2016年07月31日

移転した丸安そば

那覇・石垣旅行記2日目6回目


okinawa6259.jpg

 2000年に初めて沖縄にきたときにやってきた丸安そば。半分屋台のような感じで、調理は建物内だが、食べるのは屋外につくられたカウンター。東南アジア的な雰囲気に満ちた店だった。

 また行こうと思っていたが、2016年2月に閉店してしまった。でも、近くで再オープンしたという情報も得て、行ってみることにした。以前の店はバラックだったが、その面影はない。

 でも、道路に面したカウンター席もあり、その部分だけは、以前の様子に似ている。ただ、新しい店は屋内の席がメインで、冷房のきいた屋内に入った。屋内のカウンター席に座った。


okinawa6260.jpg

   最初は場所がよくわからなかったが、〇に安のネオンでわかった。でも店の雰囲気はかなり違うなぁ。


okinawa6261.jpg


 食券の自動販売機もボロボロのものから新しいものになっていた。


okinawa6262.jpg


 選んだのは、もやしそば。もやし炒めが大量に乗っている。ステーキを食べた後だが比較的あっさりしているので食が進んだ。紅しょうがが置かれていて、トッピングしていただく。


okinawa6263.jpg

 以前、丸安そばがあった場所に行ってみた。丸安そばのずぐ近くにあった農連市場は全部が解体され、更地になっていた。丸安そばは、農連市場の外ではあったが、市場の再開発とあわせて再開発のエリアに入ったようだ。丸安そばもだが、農連市場は沖縄の中でも一番、東南アジアの香りのするところだったので、再開発のあと、どのような商業施設ができるのか気になる。


okinawa6264.jpg


 再開発のための工事の看板。4年ほど沖縄から遠ざかっていたが、もう少し、1年でも早くきていればなと少し悔やまれる。


okinawa6265.jpg


 コンビニでオリオンの夏季限定版のビールを買って帰り、宿で飲む。ゆいレールの始発より早く出発し、ゆいレールの終発近くの便で宿に戻るという、長かった一日が終了。
posted by とんび at 21:02| Comment(4) | 沖縄

ジャッキーステーキハウス

那覇・石垣旅行記2日目5回目


okinawa6248.jpg

 20時すぎに宿を出て、ジャッキーステーキハウスに向った。

 沖縄はアメリカ統治時代にステーキが入り込み、沖縄料理の一角に食い込んでいて、ステーキ専門店が多い。本土に比べて値段の割に量が多い。今まで国際通りにある老舗のローハイドやサムスでいただいたことがあるが、今回は、有名店のひとつで、ネット仲間のshojiさんがよくいらっしゃるジャッキーステーキハウスが気になって行ってみることにした。ここも老舗で1953年の創業だという。

okinawa6249.jpg


 外から見ても客であふれかえっていたが、中に入って、あまりの多さに唖然。そして、カウンターの表示を見て、ガァ〜ン。待ち時間90分だという。

 このとき20時30分。90分ということは22時か。ま、いい。ゆっくりしようと、横に置いてあった待ち客リストに名前を書く。今、呼び出されてるのが左側の紙の左の列で、名前を書いたのは右側の紙の右の列だった。ちょうど、入口近くのベンチに座っていた客の順番がきて、座ることができただけでもよかった。


okinawa6250.jpg

 レトロ感あふれるメニュー。ほかに紙に印刷された写真入りのメニューもあり、人気No1はテンダーロインステーキ、No2はニューヨークステーキ、No3がハンバーガーステーキだという。テンダーロインとニューヨークは、ニューヨークのほうが脂身が多めだということだ。せっかくだからということと、脂身が苦手ということでテンダーロインステーキのLを注文することにした。
 
 沖縄らしいと思うのは、メニューの中にスキヤキや泡盛があることか。スキヤキは、肉と野菜の鍋ことで、本土のもととは異なる。ABC3種のランチがあるのも沖縄的だ。


okinawa6251.jpg

 店内は、昔の食堂って感じでレトロ感あふれている。満席であるが、結構回転率が高い。これだと、40、50分くらいで席にありつけそうだ。

 席があいて客が呼ばれるたびに、何番何人という声がするのだが、このとき外国人なら、何番何人、英語です、となること。英語対応の店員がいるのだろう。3組に1組以上は英語だった。外国人は、東洋系と西洋系が半々で、街中でみるより西洋系の割合が高い。米軍関係者にも人気があるのかもしれない。


