2017年05月08日

iPhone2台持ちからデュアルSIM格安スマホへ

昨年11月、それまで契約していたソフトバンクを解約し、格安スマホである楽天モバイルを利用し始めました。利用開始から半年がたち、変更の効果があらわれてきたので、まとめてみます。自分の場合は、海外での利用が大前提ですので、国内だけで利用される方とは少し違う点もあるかもしれません。

まず契約内容と機種をどう変えたかを書いておきます。
<昨年10月まで>
国内の契約 ソフトバンクのオレンジプラン(6400円)+ウエブ使用(300円)+通話料14円/30秒=通話料で異なるが税込み7700円前後(注:オレンジプランは2年ほど前から新規契約はできなくなっていた)
機種 iPhone4S 2台(1台はソフトバンク用もの 1台はSIMフリーで海外で使うためのもの)
<昨年11月から>
国内の契約 楽天モバイルの3.1GBプラン(1600円)+5分かけ放題(850円)=税こみ2644円(通話が5分こえると追加料金がいるが今のところ5分こえる通話はなし)
機種 ZenfoneMax

国内での利用については、毎月の料金が3分の1近くにまで激減し、節約効果は抜群です。(ただし、新機種の購入費用が15000円ほどと、変更にかかわる手数料が3000円少々必要でした。なお「2年縛り」の縛りがとけるのが11月でしたので、違約金はありません。)

なぜ、楽天モバイルにしたかというと、まず費用面で類似の各社と比べて最安の部類だったからです。(ウェブ+通話料の合算で考えて) また、↓で書きますが、海外での利用時のことも若干考慮しました。

海外での利用については、SIMを入手しにくかったり高額である場合(米国や韓国など)をのぞき、各国に入国すれば、空港でSIMを購入して利用するのが自分流になっています。これは、昨年10月までと11月以後で変化なしです。違うのは、機種が海外専用のSIMフリーのiPhone4Sだったのが、SIMフリーのZenfoneMaxに変わったことです。

なぜ、数あるSIMフリースマホの中でZenfoneMaxにしたかというと、デュアルSIM(SIMを入れるスロットが2つある)だからです。この種類のスマホは機種が限られていて、そう多くはありません。SIMを入れるスロットが2つあると、1つは日本で使う楽天モバイルのSIMを常時(海外でも)入れておきます。もう1つは海外でその国のSIMを入れるのです。

海外で日本で契約しているスマホを利用する場合、データ通信は1日3000円程度かかりますので、自分はデータ通信では使っていません。しかし、通話では使う必要がある場合もあります。(海外のSIMの場合、国や会社によって、データ通信専用の場合とデータ通信に加え通話もある程度可能な場合があります。データ通信専用のSIMの場合、通話については日本で契約しているスマホを使う必要があります。)その場合、適切な扱いをしないと、機械が意に反してデータ通信を行う危険性があります。ですから、慎重に設定をおこなう必要があります。

デュアルSIMの場合、海外では楽天モバイルのSIMの入ったスロットは無効にして、その国のSIMを有効にして使っています。ただし、その国のSIMの通話可能分を使い果たしたときや、もともとデータ通信専用のSIMの場合、楽天モバイルの入ったSIMを有効にして通話するつもりです。(つもり、と書いたのは昨年11月以後訪問した国では1か国を除くと通話料金が含まれており、含まれていなかった1か国では通話をしなかったからです。)

楽天モバイルは、海外ローミンングは通話のみ可能で、ウェブは使えません。この点が若干考慮した点です。間違って楽天モバイルのSIMでデータ通信をしてしまい、高額料金が必要になることを防げます。だからといって、海外で通話もできないのも困ります。それで、楽天モバイルがいいと思ったわけです。

あとは付け足しです。自分だけの問題でしたが、昨年、契約を変更するとき多少のハードルの高さを感じたことがあります。それは、自分はソフトバンクに買収される前のボーダフォン、さらに前のJフォンの時代から20年以上のユーザーだったからです。ですから、ソフトバンクから他社への乗り換えで安くなり、番号もかえなくてよいという情報をみても、ソフトバンクを使い続けてきました。今回は思い切って変更したのでした。

