2016年03月27日

日本に移転した「カステラ・ド・パウロ」のポルトガル菓子

京都の北野天満宮の鳥居のすぐそばにある、ポルトガル菓子のお店「カステラ・ド・パウロ」に行ってきました。


11.jpg

古い酒蔵を利用したお店で、知らないとポルトガル菓子のお店とは想像できません。

「カステラ・ド・パウロ」は、かつてはリスボンにお店を構えていました。リスボンのお店には2度訪問していて、お土産を買い、店内でお菓子をいただきました。その時の記録は↓にあります。

↑にも書いていますが、リスボンのお店は、ポルトガル菓子を広めにやってきたパウロさんが、長崎でカステラに出会い、カステラ修行されたあと、ポルトガルでカステラを製造、販売するために開店されたお店です。ずっと、リスボンでお店が続いていると思っていたのですが、1年ほど前、リスボンのお店を閉じて、かわりに京都でお店を開店されました。京都のお店では、カステラの原型のようなパォンデローをはじめとしたポルトガル菓子を製造、販売されています。

12.jpg


1階には、お菓子の製造スペースと販売コーナー、少しですがテーブルが置かれています。2階にもテーブルが置かれ、2階に上がりました。2階には、ポルトガルのアズレージョや人形なども置かれ、ポルトガルムードであふれています。


13.jpg

注文したのは、おすすめだと言われた、食文化比較プレート。カステラと3種類のパォンデローのセットです。パォンデローにはカステラに近い焼きあがったものものと、中身が半熟になったものがあります。セットには焼きあがったもの1種類と半熟のもの2種類があわさっています。

どれも美味しかったです。本当は、ナタやバカリャウ(干しタラ)のコロッケなども食べてみたかったのですが、食文化比較プレートのボリュームが結構あったので、ナタなどは食べられませんでした。またの機会にいろいろいただこうと思います。


14.jpg

飲み物は、ガラオンにしました。ガラオンはエスプレッソと牛乳をまぜたもので、カフェオレとほぼ同じです。特徴的なのはガラスのコップに入っていることです。ガラスのコップに入っていますが、暖かい飲み物です。


15.jpg

最後に、販売コーナーでお土産を買いましたが、食べたいものがたくさんあり、決めるのに苦労しました。リスボンのお店にも行って、お菓子をいただいたり、お土産を買ったことを伝えると、喜んでくださいました。
posted by とんび at 21:39| Comment(2) | ポルトガル

2016年03月23日

JAL JGPカード&ANAラウンジカード到着

昨日、2016年用のJALのJGPカードが到着しました。昨年と同じデザインで2015が2016に、有効期限03/16が03/17になっているだけです。


jgccard.jpg

封筒には、このカードのほかに、国内線ファーストクラスのアップグレード券が2枚入っていましたが、2016年度限りのようでちょっと残念です。毎年、このアップグレード券は伊丹・羽田間で使っていますが、できたら少し距離のある区間で使ってみたいです。

このカードの最大の用途は、海外でワンワールドの航空会社のラウンジを利用するときに提示することです。JAL利用の場合、搭乗券に資格が明示されているので、さくらラウンジなどを利用する場合は問題がないのですが、ワンワールドやその他の提携会社のラウンジを利用する場合は資格を証明することが必要で、その際に使います。他の用途としては、国内線の搭乗手続のさいにクラスJクーポンを引き落とす場合などで使っていますが、この場合はJGCつきのクレジットカードでも可能です。

一方、2週間ほど前に、2016年用のANAのラウンジカードが到着していました。

sfccard.jpg

こちらは、昨年とはデザインが変わりました。変わったといっても、一昨年までのデザインに戻ったのですが。

昨年のカードとの違いは、2016という表示が入ったことと、文字の大きさが変わったことです。昨年は、一昨年までのデザインのほうが良かったのに、と思ったのですが、ANAの担当者もそう思ったのか、あるいは意見が寄せられたのか、今年は一昨年までのデザインに戻りました。


sfccard2.jpg

一昨年までのデザインは、ずっと以前から踏襲されていたのですが、一番下に書いてある Airline Code: NH はずっと以前はありませんでした。このカードはラウンジカードと呼ばれていますが、実際には、スターアライアンスや提携会社のラウンジを利用するときに提示することが主な用途です。きっと、ANAというのがよくわからずに、ラウンジへの入室を拒否される事態があって、NHの表示がされるようになったのでしょう。