okinawa6252.jpg

 創業当時の写真だろうか。場所は現在とは別のところらしい。


okinawa6253.jpg

 Aサインマーク。AはapprovedのA。衛生状態もよくなったころだけに、基準をクリアした店として、米軍人に利用を許可するということだろう。4つの隅のマークは陸海空軍と海兵隊かな。番号14ということは、かなり若い番号で老舗であることの証しでもあると思う。沖縄復帰とともに意味のなくなった証明だが、老舗であることを示す役割は今も果たしている。

okinawa6254.jpg

 40分待ちで席につけ、テンダーロインLと生ビールを注文。生ビールが先にやってきて、のどをうるおす。


okinawa6255.jpg

 ステーキが焼き上がる前に、サラダ、スープ、パンが運ばれてきた。ステーキは少し時間がかかるようで、先にこれらをいただく。

 スープは一見、ポタージュかクリームシチューのように見えるがどちらでもない。独特な味がするスープだが、1回いただいただけではよくわからない。

 パンかライスでパンにしたのは、今回は、ステーキをいただいたあと、そばを食べに行きたいと思っていたので、量が少なそうなパンにしたわけ。


okinawa6256.jpg

 そして、やってきたステーキ。Lは250gだという。確かに脂身がほとんどなく、食べやすそうだ。

 タマネギとポテトがついている。


okinawa6257.jpg

 ミディアムで注文。外側はよく焼け、中はレアに近い感じ。柔らかくてよかった。

okinawa6258.jpg

 席の横には、具志堅用高が世界チャンピオンになったときの記念の泡盛が置いてあった。

 ステーキと生ビールあわせて3000円。クレジットカード不可だったが、消費税込みの値段表示だったので、小銭が多くならずよかった。
posted by とんび at 11:12| Comment(8) | 沖縄

2016年07月30日

石垣から那覇に戻る

那覇・石垣旅行記2日目4回目


okinawa6238.jpg

 離島ターミナルから空港まで直行バスがあるので、帰りは利用してみる。ノンストップで30分。30分毎に運転されている。運行会社はカリー観光バス。2016年7月からは値下げで片道500円になったという。


okinawa6239.jpg

 14時50分発のバスは、乗客は自分1人だった。大丈夫なのだろうか。


okinawa6240.jpg

 15時20分着。保安検査場を通り、待合室で待つ。


okinawa6241.jpg

 16時25分発の那覇行きに搭乗。

okinawa6242.jpg


 搭乗機はかつての南西航空の塗装。


okinawa6243.jpg


 機内。


okinawa6244.jpg


 離島便は飛行機の入口でキャンデーのサービスがあるが、飲物サービスはほとんどなかったと思う。このときは、シークワーサージュースのサービスがあった。


okinawa6245.jpg


 JTAはJALとは別の機内誌を出していて、機内で見ることができる。


okinawa6246.jpg


 那覇着。ゆいレールの那覇空港駅で外国人観光客向けのSIMの自動販売機を見つけた.Micro SIMとNano SIMがあり、そちらも6日有効で4000円。ちょっと高いかな。それに設定は簡単にできるのか気になる。


okinawa6247.jpg

 ゆいレールを小禄で下車。駅と陸橋でつながっているイオン那覇店へ。土産物などをここで購入した。

 買物をすませて、再度ゆいレールに乗って、宿には19時ごろ戻り、1時間ほど休憩。
posted by とんび at 22:46| Comment(2) | 沖縄

辺銀(ペンギン)食堂と石垣島冷菓

那覇・石垣旅行記2日目3回目


okinawa6228.jpg

 石垣港に着くと、すぐに辺銀食堂をめざす。「辺銀」と書いて「ペンギン」と読む。この店は、石垣島ラー油の製造元として知られ、5色の水餃子が名物料理だ。

 2007年、08年と訪問して餃子をいただいている。石垣にやってきたからには、と久しぶりに訪問。以前の入口は、建物の前の道路に面した部分の右端だったが、今は左端から横に回ったところが入口だ。


okinawa6229.jpg


 店内の様子も以前とはかなり違っている。


okinawa6230.jpg


 餃子をいただくつもりだったが、ランチセットがあり、そちらにしてみた。メインは選ぶことができ、ジャージャー丼にした。それに餃子3個、アーサ汁、小鉢(この日はマンゴー料理だった)、デザートがついていて、1300円。


