2016年05月08日

ホテルに到着

台北旅行記1日目2回目

taiwan18108.jpg

 台北桃園空港に到着。大陸からの便が大幅に増えて、入国審査場は長い列。並んでからもどんどん列が伸びていく。今回はいままでの訪台では最長の40分待ちになった。

 税関は通過するだけ。このあと、SIMカードの売場へ。桃園空港では3社の売場が並んでいるが、最近は中華電信のカードを使っている。今回も中華電信を利用した。いろいろな種類があるが、3日間の滞在なので、最安の3日で300元のものを購入。72時間、ネットが無制限に使え、100元分の電話料金がついている。


taiwan18109.jpg

 国光客運の1841系統、桃園機場から松山機場行きに乗車。悠遊カードを利用できるので、切符を買う手間も不要。

 同じ国光客運の台北車站行きは、空港を出てすぐに高速道路に入り、40分ほどで台北車站に到着するが、この松山機場行きのバスは10kmほど一般道を走ってから高速道路に入るため、時間が読めない。今回も、高速に入るまでに30分ほどかかってしまった。でも、台北市内まで台北車站行きは125元なのに対し、松山機場行きは83元と安い。


taiwan18110.jpg


 高速道路に入る少し前に渋滞があり、そのとき、偶然バスの横に、鴻海精密工業の工場があったので撮影。最近、シャープを買収したことで有名になったが、台湾最大の企業であり、アップル社のi-phoneやi-padを製造している。

 帰国後調べたら、世界に6か所あるテレビ工場の1つが桃園市にあるというので、テレビ工場だろうか。また、「富士康」は子会社で、FOXCOONは鴻海電子工業の英語名であるようだ。


taiwan18111.jpg

 民権西路と中山北路の交差点で下車。写真中央の茶色い建物が宿泊するサンルート台北。以前は定宿であったが、しばらく利用しておらず、4年ぶりだ。


taiwan18112.jpg

 下車後5分で到着。(撮影は夜の外出時)


taiwan18113.jpg


 室内。久しぶりに泊まって、こういう感じだったと思い出した。系列の日本のホテルと同一仕様で使いやすい。


joutousyou.jpg


 ネットを利用できることを確認したあと、すぐに「常客証」の申請を行った。1年のうちに3回、台湾に入国した人が申請でき、これを見せると、出入国審査のさいに特別レーンを使える。

 前年は5月2日と7月18日に入国していて、今回は4月29日入国で、かろうじて1年のうちに3回という条件をクリアできた。でも、帰国後となれば、5月1日となり、日曜日なので、うまく手続きできなければ5月2日となり、1年のうちに3回という条件にあてはまらなくなるので、申請を急いだのだ。

 簡単に申請できたのだが、最後に印刷までするようになっていた。印刷は、別の機会にもできるようになっていたので、印刷だけは帰国後に行った。印刷ができていれば、今回の旅行の帰国時にも利用できたのでちょっと残念。次回の訪台からは「常客証」を使ってスムーズに出入国しようと思う。

 このあと、少し眠ってから外出しようと昼寝。結局、3時間くらい眠ってしまい、夕食のために外出するだけになった。
posted by とんび at 10:01| Comment(2) | 台湾