ラウンジ入室用のカードとはいえ、ほかの用途にも使えるようですが、その範囲は、ANAをほとんど利用していないのでよくわかりません。カードの裏面には「本カードではマイレージの登録ができない場合がございます。」と書いてあるので、逆にいえば、マイレージの登録などもANAカウンターの場合はできるのだと思います。しかし、スターアライアンスやその他の提携会社の場合にはできないこともあるということかもしれません。

ここ数年間、ずっとJALを中心に航空会社を選んできましたが、今年どうするかまだ決められていません。今までほとんど使っていないANAラウンジカードを利用するような旅もしてみたいなとも思いますし、やはりJGPを維持するためにJALを中心にするのか迷っている状況です。
posted by とんび at 01:40| Comment(6) | 航空

2016年03月14日

今までの春の旅行を振り返る

春の旅行は2004年以来、毎年行っています。春は、夏や冬とならび3大旅行シーズンだとよく言われます。ただ、自分の場合は、夏や冬が長期の休暇を利用しての旅であるのに対して、春はカレンダー通りの休みを利用しての旅行になってます。春も長期休暇にして長旅をされる方もいらっしゃいますが、自分の場合は夢のまた夢で、うらやましい限りです。

過去の春の旅をまとめてみます。年、日数、行先の順。
2004年 5日 上海
2005年 3日 台北 + 3日 ソウル
2006年 5日 阿里山・台中・台北
2007年 4日 桂林
2008年 4日 シンガポール
2009年 4日 南・北大東島
2010年 5日 ロサンゼルス
2011年 4日 宮古島
2012年 3日 台北 (+3日 なし)
2013年 4日 バンコク
2014年 4日 バンコク
2015年 4日 高雄

12年間のうち、最長の連休日数が、5日だったのは3回、4日が7回、3日×2が2回でした。
そして行先の国は、台湾が4回、中国が2回、タイが2回、韓国が1回、米国が1回、シンガポールが1回、国内(沖縄)が2回でした。旅行日数が長くとれないため、近隣諸国が多くなっているのが特徴です。なかでも台湾が一番多くなっています。米国が1回あって、ロサンゼルスに行っていますが、春の旅行としては例外的なものです。

今までの傾向が明らかになって、では今年はどうかというと、ことしの春は3連休×2です。ちょっと長い旅をしたいと思っている者からすれば、ちょっと残念感があります。3連休が2回の場合、2005年は2回旅行に行っていますが、2012年は1回だけにしました。今年も1回だけにしようと思っています。

行先ですが、台北往復の特典航空券をとってあり、台北に行く予定をしています。これで、春の旅行の行き先としては、台湾がほかの国を大きく引き離すことになります。台北でどこか行きたいところがあるかとえば、特になく、台北をぶらぶらすることになりそうです。
posted by とんび at 23:28| Comment(6) | 近況

2016年03月13日

海外発券とりやめ

10年以上続けてきたソウル発券、ついに中止することにしました。以前、ソウル発券を続行という記事を書きましたが、いろいろ考えた末、取りやめようと思っています。

現在、「ソウル/東京/大阪/バンコク」のJALビジネスクラスの航空券で、往路の大阪でストップオーバー中です。バンコクを往復して、大阪で再びストップオーバーし、その後、東京経由でソウルに行きますが、ソウルからの帰りはLCCを利用しようと思います。

中止の理由ですが、大阪発東京経由ソウルをJALを利用した場合、朝出発して夕方に到着するか、前夜に東京まで行って前泊してソウルに向かうかになります。最近2,3年の韓国旅行は、1泊2日がスタンダードになっているのですが、朝出発だとソウルに滞在する意味がほとんどなくなるし、前夜に東京に前泊するのはやはりしにくいことが多いです。1月のソウル訪問では、前夜に羽田で泊まったのですが、韓国に行く都度、前泊は無理かなと判断しました。

