には行く方法まで整理されていたのですが、どうしてもいきたいって気持ちにはならなくて、行きませんでした。結局、朝食に出て、いったんホテルに帰って休み、昼食も同じようにして、最後に夕食に出たって感じででした。

朝食は、元日の朝というだけあって、ほとんどの店が空いていなくて、朝食を外食する人が多い台湾であっても、元日だけはほぼ完璧に食べ物屋も屋台も営業していないことが判明しました。かなり歩いて、営業しているバイキング方式の店があり、そこで朝食をとりました。昼食のころになると、店がしだいに開店していく感じでした。昨年行ったことがある小籠包の店とアイスの店に行きました。

image.jpg

夕食には以前から気になっていた石二鍋に行ってきました。1人鍋のチェーン店ですが、行く機会がありませんでした。今回、初めていただいてきました。

image.jpg

日本でいう、すき鍋のようなものでした。美味しくいただいてきました。値段は258元ですから、いまのレートでは1000円ちょっとですね。本日は帰国するのみです。帰りましたら、また。
posted by とんび at 06:12| Comment(2) | 台湾

2018年01月01日

台南から高雄へ移動し年越し

あけましておめでとうございます。本年が皆様方にとってよい年になりますように祈念いたします。また、本年も昨年に引き続き、おつきあいしていただくようお願い申し上げます。

昨日の大晦日、台南から高雄に移動しました。とはいえ、行動の中心は台南でした。朝食はサバヒー粥を食べにでたのですが、ホテルの朝食も覗いてみたら、一昨日とは違うメニューがいろいろあったので、少しだけいただきました。今回のホテル、なかなかいいなぁと思いました。このあと、幾つか見学したり、午後におこなう移動の切符を買ったりして、昼食を食べに肉粽のお店へ。大東夜市の近くなので結構歩きました。そのあと立ち寄ったカフェが日本趣味なのか日本語だらけで、ひとむかしまえの日本の喫茶店そっくりで楽しかったです。


image.jpg

高雄へ移動後、ホテルへ。駅の近くで安そうなホテルを選んだのですが、イマイチです。一番安そうなところを選んだのですが、年越しを迎えるにはちょっと残念です。台南で泊まったホテルが結構よくって、また使おうと思っているのと対照的に、こちらはもう泊まらないでしょう。一休みしたあと、夕食を食べに高雄にオープンしたという王将に向かいました。ですが、60分待ちで退散しました。別の機会に行き直します。そして、近くの瑞豊夜市にむかいました。ここは3回目なのですが、いままで経験したことがない混みようでした。写真は大混雑の夜市です。立ち食いしている人の食べ物のソースをつけられないかヒヤヒヤです。それでも、この夜市にくるといただいているステーキにありついて満足です。

このあと、年越しイベントの行われる会場に向かいました。事前に花火はなくて、コンサートだけらしいとわかってはいたのですが、花火がないと寂しいですね。カウントダウンがあって、レーザー光線が派手に照らしだされまぢたが、花火にはかないません。花火大会も郊外では行われ、台湾一の規模だそうなのですが、帰りの足のことなどを考えて避けました。捷運が2時まで運転されているので、帰りは心配ありません。1時前にホテルに戻りました。海外での年越しは今回が最後と書いていましたが、年越しイベントが盛り上がるのをみると、やっぱり海外の年越しもいいなぁと思いました。年越しの旅行については考えなおすかもしれません。
posted by とんび at 07:29| Comment(16) | 台湾

2017年12月31日

台南で1日食べ歩き

image.jpg

いよいよ大晦日になりました。今年1年ありがとうございました。引き続き来年もよろしくお願いします。

昨日は台南の中心部にて、食べ歩きの1日でした。手始めに、ホテルの朝食はとらずに、バスに乗って、三官廟の入口にある店名のついていないお店に行きました。サバビー粥を注文したのですが、魚皮粥が出てきました。値段が計算より安くておかしいなと思ったのですが、注文内容がうまく伝わっていなかったようです。台湾では伝票に注文内容を書いて出す店が多いですが、口頭で注文をとる店では注意が必要です。とはいえ、この魚皮粥、サバヒーの身もそこそこついていました。