okinawa6231.jpg


 地ビール「石垣島の黒ビール」を飲んでみた。冷えていて気持ちいい。700円。


okinawa6232.jpg


 餃子3個は白、緑、黄だが、餃子を単品で注文すると10個ついていて、黒と赤が加わる。いずれも野菜をメインにしたものであっさりとしている。これに石垣島ラー油をつけていただく。


okinawa6233.jpg


 最後に、ペン茶が出された。グァバ、レモングラスなどをブレンドした、店オリジナルのお茶のようだ。ペンギンの名をとってペン茶なのだろう。さわやかな感じのお茶だ。


okinawa6234.jpg


 続いて、石垣島冷菓をめざした。確か、ペンギン食堂のすぐ西の通りを北へ進めばよいと記憶していた。まだかまだかと歩いていると、突然、目の前に店が現れた。


okinawa6235.jpg


 小学校低学年用の机と椅子を再利用しているのだろうか。少し窮屈だ。


okinawa6236.jpg


 ぜんざいを注文。下に小豆が入っていて、黒蜜がかかっている。


okinawa6237.jpg


 小さな餅も入っていた。結構な量があって、時間をかけていただいた。食べている間に地元客がお持ち帰りでぜんざいを買っていく。

 食後は、あやぱにモールなどを歩きながら、離島ターミナルにある空港行きのバス乗り場に向う。那覇から石垣日帰りは初体験だがかなり忙しい日程だ。やはり石垣まできたからには、食べたいものもまだまだあるし、1泊くらいはしたいところだ。
posted by とんび at 10:13| Comment(2) | 沖縄

2016年07月29日

竹富島散策

那覇・石垣旅行記2日目2回目

okinawa6210.jpg


 離島ターミナルでは出発便の電光表示板がなくなっていた。どうしてだろう。

 9時30分発の安永観光の竹富島行きに乗船。船はかなり大きな船だ。


okinawa6211.jpg


 バスでもらった割引券のおかげで340円で片道切符を買う。往復だと割引が少しあるが、帰りは、時間によっては、石垣島ドリーム観光の船に乗る可能性があり、片道だけ買った。


okinawa6212.jpg


 15分で竹富島着。港からは、ビーチ行きと集落行きのバスが待機していたので、集落行きに乗車。集落へは200円。


okinawa6213.jpg

  集落というバス停はなく、街並み館で下された。帰りの便は、15分前までに電話をかけて予約しなければならないとのことだ。

 街並み館は観光施設ではなく地元向けの公民館。カギがかかっていて、トイレだけを利用。


okinawa6214.jpg


 民家の赤瓦の上にはシーサーがいる。


okinawa6215.jpg


 あたり一面、赤瓦の民家が並び、道は白い砂が敷いてある。赤と白のコントラストがいい。


okinawa6216.jpg


 なごみの塔。1953年6月25日と彫られている。この上から集落が見渡せ、赤瓦の民家を一望できる。塔の上は狭くて2人だけ立てる。階段は傾斜60度ほどで、段差が大きく、上り下りは結構怖い。


okinawa6217.jpg


 なごみの塔の上から見た集落。


okinawa6218.jpg


 水牛車で回る観光客。


okinawa6219.jpg

 沖縄電力の施設だが、周囲への配慮で赤瓦を使っている。


okinawa6220.jpg


 集落への入口には大きな木があり、根の部分には石垣がある。スンマシャーとよばれ、病魔や凶事が入るのを防ぐためらしい。


okinawa6221.jpg


 西桟橋。1938年につくられ、画像に写っている西表島にわたるために使われたりした。1970年ごろまで使われたが現在は夕陽をみたりする観光地になっている。


okinawa6222.jpg


 「竹の子」でそばを食べていくことにした。この店は、2008年に利用したので、また立ち寄ってみることにした。


okinawa6223.jpg

 店内。


okinawa6224.jpg


 そばとジューシーのセット。もずくとミニデザートつき。

 ジューシーは炊き込みご飯のこと。豚肉からだしをとっていて豚肉が入っているのが特徴。

 この店では自家製のピィヤーシを売っていて、前回来た時に買ったものを今も使っている。


okinawa6225.jpg


 水牛車を出しているのが新田観光。ここで帰りの港行きのバスを予約。水牛車の待合所でバス待ち。

 12時発のバスで港へ。行き帰りともバスは乗客は自分だけだった。


okinawa6226.jpg


 12時30分発の船で石垣へ。この船は石垣島ドリーム観光の船だったので、行きに往復券を買わなくて正解だった。


okinawa6227.jpg


 乗船した船。行きに比べると、ずっと小さな船だ。石垣まで15分ほど。
posted by とんび at 23:54| Comment(6) | 沖縄

5時に食堂にでかけ石垣へ

那覇・石垣旅行記2日目1回目


okinawa6201.jpg

   2日目は日帰りで石垣島を往復する。石垣島では、竹富島の散策と石垣市街での昼食をするつもりだ。

 時間を有効に使いたいと思って、那覇発石垣行は7時20分発の始発を予約している。1時間前に空港に着こうとすれば、ゆいレールの始発に乗車しなければならない。ゆいレールの始発は旭橋で6時4分だ。