もしソウル発券を続行する場合は、「ソウル/東京/沖縄」の往復を考えていました。この航空券自体はお得感があるのですが、大阪・東京間を別途には発券した場合は、やはり韓国に向かう際に、1日かけて行くだけに費やすか、前泊するかが必要になることに加え、沖縄に行く場合も、1日目が行くだけでかなり費やされるか、東京前泊が必要になってきます。そんなわけで、「ソウル/東京/沖縄(または国内のどこか)」も利用しづらいことがわかってきました。

一方、JAL以外の社でソウル発券することは、JAL中心に利用している現状では考えれません。仮に、ANA中心に利用するにしても、ソウル発券の場合は、東京経由になるので、結局同じ理由で利用が難しいです。過去には、アシアナでソウル発大阪往復を発券したことはありますが、現状では、ソウルの単純往復で発券することは考えていませんし、韓国発の航空券は、韓国系のほうが日系よりも高いということもあり、まったく考慮外です。そんなわけで、ソウル発券をとりやめることにしました。

あと、海外発券としては、台北発券を3,4年続けたことがあります。台北発日本経由のヨーロッパ、北米行きのJALのKクラスです(Kクラスはアップグレード可能なエコノミークラスで、海外発のものは日程変更が自由にできます。)。これは、3年前にとりやめました。大きな理由は、ソウル発券とは異なり、大阪・東京間を組み込むことができなくなり、結局割高になってしまうことと、Kクラスでも繁忙期には日本とヨーロッパ、北米の間ではアップグレードできない場合が常態化してきた(日本・台湾間は問題なくアップグレードできます)ことでした。この事情は、いまも変わっていないようです。そのため、台北発券の再開もいまのところ考えられません。

結局、海外発券はすべて中止ということになります。今後ですが、日本発券ばかりになるのですが、JALの日本発券は割高感もあるので、ワンワールドでJALよりは割安なキャセイやマレーシア航空のビジネスクラスで東南アジアや場合によっては南まわりヨーロッパとか考えてみようと思います。また、ソウルや台北はLCCでじゅうぶんかなとも思うので、LCCがメインになっていくように思います。
posted by とんび at 15:30| Comment(4) | 航空

2016年03月11日

確定申告

久しぶりに確定申告を行いました。ずっと以前に、住宅借入金の控除のために行って以来です。昨年度は、ふるさと納税を行ったのですが、確定申告を避けるために、ワンストップ特例の利用を予定していました。そもそも、ワンストップ特例がはじまって、確定申告をしなくてもよくなったので、昨年はじめてふるさと納税を行ったのです。この件については、以前ここで書いたことがあります。

確定申告を行うことにしたのは株式に関連しての還付を得るのが目的でした。株式にかかわって、確定申告をして還付を得るのは、株式の譲渡損がある場合に源泉分離課税で還付してもらうか、配当控除を使い総合課税で還付してもらうかがあります。昨年までは、譲渡損がなかったので源泉分離課税は考えず、総合課税はそもそも税率が高くなり損であるので考えませんでした。ところが、昨年ははじめて譲渡損が生じました。一方、昨年から、一昨年までは10%であった、株式の譲渡益および配当などの所得税+住民税が20.315%になり、総合課税をしても還付が生じることになりました。

結局、還付額の多い総合課税を選びました。給与所得と配当をあわせた課税所得が695万円までなら総合課税で還付があるようです。ただし、課税所得が増えるので、住民税が増えます。実質、還付額ー住民税増税分 の得ということになります。一方、譲渡損がでたので、源泉分離課税にしても還付があります。この場合は、住民税も還付になります。住民税の増税分まで考えても、総合課税を選ぶほうが得な計算になったので、総合課税を選んで確定申告を行いました。また、ふるさと納税は、確定申告をする場合は、ワンストップ特例が使えなくなるので、確定申告で還付手続きをすませました。もっとも、ふるさと納税の還付は大半は住民税でおこなわれるようで、また、天引きの住民税が毎月少しづつ減るという感じでの還付のようですが。