この店の味付けはとても濃厚で、ほかのサバヒー粥のお店とくらべて、一番濃いんじゃないかと思います。それで、口に味が残ったにと、量がちょっと少なめだったこともあり、近くのお店にはしごしました。以前に行ったことがある京華サバヒー粥で、ここでも少しいただきました。その後、どこかの廟の祭りのぎょうれつをながめていたり、昨年から見学できるようになった台南地方法院に行ったりしました。前日に15kmほど歩いているので、疲れが出て、法院の中でしばらく眠ったりもしました。

そのあとは、昼食用の食べあるきをして、夕方になりました。台南は食べても食べても、いろいろ珍しい食べ物が目について食べつくすことなど不可能な街です。いったん、ホテルに戻って一休みしたのですが、1時間くらい眠るつもりが、2時間眠ってしまいました。急いで起きて、土曜日にやっている武聖夜市にいきました。ここは二度目です。注文してから、かなり待たされた屋台があって、終バスに乗れなかったので、歩いてホテルに戻りました。4大夜市の中では、街の中心に一番近い位置にあるので、30分ほど歩いてホテルにもどりました。
posted by とんび at 08:47| Comment(2) | 台湾

2017年12月30日

暖かい台南で日本人廟めぐり

台南滞在中です。予想以上に暖かいです。昼間は、長袖シャツにセーターだと、長く歩いたので暑苦しくて、セーターを脱ぎました。夜はセーターをきていてもちょっと寒いなって感じです。今日は雨が予想され、気温もあがらないようなので、ダウンを着て外出しようと思いますが、昼間は暑いかもしれません。地元民もダウンを着ている人もいれば、昼間は半袖の人もいます。

昨日は、台南にある日本人廟5ヶ所を訪問してきました。よくあるき、全部で15kmくらい歩いたと思います。5ヶ所はいづれも郊外にあり、 バス停からも離れているので、一日がかりになりました。



image.jpg

写真は2番目に行った七元帥廟の手前にある門ですが、すぐに廟があると思いきや、まだ10分くらい歩きました。




image.jpg


10分ほど歩くと、農地の中に木立が見えてきました。この木立のなかに小さな廟がありました。昨日回った5ヶ所のうち、1ヶ所だけは大きな立派な廟だったのですが、残りは、ここと同じような小さな廟でした。


全部回り終えると、もう真っ暗でした。台南中心部にもどり、グルメを楽しみました。

今日は台南滞在ですが、街の中心部で、新たに出来たスポットをまわりながら食べ歩きを楽しもうとおもいます。
続きを読む
posted by とんび at 08:07| Comment(4) | 台湾

2017年12月29日

台南到着


image.jpg


昨日、ピーチで高雄に到着。今回はまず台南で泊まったあと、高雄で泊まります。いつも3日が普通の台湾旅行としては異例の6日間の旅で、のんびり食べ歩きを楽しんでこようと思います。6日あれば、本当はもっと遠くに行きたいのですが、今回は12月になってからの決定で、費用面を考えるとあまり選択肢がありませんでした。最初は16年前にも年越しをしているペナンなども考えたのですが、台湾になりました。台湾でも台北は飛行機、ホテルとも高騰していたのですが、高雄はまだましで、台南・高雄に決めました。6日あれば、まだしたことがない台湾一周も可能ですが、今回は見送りました。また、今回は、ずっと続けてきた年越しの旅も最後になると思いますので、これまた感慨深いものがあります。

高雄到着後、台南に向かう前に、空港に近いところにある紅毛港保安堂に立ち寄ってきました。ここには日本人が祀られているといことで行ってきました、確かに祀ってある3人のうち1人は日本人でした。海軍の艦長をしていた軍人のようです。その関係で軍艦の模型もおいてありました。38にっぽんぐんかん、と書いてあるのが写真でもわかります。紅毛港は高雄港の南の方にあった漁村でしたが、高雄港の拡張で、村ごと移転になりました。昔の紅毛港のあとには、見学施設が残されていて、そちらは今年2月に行きました。その移転先が、この保安堂の付近だということもわかってよかったです。

