2016年10月28日

スカルノハッタ空港内で1泊

バリ島旅行記8日目6回目


bali0856.jpg


 第1ターミナルでシャトルを下車したところ。右手が道路でシャトルバスなどの乗場がある。左手に店舗が並んでいて、その中に今回泊まったホテルもあった。

 だから、第1ターミナルという点がちょっと利用しづらいのだが、第1ターミナルに行くことができれば、すぐにわかる便利な場所にある。


bali0857.jpg

 泊まったドゥ・プリマホテルの入口。

 デンパサールからの便がもともとの予約便であれば20時30分ごろにホテルにたどりつくと予想される。また、変更してもらった便が遅延しなかったら、17時30分くらいにこれたはずだ。結局は変更便が1時間半遅れたために、19時の到着となった。

 JAL便に乗りつぐ場合だと、19時から搭乗手続が行われるので、1時間半遅れでも、ちょうどいいくらいにはなる。でもはじめて、この空港を利用する場合はハードルが高そうだ。

 入口を入り、2階に上がると、空港に入るときのような保安検査場があり、そこを通過しなければならない。荷物もだ。


bali0859.jpg


 写真の左側にあたるところにフロントがあり、そこでチェックイン。同じ2階の奥の方が客室になっていて、そちらに向かう。  客室は簡素なつくりで、ベッド以外には、壁際のテーブルくらか。WIFIはきちんと使えるし、ミネラルウォーターもあった。1泊だけ乗継のために使うというのであれば十分だ。

 値段も4000円程度であったので、比較的高めの印象がある空港内のホテルでは安い感じ。


bali0860.jpg

 荷物を置いて、食事に出かけた。第1ターミナルには店舗が並び、食事には困らない。とはいえ、ビールが飲めるようなレストランはないことと、まだ20時ごろだったのにすでに閉店という店舗が多いのは残念だった。

 結局、この写真の店に入店。


bali0861.jpg

  すでに閉店準備をしているような感じで、ほかに客はいなかった。


bali0862.jpg


  最初は別の料理を注文したがもう売り切れと言われ、ソトアヤムにした。

 ソトはスープで、チキンスープということだ。具がたくさん入っていて、おかずにもなる。それで、ソトアヤムとご飯だけを注文した。

 一見、細長い麺の上にネギや卵がのっているように見えるが麺ではない。細く見えるのはもやし。ほかにも野菜がいろいろ入っている。香辛料が多く使われていて、味は濃厚。


bali0863.jpg

 ご飯と飲物。飲物はよくわからない銘柄のものしかなかったが、アイスティーと言って注文した。帰りに、ホテルで飲むために、もう1本買って、あわせて30000ルピアほど。

 ホテルに戻ってからは、帰国準備。旅行2日目から1週間、熱帯スタイルの服装ですごしてきたが、久しぶりに長ズボンと靴を出す。翌朝は4時半に出発するので、寝過ごさないよう気をつけねば。
posted by とんび at 20:30| Comment(0) | インドネシア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。