2017年05月19日

永和小籠湯包

高雄旅行記3日目3回目

taiwan20313.jpg

   凱旋から美麗島で乗り換えて鹽埕埔へ。


taiwan20314.jpg

 地上へ出ると招き猫風の猫が出迎えてくれる。


taiwan20315.jpg

 5分ほど歩くと目的地の「永和小籠湯包」に到着。一瞬、ここが店?って思ってしまった。幅2〜3mの軒下だけを借りて営業しているようだ。せいろが高く重ねられ、小籠包の店だとわかる。店というよりは屋台といってよい。


taiwan20316.jpg

 様子をみていたら、空いているテーブルに案内され、座った。メニューは小籠湯包60元と酸辣湯25元、猪血湯25元だけのようで、黙っていても、小籠湯包の準備が進められた。酸辣湯、猪血湯も必要なときは注文が必要なようだ。今回は、別の店でほかのものを食べてみたいので、この店では小籠湯包だけにした。


taiwan20317.jpg

 小籠湯包は9個入り。少し小さめの感じもする。小籠湯包と言っているだけあって、具と一緒にスープが少し入っている。運ばれてきてすぐは、スープが熱すぎてほおばれなかった。

 使い捨てのプラスチックの小皿にしょうがが入れられてきたので、テーブル上の醤油と酢を入れる。
posted by とんび at 22:45| Comment(2) | 台湾