そのあと、台南にやってきました。グルメ天国の台南では、いろいろなものを食べたいとおもいますが、昨日はさっそく、小籠包や意麺を食べました。台南では朝食にサバヒー粥を食べることが自分流ですが、今回泊まっているホテルは朝食付きなので、このあたり悩みますね。今日は初日なのでホテルの朝食にしようと思います。台南には日本人を祀った廟がいくつかあり、1ヶ所はすでに訪問済みなのですが、今日は今までに行ったことがない廟を回ってこようと思います。
posted by とんび at 06:39| Comment(2) | 台湾

2017年10月15日

今回の台湾旅行

mmmm.jpg

写真は、帰りに三重から桃園空港まで乗車した空港MRTの普通車です。ロングシートで固いプラスチック製シート、それに時間も45分くらいかかるのですが、空いていて座れるのはメリットでした。

さて、今回の台湾旅行の特徴ですが、何といっても、台北で「突然オフ会」が実現したことです。台北に到着の翌日に、トーフスキーさんから連絡をいただき、その日の夜にオフ会をしました。事前に細かく打ち合わせてのオフ会もいいのですが、こうした「突然オフ会」も楽しいですね。まったくの運しだいですが、今後も、同じところにいらっしゃる場合は、ぜひご連絡ください。楽しみに待っています。

今回は今年になってから4回目の台湾旅行だったのですが、2月の高雄旅行を除き、直近3回の旅行はオフ会をおこなうことができました。3月の台北旅行ではタヌキ猫さん、7月の台南旅行ではkimcafeさん、10月の台北旅行ではトーフスキーさんとそれぞれオフ会ができました。3月と7月は事前に同じところに行くことが判明し、連絡をとりあい合流しましたが、今回はまったく当日に同じところに行くことがわかったのでびっくりでした。

もうひとつ特徴を言えば、今回の旅行で、台湾の滞在日数が100日になったことです。今回の台湾旅行は31回目だったのですが、31回目で滞在日数100日達成でした。台湾は短い旅行が多く、平均で3.2日の滞在ですが、回数でカバーし、他国に先駆けて滞在日数100日にはじめてめて到達した国になりました。(到着日、帰国日も滞在日数に入れています) なお、滞在日数2位はタイで82日です。このあと、滞在日数の多い国を10位まで列挙すると、韓国、中国、インドネシア、マレーシア、アメリカ合衆国、香港、ドイツ、スペインとなります。

台北で何をしたかですが、食べ物食べ歩きが観光の中心になりました。何度も訪問している都市の観光では、観光内容は名所旧跡の訪問よりも食べ物食べ歩きが中心になる傾向がありますが、台湾の台北、台南、高雄それにバンコクなどはその傾向が強いです。

先日、5月に2回行ったバンコクの旅行記が終わり、順番でいえば8月に行ったインドネシア、スラウェシ島タナトラジャの旅行記になるのですが、先に今回の台北旅行記を仕上げてからタナトラジャ旅行記にとりかかろうと思います。なお、今回の台北旅行については、旅の履歴、渡航国別滞在日数、海外オフ会のページについては書き換えました。
posted by とんび at 20:56| Comment(0) | 台湾

2017年10月10日

帰国しました

aaaa.jpg

昨日、帰国しました。昨日は、朝食はホテルのすぐ近くの雙城街夜市でとりました。夜市とは言うものの、ここは一日中、屋台が出ているのですよ。日中と夜では出ている屋台が変わるという情報も目にしたことがありますが、自分では確かめていません。自分はここの夜市を使うのは5回目なのですが、定宿になっているサンルートに近いので、朝食をホテルでとらずにここへ食べにきているのです。でも夜は、ほかの夜市をめぐっているので、まだここにはきていないのです。

