2017年04月25日

興隆居で鹹豆漿、焼餅油條、焼餅生菜

高雄旅行記2日目1回目


taiwan20201.jpg

 2日目。いよいよ普快車で台東を往復する日だ。普快車は枋寮を11時ちょうどに出発する。そのために、高雄を8時39分発の莒光で潮州まで行き区間車に乗り換えることにした。高雄発9時20分発の自強で枋寮まで向ってもよいが、少し早めに出ることにした。

 8時20分ごろには高雄車站に着くようにして、朝食を興隆居でとることにした。6時すぎにホテルを出発、後駅站からMRTで美麗島站へ。乗り換えてすぐの市議会站で下車。下車後は徒歩5分ほどで、めざす店に着いた。

 6時半ごろに着いたのだが、すごい行列ができていた。これはまずいと思った。写真で、店内に2つの札がぶらさげられているのが見えるだろうか。店内に入って確かめたら、2つは「湯包」と「焼餅」で、この長い行列は「湯包」の行列だったのだ。「焼餅」はほとんど行列ができていなかったので、「焼餅」のほうに進むことにした。


taiwan20202.jpg

 「焼餅」のほうに進むと、自分の食べたいものを選んでトレイにのせるようになっていた。「湯包」を買った人で「焼餅」の方に並ぶ人もいて、その場合は「湯包」が冷めてしまうのがちょっと難のようだ。


taiwan20203.jpg

 進んでいくと、最後にお金を払うようになっているのだが、ややこしいのは、お金を払うところで豆漿は注文するようになっていたこと。豆漿のうち、あまいものはパック詰めしてあるのを指させばよいが、からいものは伝えるしかない。シェントウシェンというと伝わって、鹹豆漿を入れてくれた。


taiwan20204.jpg

 買ったものは、こちらのコーナーで食べるようになっている。持ち帰りの人が多いからなのか、こちらは意外とすいていた。


taiwan20205.jpg

 鹹豆漿30元。

 細かく刻んだ油條や大根の漬物、ネギ、あと何かよくわからないが具がたくさん入っている。辣油が効いていて、かなりからい味。濃くてドロドロした感じの豆漿だ。


taiwan20206.jpg

 焼餅油條25元。

 焼餅は焼パン。皮はパリパリに焼かれているが、中はやわらかい。

 焼餅油條は、パンに揚げパンである油條をはさんであるのが普通なのだが、この店の場合は、さらに卵焼きもはさんであるようだ。次から次に調理されて、その都度、並べられていった。


taiwan20207.jpg

 焼餅油條を開いたところ。


taiwan20208.jpg

 焼餅生菜35元。

 焼餅生菜は、生野菜のサラダをはさんだ焼パン。こちらは作り置きなのか、ビニール袋とプラスチックケースに入れて陳列されていた。


taiwan20209.jpg

 焼餅生菜を開いたところ。

 キャベツ、レタス、キュウリ、アスパラガス、トマトなど生野菜のほか、リンゴも入っている。ドレッシングがちょっと足らなかった感じだ。焼餅に水分が混じりにくくするためかもしれない。

 この日は、あとの予定があったので「湯包」はあきらめたが、翌日、もう一度、この店に行って「湯包」に挑戦してみようと思った。
posted by とんび at 20:39| Comment(10) | 台湾