2016年11月01日

成田から伊丹 & バリ島旅行記完成

バリ島旅行記9日目3回目


bali0920.jpg


 成田空港への着陸には手間取り、しばらく上空を旋回した。それでも15分ほどの遅れで成田に着陸した。

 成田に到着後、滑走路で故障したのはANA機であることが判明した。

 成田ではJALの国内線カウンターでJL3007の搭乗手続きをした。そのさい、予約していた座席が窓側だが、機種変更によって、通路に出にくくなったと案内があり、通路側に変更してもらった。

 成田発伊丹行のJL3007は国際線の間合い使用の便で、通常は欧米路線のSS7を搭載したB777が用いられている。しかし、窓側席から通路に出にくいということは、SS7でない機材が使われるということだ。成田発着便のB777でSS7でないとなるとホノルル便しか考えられない。ホノルル便はシェルフラットシートを搭載している。機長のアナウンスで、一部のJAL機は羽田に向かったと言っていたが、本来はJL3007になるはずだった便も羽田に向かったのだろう。その余波で、JL3007がSS7搭載便でない機材に変更と推測できる。

 国内線ラウンジで休憩。夕食かわりにサンドイッチをいただく。


bali0921.jpg

 国際線と国内線の共用ゲートからの出発だが、以前は、通路のドアをしめ切って、国内線エリアとして利用していた。最近になって運用がかわり、国内線エリアからは別ルートでやってきて、国内線専用のゲートがあり、ボーディングブリッジだけを共用にするように変化している。


bali0922.jpg


 予想通り、シェルフラットシートだった。これがクラスJとして利用されている。


bali0923.jpg

 飲物はコーヒーにした。

 やがて伊丹に到着。今回の旅も無事に終了。


******************************************


 
バリ島旅行記、これで完結です。

バリ島旅行記は、HP「ユーラシア紀行」にもアップロードしました。

このブログの旅行記は、すべて「ユーラシア紀行」にほぼ同一内容で転載しています。

各旅行記は、「ユーラシア紀行」で見ると、旅程の順になっています。(ブログでは、旅程とは逆順。)また、ほとんどは1日分を1ページにしています。

そのため、旅行記をまとめてご覧になる場合は、「ユーラシア紀行」をご覧になると便利で、わかりやすいです。

このブログから、「ユーラシア紀行」への行き方は、次の通りです。

ユーラシア紀行.jpg

ブログ右上のタイトル欄の下のほうの「ユーラシア紀行」をクリックするか、

ユーラシア紀行2.jpg

ブログ右側のリンク集の欄の とんびHP「ユーラシア紀行」 をクリックするかしてください。

「ユーラシア紀行」のトップページには各旅行記へのリンクが、エリア別に作ってあるので、ご覧になりたいものを選んでください。

この旅行記は、「インドネシア・フィリピン」にある「16バリ島」にリンクしてあります。
posted by とんび at 21:23| Comment(4) | インドネシア
この記事へのコメント
おはようございます
飛行機の予約をしたときに
オットが「Jクラスにして」と言いました
1000円高いんです
ケチなワタクシはオットだけ「Jクラス」にして自分は普通の席にしました
あきれてました
こういう席なのかな?(国内線)96
Posted by trintrin at 2016年11月02日 08:27
お疲れさんでした。
成田で現地でお目にかかれたのはつい昨日のことのようです。でもたった3ヶ月前なんですね。
つぎはどこでご一緒できるか楽しみです。
Posted by shoji at 2016年11月02日 19:47
>trintrinさん

1000円高いですが、その分の価値ありですよ。快適だし、早く下りられるし、いいと思っています。普通席とファーストクラスの間にクラスJがあるのがJALの特徴ですね。伊丹・成田便は国際線の間合い利用の便があって、座席が特にいいです。
Posted by とんび at 2016年11月02日 21:03
>shojiさん

成田空港とバリ島でのオフ会から3か月ですね。長くお会いできなかったのに、突然お会いすることができてとてもうれしかったです。またほかのところでお会いできる日を待っています。
Posted by とんび at 2016年11月02日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。