2017年04月23日

魯肉飯と肉燥飯が別々にある店

高雄旅行記1日目2回目


taiwan20111.jpg

 スクート機内では台湾の入国カードが配られなかった。いつ配るのかと思いながらすごしたら、シートベルト着用サインがでて、尋ね逃してしまった。いつもそうなのか、利用時にたまたまだったのかは不明。

 19時31分に到着。到着便の便数は桃園空港に比べてずっと少ないが、それでも20分くらい待たされそうな行列ができていた。入国審査場で入国カードを書き、常客証のゲートへ。こちらは誰も並んでおらず、すぐに入国できた。


taiwan20112.jpg


 到着ロビーに出るとすぐ目の前に携帯会社のブースがある。以前は2階の出発ロビーに上がらなければならず、わかりにくかったのだが、ずいぶん便利になった。中華電信のブースを目指したが、接客中で、隣の台湾大哥大から手招きされ、台湾大哥大の3日用SIMを購入。今回は4日間の旅だが、台湾の場合は3日用とは72時間有効なので問題ない。


taiwan20113.jpg

 空港直下にあるMRT(地下鉄)の高雄国際機場站に行き、市内に向う。MRTで市内に直結しているのが高雄のいい点だ。15分ほど乗車して、中央公園站で下車。20時半になり、ホテルに行く前に夜市で食べ歩きしようというわけだ。中央公園站は地上に出ると、出入口付近がテント風の屋根で覆われている。ここから自強夜市に向う。


taiwan20114.jpg

 駅を出て公園の南側を15分ほど歩くと、大立百貨のビルがある。LEDライトでの動きのある照明が美しい。


taiwan20115.jpg

 自強三路を南下。この道の両側に店が並ぶのが自強夜市である。別名は苓雅夜市。屋台もところどころに出ているのだが、常設の店が中心になった小さな夜市だ。

 この中で最初に目指したのが、潮州手工餛飩麺。店頭に調理場があるワンタンの店だ。


taiwan20116.jpg

 店内の様子。


taiwan20117.jpg

 餛飩乾麺、餛飩湯麺、丸子乾麺、丸子湯麺、蔬菜乾麺、蔬菜湯麺とあり、本当は麺を食べてみたいのだが、他の店でも何か食べたいので、麺はやめ、餛飩湯にした。30元。

 スープに味はあまりついていないが、餛飩の餡には濃い味がついている。


taiwan20118.jpg

 引き続いて向ったのは南豊魯肉飯。餛飩の店から少し南に行ったところだ。高雄で魯肉飯と言えば、っていう有名店なので行ってみたかったのだ。

 店頭が調理場なのだが、調理場のスペースがかなり広い。


taiwan20119.jpg

 食べるスペースは調理場のそばの屋外にもあるが、別棟の建物の中にもあり、テーブルが置かれている。かなりきれいだ。注文票に食べたいものに皿数を書くのは、台湾では標準だが、書いたのを調理場まで持っていくようだ。

 ところが、注文票を渡すと、何やら言われてしまった。どうやら、テーブルの番号も書かないとダメなようだ。そりゃ、調理場から運んできたときにどのテーブルなのかがわからないな。テーブル番号を書いて渡すと受けとってもらえた。


taiwan20120.jpg

 魯肉飯。大きな豚の角煮がのっかっている。魯肉飯といえば、豚肉のそぼろがかけてあることが多いが、ここの店では、そぼろも少しかけてあって、その上に大きな角煮なのだ。つけものものっている。角煮は柔らかく味がしみて美味しかった。

 この店にも、豚肉のそぼろご飯はあるのだが、そちらは肉燥飯としている。魯肉飯と肉燥飯は、同じような意味で使われる場合もあるが、この店では明確に区別されている。(別の店では、どちらもそぼろご飯で、味付けで区別している場合もあるようだ。)

  魯肉飯は45元、肉燥飯は30元と妥当な値段差がある。なお、この店は、持ち帰りは5元高いようで、持ち帰りだと魯肉飯は50元、肉燥飯は35元だ。

taiwan20121.jpg

 苦瓜封湯30元と魯蛋10元。

 苦瓜はゴーヤと同じ。苦瓜封は、ゴーヤの種の部分をくりぬいて、その中に魚のつみれを詰めたもの。苦瓜封湯は、そのスープだ。あっさり味で魯肉飯によくあった。

 魯蛋は煮卵。長時間煮込まれているため、味がしみ込んでいて、白味の部分の全体が外側と同じように茶色くなっているのが特徴だ。
posted by とんび at 16:34| Comment(2) | 台湾