ホテルに戻って、まもなくチェックアウト。すぐに空港に向いました。帰りは、黄色のラインカラーであるMRTで中山国小から三重へ。このMRTは空いているのでいいです。ただし、行先が2つあって、間違えないようにしなければならないのと、行先が2つあるため、片方だけだと1本のがすと10分くらい待たねばならないのが難点です。実際、目の前で行ってしまい、しばらくホームで待たされました。

三重駅では、空港MRTに短い距離で乗り換えることができます。台北車站で乗り換えるときは、空港MRTの台北駅は、台鉄・高鉄の台北車站の西端にあるのに対し、MRTの台北駅は東端にあるので、500mくらい歩きます。かえって、緑色のラインカラーであるMRTの北門駅のほうが歩く距離は短いです。250mくらいでしょうか。でも、三重駅乗換は圧倒的に短いです。MRTの改札を出て、空港MRTの駅に向かうエスカレータまで30mほど歩くだけです。ただしエスカレータでの上下移動には時間が少々かかります。とても長いエスカレータを乗り継ぐので。

空港MRTの三重駅は普通車しかとまりませんから、空港まで時間がかかります。普通車だと三重から空港まで45分ほどかかりました。直達車だと空港・台北車站が30分ほどですから、ちょっと長いです。それに、ロングシートであるうえに、固いプラスチック製の座席であるので、長く乗っているのには適さないです。ただし、すいていて、座ることができます。途中、長庚医院で直達車に乗り継ぐことができるのですが、直達車は混雑していたし、あと3駅で空港なので普通車で空港まで乗りとおしました。運賃は、空港・台北車站は160元ですが、空港・三重は140元で少し安いです。

空港に着いたあと、JALカウンターでチェックイン。すぐに保安検査場へ。出国審査場は、かなり混雑していましたが、常客証の威力で、2,3人待っただけで制限エリアに入れました。7月に行った高雄小港空港の場合は、到着時は、常客証の客は、台湾人と同じレーンに並ぶようになっていて、出発時は、常客証は関係なく、外国人用の自動化ゲートに行くようになっていました。桃園空港も同じだろうって思っていたら、桃園の場合は、以前と同じように、到着時、出発時ともに、専用レーンの利用になっていました。

そのあと、JALラウンジへ。以前も書きましたが、ここの内容は以前に比べてずいぶんよくなりました。そして帰国ました。
posted by とんび at 07:08| Comment(0) | 台湾

2017年10月09日

急きょオフ会実施

image.jpg

昨日は予定していなかったうれしいイベントがありました。トーフスキーさんとのオフ会です。昨日の記事をご覧になったトーフスキーさんから中歴、台北に向かうとの連絡をいただき、急きょオフ会をすることになりました。トーフスキーさんとは3年前にバンコクでオフ会をして、お会いして以来ですので、心が踊ります。

昨日は朝食に米苔目を食べました。米苔目は旅行記のさいに説明します。朝食後、故宮博物院に向かいました。数年前に改装があり、その後行ってなかったので、ひさしぶりに行くことにしたのです。現地に着くと、入場券売り場がものすごい混雑でした。それで、入館するのはとりやめ、かわりにまだ行ったことがなかった故宮の庭園、それに故宮から5分ほどのところにある原住民博物館に行きました。そして、付近の食堂で昼食にしました。

昼食後は、台北駅から基隆の少し手前の七堵に行きました。ここに10年前まで使われていた駅舎が保存されているので、見に行くためです。基隆は雨が多く、以前行ったときも雨だったのですが、七堵につくと、土砂降りのあめでした。1時間ほど雨宿りしてから、駅舎が保存されている鉄道公園に行きました。駅舎は建物があるだけで、ほかには見るものもほとんどありませんでした。ここは期待はずれでした。

このあと、台北に戻りました。そしてオフ会をすることになった長安東路に向かいました。この一帯は、熱炒と言われる台湾風の海鮮居酒屋が軒を連ねています。その中の一軒に入りました。中央市場という店でした。トーフスキーさんと台湾のことや旅のことなどお話しました。中歴でお泊まりのトーフスキーさんと分かれたあと、松山のぎょうかがい夜市に向かいました。夜市のとホテルに戻りました。


posted by とんび at 04:33| Comment(8) | 台湾