2015年09月30日

つぎの旅行

いろいろ用事があって、2度のタイ旅行の旅行記が遅れていてスミマセン。今夜も無理だったのですが、かわりに来月の旅行について書いておきます。

つぎの旅行の行先は、シアトルです。アメリカ合衆国ワシントン州のシアトルです。どうして米国にしたのかいうと、行先のバランスといった点からいえば、昨年今年とヨーロッパに行っていませんので、ヨーロッパ方面のほうが妥当なのですが、今回はANA特典航空券を使いたかったものの、ヨーロッパ方面ではとれなかったためです。自分の場合、ここ数年JAL派ですが、ANAマイルもためていて、使用期限が近づいているマイルもあって、今年のうちにどうしても使いたかったのです。

行先をシアトルにしたのは、もともとシアトルへ行きたかったことと、ANAマイルを使うならJALでは行きにくいところへ行きたいっていうことの両方があります。米国旅行は過去6回しています。その行先は、東部ではニューヨーク(2回)、ワシントンDC、ボストン、西部ではサンフランシスコ、ロサンゼルスでした。あとハワイのホノルルにも行きました。で、次に米国に行くとしたら行きたいところをいくつか考えていました。シアトルのほかには、ラスベガス、シカゴ、ダラスなどを考えていました。もともとシアトルは米国の中では行きたかった街だったのです。

そして、ANAマイルを使うという観点で考えると、シアトルはJALとワンワールド系ではなかなか行きにくい街なのです。それで、こういうときこそANAマイルを利用しようと思ったわけです。そして、自分の旅立ち可能な日を探してみると、うまく可能な日にビジネスクラスの空席があったのです。ANAの特典はビジネスクラスの場合、今年春から必要マイルが増加したのですが、少ないマイルで発券が可能なうちに確保しておきました。ANAのビジネスクラスは初めての利用なので、この点もつぎの旅行の大きな楽しみです。
posted by とんび at 00:51| Comment(8) | 近況

2015年09月24日

行先を考える前に特典をゲット

JALの場合、国際線は330日前から予約ができます。特典の場合も同じです。今日現在で330日後は、来年の8月19日なのですが、すでに8月に入ってからのヨーロッパ方面はビジネスクラスはほぼ満席、エコノミークラスも若干の日で空席がある程度になっています。もともと特典は、ビジネスクラスで発券するほうがお得なのでなるべくビジネスクラスで発券しているのですが、今年11月からJALの場合、ビジネスクラスの必要マイルがかなり増えてしまうので、今のうちにビジネスクラスで発券しておきたいという気もちが強かったです。

昨日帰ってきたパタヤ旅行に出発する前に、来年の夏の旅行用に、特典をおさえておこうと思って、何回も特典予約を調べていましたが、なかなか空席がでてきませんでした。たまに空席がでるのですが、半日程度で消えることが多く、往復ともにおさえるのがなかなかできなかったのです。ある日、うまい具合に、行きと帰りで1週間ほどの間隔をおいて確保することができました。

ただし、同じ都市の往復じゃなく、行きはパリ着、帰りはフランクフルト発というパターンです。これをみつけたとき、どこに行くか考えるのは後回しにして、チケットをおさえてしまいました。また、伊丹・羽田or成田も満席だったので、接続する国内線の片道は別発券するつもりで、東京発の行程で確保しました。

さて、パリからフランクフルトをどうつなぐかですが、いくつかのプランが頭の中にあります。陸路でつなぐ場合ですが、ベルギーとオランダに行っていないので、ベルギーで2,3都市回る案、オランダで2,3都市回る案、ベルギーはブリュッセル、オランダはアムステルダムにしぼる案が考えれれます。一方、空路でどこか1都市行って滞在するという方法もあります。その場合ですが、チューリヒへ行って、スイスの登山鉄道に乗る案、1995年に行ったので行けば21年ぶりになるベルリンに滞在する案、1998年に行ったので行けば18年ぶりになるプラハに滞在する案、まだ行っていないノルウェーまたはデンマークを周遊する案などが頭に浮かんでいます。

まだまだ日があるので、ゆっくり考えていけばいいです。最近は、特典に限らす、まずチケットをおさえて、あとで行先を考えるっていうのが増えました。特典の場合、キャンセル料がJALでは3100円なので、他の行先に行きたくなった場合や諸事情で旅行そのものができなくなってしまった場合でも困ることはないです。