ともあれ、来年以降も確定申告をすれば還付がある見込みです。申告書作成は、国税庁のHPにあるフォームを使って計算し、それを印刷して税務署に持参すればよかったので、ずっと以前に行ったときよりもはるかに簡単でした。最初はオンラインで申告書の提出までしようかと思いましたが、そのためには個人番号カードが必要だったことと、カードリーダが必要だったことのためにあきらめました。個人番号カードは申し込もうと思っていますが、急に思いたって申し込んだのでは間に合いませんでした。それに、カードリーダが必要なのでですが、わざわざ買ってまでという思いがありました。来年は、オンラインで申告するか、今年と同じく印刷して持参にするかまだわかりません。
posted by とんび at 23:55| Comment(2) | 近況

2016年03月09日

羽田から伊丹&旅行記完成

オランダ旅行記7日目4回目

bene0730.jpg


 羽田空港ではJALの国際線から国内線への専用乗継バスは15時30分からの運行で、まだ1時間ほどある。そのため、制限区域外を走る連絡バスを利用した。

 めったに利用しないので、乗場を間違えてしまった。よく表示を見ていれば問題はなかったのだが、見つけられず急いだため失敗した。


bene0731.jpg

 国内線ターミナルでは、あまり時間はなかったが、ラウンジでジュース1杯だけいただき、10分ほどだけ滞在。


bene0732.jpg


 搭乗開始時間を待って、ゲートに向ったが、出発準備が少し遅れたので、待って搭乗。

 今回は、国際線ビジネスクラスの特典航空券についてくる国内線だったので、一般席。アップグレードもできないようだ。


bene0733.jpg

  飲物サービスは冷緑茶をいただく。遅れを取り戻し、伊丹に到着。今回の旅もこれで無事終了。


***********************

オランダ旅行記、これで完結です。

オランダ旅行記は、HP「ユーラシア紀行」にもアップロードしました。

このブログの旅行記は、すべて「ユーラシア紀行」にほぼ同一内容で転載しています。

各旅行記は、「ユーラシア紀行」で見ると、旅程の順になっています。(ブログでは、旅程とは逆順。)また、ほとんどは1日分を1ページにしています。

そのため、旅行記をまとめてご覧になる場合は、「ユーラシア紀行」をご覧になると便利で、わかりやすいです。

このブログから、「ユーラシア紀行」への行き方は、次の通りです。

ユーラシア紀行.jpg

ブログ右上のタイトル欄の下のほうの「ユーラシア紀行」をクリックするか、

ユーラシア紀行2.jpg

ブログ右側のリンク集の欄の とんびHP「ユーラシア紀行」 をクリックするかしてください。

「ユーラシア紀行」のトップページには各旅行記へのリンクが、エリア別に作ってあるので、ご覧になりたいものを選んでください。
posted by とんび at 20:37| Comment(0) | オランダ

2016年03月08日

JL46 パリ→羽田 搭乗記

オランダ旅行記7日目3回目


bene0716.jpg


 搭乗時刻になりゲートへ。しかし搭乗時刻が少し遅くなり、10分ほど並んで待つことになった。


bene0717.jpg

  JL46に搭乗。


bene0718.jpg

機内。


bene0719.jpg


 隣席の座席。復路は隣席はふさがっていたのだが、通路をはさんだ側が空いていたので、そちらに移動されたので、結局空席。行きと同じく60%程度の搭乗率だった。 


bene0729.jpg

  席について落ち着いたころ、CAさんがあいさつにきて、メッセージカードを置いていかれた。元日出発の便だったので、普段と少しでも違っている雰囲気が出てうれしいサービスだ。


bene0720.jpg

 最初の飲物はシャンパン。


bene0721.jpg


 一週間滞在したオランダの上空に戻っての飛行。


bene0722.jpg

 機内食開始。まずはおつまみ。


bene0723.jpg


 今回は和食にした。以前、ボストンからの帰国便が元日発で9つの小鉢のうち、3つほどがおせち料理になっていたことを思い出し、ひょっとしてと期待を込めて和食にしたのだが、今回は普段通り。