 そこで、それまでに朝食をすませようと、宿を5時すぎに出て、24時間営業で有名な食堂、みかどに行ってみた。2000年に初めて沖縄旅行をしたときに利用して以来、16年ぶりになる。


okinawa6202.jpg


  チャンポンを注文。沖縄でチャンポンは、麺ではなく、ご飯ものだ。肉入りの野菜炒めを卵でとじて、ご飯と混ぜたのが、沖縄のチャンポンだ。

 24時間営業とはいえ、この時間は従業員が少ないのか、出来上がるのにかなり時間がかかった。15分ほど待った。量もかなり多めで、食べるのにも時間がかかった。


okinawa6203.jpg

 県庁前駅からなんとか始発のゆいレールに乗車することができた。


okinawa6204.jpg


 那覇空港でもいつのまにか、保安検査場に優先レーンができていた。素早く通過することができてよかった。

 制限区域に入ってからラウンジで休憩。オリオン生ビールをいただいたりして、搭乗待ち。


okinawa6205.jpg


 搭乗機は、じんべいざめを模したじんべいジェット。色はピンクだったが、同じデザインで水色のものもあるようだ。7時20分発。


okinawa6206.jpg

 50分ほどの飛行で石垣空港に8時10分到着。石垣空港が新しくなってから初めての利用だ。
 以前は、搭乗、降機のさいに飛行機とターミナルの間を歩いたのだが、ボーディングブリッジができている。
 新空港の内装も初めて見るので新鮮だ。外観もとてもきれいだ。国際線ターミナルが小さながらも新設されている。


okinawa6207.jpg


 乗車した東運輸の路線バス。このほかに、別会社が空港と離島ターミナルの間を直行バスを運行している。こちらは復路で利用しよう。運賃は540円。1日フリーパスや往復切符を買えば、1000円で、すこし安上がりになるが、復路は直行バスに乗りたいので、フリーパスも往復切符も購入しない。8時30分発。


okinawa6208.jpg


 安永観光の船に乗るなら、260円割引になるというに券が希望者に渡された。


okinawa6209.jpg


 9時15分、離島ターミナルに到着。
posted by とんび at 06:39| Comment(4) | 沖縄

2016年07月28日

久しぶりの泡盛

那覇・石垣旅行記1日目3回目


okinawa6121.jpg

 旭橋駅のそばに那覇バスターミナルがあるが、ちょうど工事中だ。このバスターミナルは巨大で、どことなく東南アジア的な雰囲気のするバスターミナルで自分好みだったのだが、工事後できる新ターミナルはどんなになるのだろう。


okinawa6122.jpg


 駅とバスターミナルの間にあるのが、あさひ21。今回2泊する宿だが、本来は、月ぎめ週ぎめの長期滞在者向けの宿のようだ。1階は居酒屋になっていて、宿泊手続きは居酒屋でおこない、カギも店でうけとる。


okinawa6123.jpg


 部屋は簡素だが、長期滞在者向けにキッチン、洗濯機、電子レンジなども備えている反面、歯ブラシなどが置いていないのが特徴だ。なお、ネット接続が有線LANのみだった。パソコンではなくi-Padを持参していて、しかも、有線LANをWiFiにかえる装置を持参しなかったのでネット接続できなかったのが悔やまれる。


okinawa6124.jpg

 部屋で1時間ほど休憩したあと、ゆいレールでサマーフェスタ会場に最寄り駅の赤嶺に向う。赤嶺駅のすぐそばに那覇基地の旧正門だったところがあり、そこから基地内に入る。うちわをいただく。


okinawa6125.jpg


 ちょっとした広場があり、そこが会場だった。部隊ごとの参加も多いようで、いろいろなのぼりが見られた。


okinawa6126.jpg


 広場の中央にステージが設けられている。まわりには関係者の席があり、グループごとに集まりができている。1時間ほど滞在のあと会場を退去。


okinawa6127.jpg

 ゆいレールで県庁前まで行って、久しぶりにカラカラへ。泡盛を多くとりそろえた居酒屋だ。はじめての居酒屋には行きにくいが、以前、那覇に行くたびに訪問していたので安心できる。


