2017年03月12日

台北に到着後、開業したての鉄道で市内へ

image.jpg

台北にやってきました。関西発台北桃園行きのJAL便は、予想通りラッキーアップグレードでした。エコノミークラスの安い航空券だったのですが、ビジネスクラスを利用できてよかったです。桃園空港に到着後は、常客証のおかげで、入国審査場を誰も待つことなく通過。20分くらい短縮できました。simは今回は遠伝にしました。行列がなかったからです。

そして、桃園空港捷運の駅に向かいました。表示はわかりやすく、迷わずに駅に行けました。ユーユーカードや高雄のカードで乗れるので、切符を買う必要はありませんでした。空港から台北駅まで160元ですが、3月中は半額の80元になっています。ホームにいくと普通車がきたのですが、見送って次の直達車に乗りました。普通車は通勤電車のようなロングシートですが、直達車は写真のようにクロスシートです。38分で台北駅に到着しました。ただ、台北駅の位置がよくなく、地下鉄に乗り継いだりするためにはかなり歩かされます。ソウルの空港鉄道をご存知の方は、ソウル駅での空港鉄道と地下鉄の乗り継ぎを思い出してください。それと同じくらい歩かされます。

台北到着後、台鉄でホウトンに向かいました。ひとつ手前の瑞芳までは、プユマ号に乗りました。初めての利用です。そのあと平渓線の列車でホウトン着。猫村と炭鉱あとなどを見に行きました。帰りは区間車で台北に戻りました。台北駅の近くで夕食をとってからホテルにいきました。ホテルで一休みしてから、久しぶりに臨江街夜市にいきました
posted by とんび at 02:29| Comment(16) | 台湾