なお、今年の年末の旅行は、以前、記事を書いたのですが、JALのパリ往復のビジネスクラス特典を確保してあります。ただし、パリに滞在するのかというと、まだどうなるのかわかりません。フランス国内周遊にするかもしれませんし、上でもあげたブリュッセル、アムステルダム、ベルリン、プラハなどに滞在するかもしれません。また、せっかくとってある特典ですが、キャンセルして東南アジア方面にするかもわかりません。そろそろ、どうするか決めてしまおうとは思っていますが。
posted by とんび at 21:48| Comment(6) | 近況

2015年09月23日

本日帰国&タイ渡航20回宿泊50泊

本日、帰国しました。今回は関空着の深夜便での帰国でしたので、6時すぎに関空到着。9時半ごろに帰宅しました。帰宅後は普段の休日と同じようにすごしました。5連休のうち実質的には間の3日間の旅行に行ってきたようなものでした。

タイもいろいろなところに行きました。まだあまり行ってないのはイサーン方面でナコンラチャシーマ(コラート)で2泊する旅行をしていますが、もっと奥地のほうには足跡をしるせていません。それ以外は、名前を知られているところはほとんど行きました。これから、2回目の訪問をしていく街も増えていくだろうと思います。

パタヤは何となく予感ですが、毎年とまではいかなくても、2年とか3年とかに1回づつくらいのペースで訪問するかもしれません。パタヤにはあまり観光地はないし、あっても自分好みのところではありません。ですから、行きたいところは今回でほぼ行ってしまったのですが、何かするとかでなく、ただ行ってのんびりする、って感じの滞在がしやすそうな街なので、また行きたいなって思っているわけです。

ところで、今回のパタヤ旅行は、タイ渡航20回目(スリランカ旅行のついで並びにミャンマー旅行のついでに立ち寄った2回も含む)でした。また今回、パタヤで2泊したのですが、タイ宿泊50泊になりました。自分のタイ渡航にとって、きりになる旅行でもありました。

渡航20回というのは、台湾と韓国がそれぞれ23回渡航なので、それに次ぐものです。4番目以降は中国15回、香港9回、アメリカ合衆国とマレーシア7回と続きます。

宿泊50泊というのは、中国57泊、台湾52泊に次ぐもので、4番目以降は韓国48泊、マレーシア33泊と続きます。ここ何年か中国には行っていません。尖閣のときのデモが契機でしたが、その後も食品偽装や大気汚染のために行く気が失せてしませっています。ですが、ずっと昔、長旅を年に1、2回するというスタイルで旅をしていた当時、新疆方面に日数をかけて行ったため中国の宿泊数が多くなっているのです。

タイ宿泊50泊を都市別に見ると、最高はもちろんバンコクで20泊、ついでチェンマイ8泊です。その次はずっと少なくなって2泊のところが9か所あります。今回のパタヤのほか、プーケット、クラビ、コ・サムイ、ホアヒン、ラノーン、ハジャイ、チェンライ、ナコンラチャシーマです。あと1泊だけしたのは、アユタヤ、カンチャナブリー、スコータイ、チュンポンです。

明日から旅行記はじめようと思います。8月のチェンマイ旅行の旅行記がまだ手づかずなのですが、直近のパタヤ旅行記をしあげて、次にチェンマイ旅行記の順で作成していきます。
posted by とんび at 20:42| Comment(8) | タイ

2015年09月22日

まもなく帰国

ただいまスワンナブーム空港のカンタス航空ラウンジです。パタヤを17時に出発。1時間40分で空港に着きました。空港の出発ロビーのある4階についてくれるので、バスを降りたらすぐに搭乗手続ができるのもうれしいです。今回はベルトラベルでバスを予約したのですが、宿まで迎えに来てくれるのでとても便利です。行きも宿まで送ってくれました。行きは1時間30分で着きました。パタヤは気に入ったので、また行くと思いますが、またベルトラベルですね。

パタヤでは宿のネットが遅すぎて、現地報告できませんでしたが、旅行記で報告していきます。パタヤは見て回るところがほとんどありません。それでも幾つか回りましたが、同じリゾート地であるプーケット、ホアヒン、クラビ、コサムイなどにははるかに及びません。それでも、落ち着くのですね。日常から逃れることができます。それが簡単にできる場所としていいかなと思います。