あと、半年たってまだ慣れないこともあります。4年半の間、iPhoneを使ってきましたので、iPhoneには慣れたのですが、いきなりアンドロイド系であるZenfoneMaxに変えたので、使い方のわからない点が数多く、適切なガイドブックもないので、まだ十分に使いきれていません。一方、iPhone導入と同じころにiPadも使い始めたのですが、こちらは、使いにくい点がいろいろあるものの「軽い」という点で使い続けています。一時期、軽量のパソコンも使いましたが、やはり「軽い」という点でipadにおよびません。それでも、iPhoneからスマホにかえたので、iPadも何か別のタブレットにしようかなと思っています。
posted by とんび at 06:03| Comment(14) | 旅の知恵
この記事へのコメント
domvoです。
ZenfoneMax買われたのですね。

私も、昨年バンコクのBIG-Cで買ったのですが
バッテリーも持ちますし、海外でも2日ぐらいは
充電しなくても結構いけそうです。
他のスマホでは1日でも心もとないことも
多かったので助かってます。

気になるのは、重さですね。
ま、バッテリー容量の代償ではありますが。

私は今後、ノートパソコンかタブレットの運用
をどうするかを考えないといけません。
そのためにはルーターをどうするかですね。

先日、台湾ではSIMカードを4Gに切替えたので、
今度はルーターを持っていって使ってみようと思います。
Posted by domvo at 2017年05月08日 06:58
>domvoさん

ZenfoneMaxはバッテリーの容量が大きいのもいい点ですね。スマホの比較をしたHPなどを見ると、バッテリーの容量が大きいことが第一のポイントとして書いてあるように思います。むしろデュアルSIMである点はよく読まないとわからないくらいでした。

実際、国内では3日くらいは充電しないで使っています。海外では毎日充電していますが、万が一、2日間充電ができない環境になってもぎりぎり持つかなって感じです。

自分の場合はデュアルSIMということが最大メリットです。ほかの製品と比較しましたが、製品の数自体あまり多くはなく、その中で選ぶとなるとバッテリー容量その他の条件を考えるとZenfoneMaxで一択のような感じで決まりました。

ノートパソコンかタブレットかは悩みますね。いま考えているのはWindowsのタブレットで軽量で使いやすいものはないかということです。
Posted by とんび at 2017年05月08日 07:14
デュアルシムは魅力的ですね。ところでGPSの精度はどうですか?
一時サムソンのスマホを使ったけどGPSの精度がお話にならない位低かったので、以来リンゴ派なので。
Posted by Matt Y at 2017年05月08日 07:31
とても参考になりました。
現在使っているアイフオン6は2年半になろうとしています。あと一年半は使おうと思っていますが、問題はその先です。
アイフオン以外は触ったことがないため操作に不安があります。だけどアイフオンは高すぎます。たぶん次回はAndroidにすると思います。
ocnモバイルoneから変えるかどうかはわからないですが少なくともアイフオンはもうおしまいかなって思っています。
Posted by shoji at 2017年05月08日 07:37
domvoです。

個人的には、Windowsタブレットがいいのかなと思います。
普段、Winノートパソコンで決済しているので、
家で使用している感じでできるのかなと思います。

まずは以前買った、Windowsタブレットで使ってみて判断したいです。

今なら、LenovoのYOGABOOK辺りを使いたいところですが
今ある、Winタブレットで試してみたいです。
Posted by domvo at 2017年05月08日 19:16
>Matt Yさん

GPSの精度が気になったことはありません。海外で利用することが大半ですが、自分の位置情報が間違っていて困ったということはありません。わずかに違うことはありますが、iPhoneでもあるし、あまり気になりません。

デュアルSIMは海外で使用する場合に便利だと思います。iPhone2台もちよりは何かと便利になったと感じています。
Posted by とんび at 2017年05月08日 21:35
>shojiさん

iPhoneは4Sのときに買って、4年半使いましたので、十分に楽しめたと思います。自分の場合、アップル系の機器はファイルの扱いが難しいと思い、iPhoneやiPadで写真などを扱うのに苦労したので、格安スマホ導入を機に手放そうと思いました。SIMの大きさがiPhoneだけ小さなものになった点も嫌でした。