 帰国便では和食にすることがよくあるが、JAL名物の9つの小鉢は、酒のつまみになってよいからだ。


bene0722.jpg


 メインはハンバーグ風のもの。


bene0725.jpg


 デザートとコーヒー。

 食後は、ビデオを見てすごし、しばらくしてから、マットレスを敷いて睡眠タイム。


bene0726.jpg


 少しお腹が空いてきたので、2食目を注文。往路ではモニターのリモコンから注文したのだが、このときはリモコンからの注文は停止しているとの表示があった。この機材での一時的な停止であればいいのだが。

 フランス丼とアイスクリームにした。シャンピニオン・ドゥ・パリ(マッシュルーム)を含む天丼であった。欧州発の便では、ご当地オリジナルメニューを開始したとのことで、さっそく試してみたのだ。他の路線では、フィンランドン、フランクフルトン、ロン丼があるようだ。


bene0727.jpg

 到着も近づき、ラストオーダーの確認にCAさんがやってきたので、ラーメンとフルーツを注文。このラーメン、ヘルシーラーメンと銘打っていて、野菜だけでつくったスープで、チャーシューも小麦でつくっているという。もっとも、あっさりしすぎていて、自分の好みではなかった。


bene0728.jpg

 最後に、コーヒーとチョコレートをいただいた。
posted by とんび at 23:58| Comment(2) | オランダ

2016年03月07日

仏、シェンゲン内の入国審査が復活

オランダ旅行記7日目2回目


bene0707.jpg

 スキポールからシャルル・ドゴールへはエールフランスで。荷物を機内持ち込みにしたので、ゴロゴロを引きずって搭乗。


bene0708.jpg

 搭乗便はAF1641。


bene0709.jpg

 機内。


bene0710.jpg


 1時間ほどのフライトだが、簡単なものとはいえ、機内食が出る。チーズサンドイッチだった。飲物はビールを注文したら、ハイネケンだった。サイズは250mlで、このサイズはあまりみかけない。


bene0711.jpg


 シャルル・ドゴールには定刻より前に到着。ところが、普段ならすぐに、制限区域外または乗継通路に向えるはずのところ、30分以上待たされた。

 シェンゲン圏内からの到着の場合の入国審査が復活していたのだ。パリでのテロ事件を受けたものだ。シェンゲン協定締結国間の便は事実上は国内線と同じような感覚で搭乗できていたのだが、今回はそうはいかなかった。

 審査ブースが近づいたあたりで、2列にわかれる。パリで入国の列と他へ乗り継ぐ列だ。乗継の列に入った。行先を聞かれ、航空券の提示を求められた。入国スタンプはない。

 無事に通過でき、乗継通路へ。途中に出国審査場があったのだが、誰も並んでおらず、すぐに通過。そして、意外なことに、保安検査はなかった。途中にあったエールフランスのカウンターで搭乗手続き。こちらも誰も並んでおらず、すぐ終了。JAL便の出発するゲート近くのエールフランスラウンジに向った。


bene0712.jpg

 エールフランスのラウンジに入室。シャワーを利用。このラウンジを利用するのは3回目だが、シャワーは初めて。広々としている。


bene0713.jpg


 アメニティがたくさんあったのだが、何なのかよくわからず使いにくかった。


bene0714.jpg


 シャワーのあとは軽食。過去2回の利用時には、料理がほとんど残っておらず、印象が悪かったのだが、今回は割とたくさんあってよかった。とはいえ、エールフランスの本拠地にしては、貧弱感はあるのだが。


bene0715.jpg


 機内食のことがあるので、軽くいただいておく。シャワーで1時間、軽食で1時間、あわせて2時間ほどラウンジに滞在した。
posted by とんび at 20:08| Comment(8) | オランダ

