2012年12月15日

ボホール島へ

sebu0201.jpg

  セブ空港は正式にはマクタン・セブ空港といいマクタン島にある。マクタン島はビーチリゾートであるセブの位置する島である。セブ島とは2つの橋でつながっていて、橋を渡ってほどちかいところにセブ・シティがある。

 セブ空港からはタクシーでセブ・シティにあるスーパーキャットのピアに向かった。空港からピアまでは25分ほどで6時ごろに到着した。料金は475ペソ。写真は切符売場。

sebu0202.jpg


 ボホール島のタグビララン行きの船は7時発。料金555ペソ(約1150円)。まだ1時間ある。
 切符を買って、待合室に向かう。入口では、手荷物検査がある。X線検査のほか、さらに荷物を床に置いて麻薬犬にかがせる検査がある。

 そして待合室で待ったが、切符を買うだけじゃなく、飛行機に搭乗するときと同じく、チェックインの手続が別に必要なことがわかった。それで、さらに歩いて、乗船する船ごとにわかれた乗場に向かい、チェックインを行った。ここで座席が指定された。チェックインをした中に、さらに船ごとの待合室と、飛行機の場合と同じようなゲートがある。

sebu0203.jpg

 日本では、かなり以前に撤退したダンキン・ドーナツだが、フィリピンではあちこちで店舗を見るが、このようなスタンド式の簡易店舗も多い。

 乗船のチェックインをすませたあとの待合室にもスタンド式の店舗があったので、ここで朝食を購入。あとで船の中でいただくことにした。

 値段も安く、ドーナツが15ペソ(約30円)くらいからある。

sebu0204.jpg

 7時発のタグビララン行きの高速船。15分くらい前に乗船が開始されたので、待合室でほとんど待たずに乗船。

sebu0205.jpg


 
 切符。3Aというのが座席番号でチェックインの際に記入された。

sebu0206.jpg


 船内の様子。

sebu0207.jpg


 ダンキン・ドーナツで買った朝食を船内で食べた。チキンサンドとツナサンドで水とあわせて115ペソ(約240円)。

sebu0208.jpg

 9時すぎにタグビララン着。ボートに乗った子供がお金をせがむためか岸壁に近づいてきた。

 港のターミナルの建物を出るとドライバーがやってきて車をチャーターしないかと寄ってきた。事前に調べていたのと同じく、観光地を一通り回って2500ペソ(約5100円)を提示された。協定料金のようである。すぐに交渉成立。

 出発前に帰りの船の切符を購入。帰りは出発時刻の都合で16時20分発のオーシャンジェットにした。

sebu0209.jpg


 車は港からタグビラランの市内に入った。目に入ってくるのは、怒涛のようにやってくるトライシクル。ジプニーも走っているがトライシクルが圧倒的だ。

 トライシクルは二輪車にサイドカーをつけ、屋根つきにした乗り物。サイドカーは1人乗りのようだが、中には2人がぎゅう詰めで座ったり、サイドカーに1人座り、二輪車にドラーバーとともに2人乗りしているのもみかけた。

sebu0210.jpg


 この日は金曜なのだが、”子供の日”だという。子供のパレードが延々と続き、その間、車はストップ。
posted by とんび at 06:54 | Comment(2) | フィリピン
この記事へのコメント
タグビラランの市内の治安の状況はどうなんでしょうか?マニラがかなり厳しいという話は聞きますが・・・・・
Posted by おりんぴあ at 2012年12月15日 17:40
フィリピンは治安が悪いイメージがあって敬遠されがちですが、本当に凶悪と感じたのはマニラ、それも特定の地区だけで、他はのんびりした感じで他の東南アジアと同程度の危険性のように思います。タグビラランも、ショッピングセンターの入口では武装警備員が見張っていますが、マニラで経験した荷物検査などはありませんでした。
Posted by とんび at 2012年12月15日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。