今後もアンドロイド系のスマホを続けると思います。iPadも後継はwindowsのタブレットにしようかと考えています。
Posted by とんび at 2017年05月08日 21:41
>domvoさん

自分もwindowsのタブレットを海外で通信などのために使おうかなと思っています。iPadではファイルの扱いが難しく、ちょっと複雑な操作がやりづらい(あるいは、まったくできない)ので困っています。

ただ「軽い」のが利点で使い続けています。一時は、ノートパソコンも併用しようかと試したkとがありますが、一度iPadの軽さを覚えてしまうと、ノートには戻れませんでした。
Posted by とんび at 2017年05月08日 21:46
私もこの6月でiPhone4(古い(^_^;))の契約の2年更新の時期なので、そろそろ代えようと思っています。
自分もDualSim考えてます。国内から緊急の電話受ける必要があるかもしれないので。Freetelの機器を今物色中です(^_^;)。これだと海外に行った時でもSIM買って付ければOKですし。
そう考えるとソフトバンクのSIMロックは迷惑この上ないですね(>_<)。
Posted by おりんぴあ at 2017年05月08日 22:58
>おりんぴあさん

おお、同じようなこと考えているのですね。iPhone4だともう5年以上使っていたのですか。十分に使えています。フリーテルは格安スマホの最安値グループのひとつで、自分も検討対象にしていたのですよ。楽天モバイルよりも若干安かったのですが、楽天ポイントのことなど考えて、楽天モバイルに決めました。ほとんど使わない月があったりする場合、フリーテルが有利じゃないかと思います。

国内で2枚のSIMを使うことを想定しているのですね。自分の場合はそれは考えていなかったのですが、デュアルSIMのことを調べると、メリットとしては国内での2枚利用が主に書かれていますね。自分は必要なかったのですが、これなら海外でその国のSIMを使うのが便利だと思ったわけです。
Posted by とんび at 2017年05月09日 02:49
とんびさん、レスありがとうございます。

いえいえ、私の書き方がよくなかったですね(^^ゞ。自分が考えているのは国内は格安 Sim入れて(現在SIMフリーのルーターがあるのでそれを使う)、もう1つ空いたスロットに海外に行った際に現地のSIMを指して使うというやり方です。

Posted by おりんぴあ at 2017年05月09日 22:29
>おりんぴあさん

はは、ほぼ自分と同じ使い方ですね。

ただ、海外でもフリーテルのSIMを有効にしておいて受信ができるようにしておくわけですね。この点だけ自分と違うように思います。フリーテルも楽天と同じで、海外ローミングは通話だけ可能だから、意図しないデータ通信で失敗することはないですが、海外での受信には料金が必要になることが多いので、ちょっと気をつけた方がいいかもです。

自分の場合は、楽天モバイルのSIMは海外では無効にしています。有効にするのは、海外で買ったSIMがデータ通信専用の場合や通話可能でも通話料金を使い果たした場合に、楽天モバイルのSIMを使って通話するときです。この半年間、その使い方はまだしていません。
Posted by とんび at 2017年05月10日 01:15
ありがとうございます(^_^;)。

日本からの国際電話を海外で受けると高いのでその点は承知しています。その際は「今海外なんでLINEの方にお願い<m(__)m>」とか工夫しています(^_^;)。これだと海外の現地SIMのデータ通信分でイケるので(^_^;)。
Posted by おりんぴあ at 2017年05月10日 22:40
>おりんぴあさん

なるほど、自分の場合は日本のSIMを無効にしておきますが、おりんぴあさんの場合は、それができないような状況のようですが、日本からの受信の対策も万全にたてられていらっしゃるのですね。

かけてくる可能性がある人には事前にお願いしておけばいいし、変なセールスの電話なんかがあれば、すぐに切ってしまえばいいわけですし。困るのは、知らない人が突然、切ることができないような電話をかけてきたときくらいですね。
Posted by とんび at 2017年05月11日 02:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。