2014年01月09日

メインクレカ変更作戦

昨日、ANAカードの変更の書類が届きました。ANAのHPには記載されていない点があきらかになりました。

それは、HPを見て、新たに「ANA SFC ダイナースカード」を発行するためには、源泉徴収票を送ったり、面倒な手続きが必要で、また、場合によっては、審査で入会できない場合もあると思っていたのですが、すでに別のダイナースカードを保有している(無料キャンペーンで入会したものですが)ので、「切替」という手続きで変更できるというのです。これで、ANAダイナースの入会については、面倒な手続きは不要で、審査もないことがわかりました。これで少し、気が楽になりました。また、三井住友VISAをSFCゴールドから一般カードにするのも、「切替」でいけるということです。

それでも、今後2か月間ほど、メインクレカを変更するために、順序立てて処理していかねばならないので、作戦を考えました。
(1) 送られた書類のうち、「ダイナースカードを一般のものからANA SFCに切替」の用紙をすぐに送る。
(2) 本日以降、「ANA SFCダイナース」が送られてくるまでの間、「JAL JGC TOP&Q Club-A」を日常使うクレカにする。ただし、自動引き落としのものは、この時点では変更しない。
(3) 2週間程度で、「ANA SFCダイナース」が送られてくる。日常使うクレカはこちらをメインにする。自動引き落としの変更手続きを行う。
(4) 2月分の請求額が引き落とされたあと、三井住友のポイントをANAマイルに交換する。そのあとで、「三井住友VASAをSFCゴールドから一般へ切替」の用紙を送る。
(5) 2週間程度で、ANAの一般のカードが送られてくる。こちらは、年に1000マイルの獲得のためと、海外キャッシングのために利用する。ポイントは発生しないが、切替時の自動引き落とし分のポイントが若干でてくる。
posted by とんび at 02:56 | Comment(0) | 旅の知恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。