2016年03月06日

スキポール空港へ

オランダ旅行記7日目1回目


bene0701.jpg


 ホテルで2016年最初の朝食。もちろん、新年だからといって特別なわけでではない。日本も最近は正月気分が薄れてきてはいるが。

 昼すぎの便に搭乗するので、9時ごろにホテルをチェックアウトすれば十分だ。食後は部屋で少し休憩。

 駅に向かう途中の道路がすごかった。大晦日の夜に繰り出した人たちの出したゴミが散乱している。すでにゴミ収集車や散水車が出動していたが、きれいにするのは大変だろう。


bene0702.jpg


 切符を自動券売機でクレジットカードを使って購入。12.2ユーロだが、クレジットカード利用と紙の切符発行の手数料が0.5ユーロずつ、計1ユーロかかっているようだ。


bene0703.jpg


 構内に入り案内板を見ると、1分後にスキポール経由のアムステルダム行きが出発するところだったので、大急ぎで乗車した。


bene0704.jpg


 車内。高速用の新線を通るので、わずか25分ほどで空港駅に到着。


bene0705.jpg

 スキポール空港に到着後、搭乗手続。エールフランス利用だが、ここではKLMのカウンターで行うようだ。ここで、パリまでの航空券と、パリからのJALの航空券の両方を出して、スルーチェックインを希望した。

 ところが、ここで手続きできるのはパリまでだけだということだった。行きは、伊丹でKLMのパリ・アムステルダム間も手続きできたので、逆もOKだろうと思っていたが、無理だった。スルーチェックインができないなら、荷物を預けるのも取りやめ。幸い、機内持ち込みサイズの荷物だったので、に荷物は機内持ち込みに変更した。理由は、パリでいったん制限区域外に出ずに乗継がしたかったからだ。

 旅行の2か月ほど前にパリでおこったテロの影響で、保安検査は厳重に行われていて、かなり待たされた。保安検査の後、ダイナースカードで入室できるASPIREラウンジへ。


bene0706.jpg

 空港ラウンジは、ワンワールドまたはスターアライアンスならば入室資格を持っているのだが、それ以外の航空会社の場合はダイナースカードで入室できるラウンジがあるかないか空港によって異なる。スキポール空港の場合は入室できてよかった。

 ラウンジで1時間ほど休憩。ネットをしたりして過ごした。
posted by とんび at 19:29| Comment(2) | オランダ

部屋食のあと花火見物へ

オランダ旅行記6日目5回目


bene0634.jpg

 スーパーで買ったお惣菜を部屋で食べた。寿司、ポテトサラダ、フルーツ。

 今回の旅では、食事をしなかった到着日を除いて5日分の夕食のうち、4回はお惣菜や持ち帰り料理を買っての部屋食となった。こういう旅もなかなかいいものだと思った。


bene0635.jpg


 ビールはアムステルとババリア。ババリアはドイツのビールで有名なバイエルン(ババリア)から名前をとったオランダ製のビールだ。


bene0636.jpg


 食後は眠くなり、年越しの花火を見に外出するまで少し寝ることにした。最初は23時ごろに起きて外出の予定だったが、寝過ごしてしまい、23時30分ごろに起きて、あわてて外出した。

 花火の場所は、新マース川にかかる橋のあたりに違いないと考えたのだが、予想は的中。ただ、出かけるのが少し遅く、橋が見えるあたりまでやってくると、すでに花火がたくさん上げられていた。


bene0637.jpg

   橋の近くまで歩いてきたのだが、あまりに多くの人出で歩きにくくなっていた。なかなか進まず、少し離れた場所から花火を見ることにした。次から次に上げられる花火を楽しんだ。


bene0638.jpg

 日付が変わり、2016年になる前後には特に大きな花火が連続して打ち上げられた。

 日付が変わって数分後に花火が終わり、ホテルへ戻ることにした。 


bene0639.jpg

 市役所の付近。市民が自分で花火を打ち上げている。いたるところで小さな花火は上げられていたが、ここでは特に高く上がるものを打ち上げていた。街中で大きな花火を上げて危ないと思うのだが。

 ホテルへ戻ると、玄関には従業員が警備して、宿泊者以外が入ってこないようにしていた。ホテルの面する通りも、市民であふれていたためだ。
posted by とんび at 10:30| Comment(4) | オランダ