okinawa6128.jpg

 最初に那覇の久米仙をグラスで。


okinawa6129.jpg


 つきだし。つきだしの制度は好きじゃないが、でてきたつきだしは結構ボリュームがあり、最初のメニューを何にするか考える手間がはぶけてよかった面もある。


okinawa6130.jpg


 次に久米島の久米仙をグラスで。久米仙は那覇と久米島の2つがある。どちらも癖がなく飲みやすい。


okinawa6131.jpg


 マーマチのカルパッチョ。白身のあっさりした魚で美味しくいただいた。


okinawa6132.jpg


 カウンターに並ぶ泡盛たち。泡盛と料理をもう1種類づついただこうと思っていたのだが、波布食堂の肉そばが強烈すぎて、すでにお腹がいっぱいになってきたので、夕食はここまで。宿に歩いてもどった。
posted by とんび at 19:46| Comment(0) | 沖縄

2016年07月27日

波布食堂リベンジ

那覇・石垣旅行記1日目2回目

 
okinawa6109.jpg

 久しぶりの那覇空港。沖縄へやってきたという実感がわく。

okinawa6110.jpg


 ゆいレールの駅へ。ゆいレールはいつのまにか、自動改札機がバーコード式になっていた。バーコードを読み取り部分にあてて、自動改札機を通過する形式だ。

 
okinawa6111.jpg


 ホテルは旭橋駅のそばだが、ホテルには立ち寄らずに最初の目的地である波布(はぶ)食堂に向おう。波布食堂の営業が11時から17時で、しかも日曜は定休。明日、土曜は石垣に行くのでこれない。ということで17時までには行きたかったからだ。 

okinawa6112.jpg

  車内で、航空自衛隊那覇基地でサマーフェスタ2016がまさにこの日にあることが判明。フェスタそのものは盆踊りなどだろうが、那覇基地に入れる機会はほかにないので、フェスタに行ってみよう。

 
okinawa6113.jpg


 旭橋で下車後、沖縄のICカードであるOKICAを購入した。ゆいレールのほかバスにも使える。沖縄のバスは結構、小銭がたくさんいるので、このカードは役立ちそうだ。カード代500円も入れて購入。

 
okinawa6114.jpg

 旭橋で下車後、駅を眺める。サンシャイン通りを西に向う。

okinawa6115.jpg

  10分ほど歩くと、那覇港のエリアにやってきた。港の一角に波布(はぶ)食堂はあった。食堂と同じ建物の中に港湾労働者の休憩所もあり、港で働く人たちが主な顧客なのだろう。

 この食堂には、2010年にもやってきたのだが、そのときは土曜日だったが、お休みだった。よって今回はリベンジ。

 
okinawa6116.jpg

 食堂の中。

 
okinawa6117.jpg

 この食堂に限らず、沖縄の飲食店では、「島とうがらし」が置いてある。とうがらしを泡盛につけた調味料だ。

 
okinawa6118.jpg

 肉そばを注文。具が山のようにそびえる肉そばだ。具は肉入りの野菜炒めだが、料理名は肉そば。

 ほかのメニューも半端なく量が多い。普通の2倍から3倍の量があるようだ。


 
okinawa6119.jpg


 具を別の皿に移していき、ようやくそばにたどりついた。

 
okinawa6120.jpg

 残念ながら完食できなかった。敗因は昼食をしっかり食べながら、夕食時間には早い時間に食べようとしたからだろう。次回はなんとしても完食しよう。
posted by とんび at 21:45| Comment(4) | 沖縄

2016年07月26日

羽田経由で那覇

那覇・石垣旅行記1日目1回目


okinawa6101.jpg


  長らく続いたソウル発券。記録を見ると2004年に、ビートルで韓国に渡り、帰りはソウル発の航空券で帰った。このときから、延々12年間、ソウル発の航空券ループを続けてきた。最初はソウルから単純往復、続いて金額的に有利だった大阪、東京経由で旭川往復、そして大阪、東京経由バンコク往復ビジネスと変わった。しかし、2015年、JALの関西/金浦が運休になってことで、ソウル発東京、大阪経由バンコクとなった。これは訪韓のさいにいちいち東京に立ち寄る必要があり、しかも、これまで、ソウル発券は1年有効だたのが、この券種は6か月有効になった。6か月のうちにバンコクとソウルの両方に行くのはかなり苦しかった。そして、ついにこの券種は韓国居住者でないと買えないことになった。これを機会にソウル発券をとりやめることを決心した。


