2017年03月10日

機場捷運に乗りに台北へ 往路便は「いいこと」あるかも

metro.jpg


 桃園空港と台北駅を結ぶ桃園機場捷運(MRT、メトロ)がついに開業しました。本来なら、2、3年前に開業していたはずなのですが、延びに延びました。でも、今度は本当に開業しました。2月24日にプレ開業ということで、運賃無料で開業しました。そして3月2日からは有料で正式開業です。3月中は運賃が半額に割引されているようです。

 何度となく、これが桃園空港と台北駅を結ぶバスの乗り納めと思って乗車したことでしょう。でも、昨年11月に乗ったのが最後となりました。そして、開業したメトロに乗車することを大きな目玉として、台北に行ってきます。直達車(急行)だと、38分で台北駅まで行けるようです。また、昼間は15分間隔で直達車が運転されているようです。

 メトロ乗車以外は、いつもの台北訪問と同じく、B級グルメ中心の旅を考えています。特にどうしても行きたいという観光地はありません。新たな興味深いスポットがあれば行きたいとは思っていますが。台北についた初日には、今まで行きたくてなかなか機会がなかった、ホウトンに行ってこようかなと思っています。猫村ですね。どんなところか興味があります。

 あと、今回はJALで行くのですが、ひょっとすると往路の台北桃園行きの便では「いいこと」があるかもしれません。というのは、エコノミークラスをダイミックセーバーで購入し、座席も予約していました。それが、さきほど座席を確かめてみると「予約中」とだけ表示されて、指定したはずの座席番号が消えているのです。シートマップを見ても、座席指定した席もなぜだか、措定したことにはなっていません。何か「いいこと」があるんじゃないかと期待しています。
posted by とんび at 19:18| Comment(4) | 台湾