2017年03月13日

台北街歩きとミニオフ会

昨日は、8時半ごろにホテルを出発、朝食を外食して、そのまま街歩きに突入しました。朝食に向かった先は、ホテルから数分で行ける蒸包の専門店へ。メニューは蒸包とスープだけ。両方注文しました。蒸包は小籠包と同じサイズですが、肉まんです。これが10個、セイロで蒸されています。写真を載せようと思ったのですが、昨日はうまくiPadに画像をとりこめたのですが、今日はできなくなっています。それで、今日は画像なしでアップロードです。

街歩きのスタートのために、MRTを2駅だけ乗車、大橋頭へ移動。ここは昨年、延三夜市に行くためにやってきています。昨日は延三夜市の入口は過ぎ、台北橋のたもとに向かいました。そして、淡水河にかかる台北橋を歩いて渡りました。長大橋を歩いて渡ることはよくやっていますが、その一環です。10分ほどかかって、渡り終えました。このあとは、そのまま淡水河の西側の、かつては三重市だったエリアを散策しました。いまは新北市の一部になっています。途中、賑わいをみせている中央市場にも潜入。中央市場っても、台北の中央の卸売市場っていうわけではなく、中央路に面して店が並ぶ商店街っていうことです。結構見て回るのに時間がかかり、1時間くらい滞在しました。ここは、夜は三和夜市になるというので、今度は夜にやってこようと思います。いくつかの店は昼間も夜もやっているのだと思います。

このあとMRT三和国中の近くにある義天宮という寺院へ行きました。道教寺院ですが、かなりおおきなところです。ここで正午を過ぎたので、昼食にしました。義天宮のそばに、サバヒーを食べさせる店があったので、入ってみました。食べたのは、サバヒーの面線。これは台南でも見かけたことがないメニューです。

食後は、MRTで大橋頭まで戻りました。そして、午後はまず、ディーホワジェイへ。iPadの難点は日本語にない漢字を出しにくいことです。漢字で書くと、まず由にしんにょうの字です。つぎに化、そして街です。ここは、昔風の一見、老街になっている感じなのですが、ほとんどが最近になって建てられた建物です。外見はレトロなつくりに建てているのです。ここは観光地になっていて、賑わっていました。途中でカキ氷を食べたりしていると時間がかかり、北から南まで2時間くらいかかりました。

MRT中山まで歩き、今度はMRT台北101/世貿へ。でも台北101に行ったわけではありません。台北101のすぐちかくに四四南村という昔の民家を保存して、そこを貸会場のようにしているのです。昔、工場だったところを貸会場にして使っているのに華山文創園区や松山文創園区があり、どちらも昨年行きました。それで四四南村も同じようなところかなと思って訪問しました。結果は、つまらなかったです。2つの文創園区に比べて、敷地の面積が比較にならないくらい小さく、中でおこなられていたのもパッとしないものばかりで期待はずれでした。

そして、昨日のメーンイベントです。今回の旅と時期を同じくして、ネット上で交流をしていただいているタヌキ猫さんが台北を訪問されるということで、ミニオフ会をしました。第1部は、小籠包などを食べたり台湾ビールを飲んだりして盛り上がりました。タヌキ猫さんとは、以前に成田空港でお会いしたことがあり、2度目です。旅行の話や飛行機の話、台湾の話などいろいろしました。そして、第2部は、夜市にいきました。行ったのは、公館夜市と師大夜市です。小籠包などをたくさん食べていましたので、買い食いはあまりできなかったのですが、夜市の雰囲気を味わいながら、お話を続けました。タヌキ猫さん、ありがとうございました。

本日は、ほとんど帰るだけです。それでも、これから朝食を外食してこようと思います。朝食から戻って、ホテルをチェックアウト。台北駅から桃園機場捷運で空港に向かいます。
posted by とんび at 06:50| Comment(4) | 台湾