 今回の旅は、伊丹/羽田間は、その一部利用だ。羽田/金浦は放棄する。無断放棄はルール違反なので放棄の連絡をした。羽田に着いたとき、これで12年続いたループが終ったと思うと、自分の旅行史のひとつのピリオドとして、ちょっと感慨深かった。

 羽田では那覇行きに乗り継ぐために少し時間がある。ラウンジに行くのだが、この旅の2週間ほど前からカレーパンが置かれるようになったという情報を得ていたので、カレーパンが楽しみだった。


okinawa6102.jpg


 「JAL特製焼カレーパン」と銘打っているように、よくある揚げカレーパンとは違っている。ただ多少は油が手についた。カレーの油が出たのかな。そして、以前はなかったので、カレーパンと同時に搭乗したのだろうか、オニオンスープがあったので、これもいただいた。


okinawa6103.jpg

 カレーパンの中身。画像の通り、カレーがとても多く入っている。今まで食べたカレーパンの中でも特にカレーが詰まっている。このカレーは国際線ラウンジで出されているカレーと同じルウでつくっているとのこと。美味いはずである。


okinawa6104.jpg


 これも今までなかったのだが、味噌汁がでていた。おにぎりは以前からあったのだが、おにぎりがあっても味噌汁がなかったのが残念だった。今回ははじめて、味噌汁とおにぎりを合わせていただくことができた。那覇行きはファーストクラス利用で、機内食が出るのでラウンジ飯はこのくらいにしておく。


okinawa6105.jpg


 羽田/那覇はファーストクラス利用。これまで、伊丹/羽田でクーポンを利用してアップグレードしてファーストクラスを利用したことは何度かあるが、今回ははじめて有償でのファーストクラス利用だ。そして羽田/那覇という国内線最長路線で利用だ。ポイント目的での利用なのだが。うまくJALの戦略に乗せられているのかもしれない。


okinawa6106.jpg


 最初にシャンパンをいただき、あとで赤ワインをいただいた。


okinawa6107.jpg


 食事は昼食時間帯で、冷麺だった。麺は茶そばというのが珍しい。

 伊丹/羽田はファーストクラスといっても、あわただしく機内食をいただけば、もう着陸態勢になるので、シートを倒す余裕はない。今回は機内食のあと1時間ほどシートを倒して居眠りすることができた。今回はファーストクラスを利用する価値ある搭乗時間であった。


okinawa6108.jpg


 いよいよ4年ぶりになる沖縄にやってきた。沖縄本島の最南端の喜屋武岬付近から西海岸沿いに北上し那覇空港へと高度を下げていった。画像の中央付近には激戦地だった摩文仁の丘も見える。まもなく那覇空港着。
posted by とんび at 21:20| Comment(0) | 沖縄

2016年07月24日

帰宅しました

さきほど2泊3日の沖縄旅行より帰りました。4年ぶりの沖縄、また4年ぶりの国内旅行でしたが、たまにはパスポートをもたない旅もいいものですね。パスポートがないだけでも気分が楽な面がありますし、現地へつけばまずSIMを買うとかいう作業も必要ないし、両替も必要ないし。それでいて、沖縄の場合は、本土とは違った食べ物や言葉があって、プチ海外旅行の気分も味わえていいと思いました。

今回は、飛行機にかかわることで、いくつか面白いことがありました。今日は、那覇から羽田乗継で伊丹までJALに乗ったのですが、那覇から羽田に着いたのが15番ゲートでした。保安検査場ででてきたレシートを見ると伊丹行は15番ゲートでした。結局同じ飛行機で那覇、羽田、伊丹と飛びました。那覇便が伊丹便にかわるとは思ってもみなかったので、面白い経験ができてよかったです。昨日は那覇から日帰りで石垣に行ったのですが、開港からもう3年もたってはいますが、新しい石垣空港を見て、ずいぶん変わったものだと思いました。ブリッジができたので、飛行機からターミナルへの歩いての移動がなくなったのは、ちょっと残念でしたが。あと、石垣から那覇へのJTAは、かつての南西航空の塗色で、乗ったことがない南西航空に乗った気分になれました。

また、久しぶりに、かつて行った店を何店か再訪問してきました。こうしたことも含め、明日から旅行記をはじめますので、よろしくお願いします。
posted by とんび at 22:55| Comment(4) | 沖縄