カンタスのラウンジはまずシャワーを使うためにやって来ました。暑い国から深夜便で帰国する際にシャワーが使えるのはうれしいす。それに滞在中ずっと、サンダルに半ズボンという熱帯スタイルでいたのですが、着替えをするのもシャワーのさいにできます。さくらはシャワーが少ないのです。確か1室だったような。カンタスは数室あって、いつも待たずに使えます。ただ、カンタスは21時45分までの営業なので、このあとキャセイ航空のラウンジに移動しようと思います。今日はサクラはパスのつもりです。
posted by とんび at 22:57| Comment(4) | タイ

2015年09月19日

改装後の関空サクラより

ただいま関西空港です。サクララウンジで搭乗を待っています。まだ搭乗まで1時間以上あります。関西空港からの深夜便も数年前まではわずかだったのですが、最近はかなりふえてきました。深夜の関西空港は出発便があっても閑散としていたのですが、今日は以前と様変わりして夜遅いというのに賑わっていました。今回はJALのバンコク行き深夜便を利用するのですが、この便も今年の春から夕方便の時刻を変更する形で登場しました。夕方便よりはるかに利用しやすいのでありがたいです。関西空港からタイ航空の深夜便はもう何度となく利用したのですが、JALは初めてです。

先ほどラウンジ飯をいただきました。JALのHPで2種類のカレーを提供するとアナウンスされていたのですが、何と従来からのカレーに加えてグリーンカレーでした。ただし、2種類を並べて提供するのではなく、1種類だけ出して、それがなくなると別の種類を出していました。カレーと並行して牛丼も出されていたので、エッ、2種類のカレーって、グリーンカレーと牛丼なの?って最初は思っていたのですが、後で交互の2種類のカレーをだしていることがわかりました。後で、従来からのカレーが出てきたのですが、すでにいろいろいただいていたのでパスしました。

そのほか、たこ八の明石焼などもあって、食事の内容は以前と比べて一新されました。それでも、成田や羽田には及びませんが、かなり充実したのでよかったです。入室したときはすし詰め状態で、せっかくの食事も落ち着いていただけない状態でした。シンガポール航空やエミレーツ航空などの指定ラウンジになっているからです。スターアライアンスであるシンガポール航空の深夜便は以前利用したことがあり、そのとき指定ラウンジがサクララウンジだったので驚いたことがありますが、現在も同じです。カウンター業務も自分が利用したときはJALがやっていました。しかし他社便がどんどん出発して、今はJAL便だけが残されている状態になり、静かになっていて、くつろぐことができます。では行ってきます。


posted by とんび at 23:39| Comment(0) | タイ

2015年09月18日

あす出発

明日の深夜便(厳密にいうと日付が変わってからの出発なので明後日)で、1か月少しのインターバルしかないのですが、タイに行ってきます。今回は初のパタヤです。タイのリゾート地としては、プーケット、ホアヒン、クラビ、コ・サムイと訪問しましたが、もっとも老舗といえるリゾート地であるパタヤは未訪問でした。初パタヤ、楽しんでこようと思います。今のところ、何をするかまだ決めていません。ただのんびりできたらいいかなって思っています。従来の自分の旅行スタイルとはちょっと違うのですが、クラビやコ・サムイに行った頃から、こういうのんびり旅もいいなって思うようになってきました。

今回は、ソウル発券のJALのチケットを使っていきますが、今回から経路が変わりました。従来は「ソウル/大阪/東京/バンコク」の往復だったのですが、今回からは「ソウル/東京/大阪/バンコク」の往復に変わりました。これは、JALのソウル/大阪便が休止になった影響です。変更の結果、ソウルは東京経由になり行きにくくなったのですが、バンコクは大阪からの直行便になったうえに、大阪発バンコク行きが、ソウル/大阪便の休止と同じダイヤ変更において、深夜便になったため、バンコクは行きやすくなりました。今年春からJALの大阪発バンコク行きは深夜便になっていたのですが、8月のタイ旅行のときには、まだ前回のチケットを利用したので、羽田乗継で羽田発の深夜便を使ってバンコクに向いました。伊丹から羽田に向かう場合にくらべ、大阪発の場合は出発まえに自宅で2時間少々ゆっくりできます。


ただ、経路変更とともに、このチケットのルールが少し変更され、ちょっと使いにくくなったのが残念です。従来は1年有効で1年以内に全旅程を終えればよかったのですが、変更後は、有効が1年というのは変わらないのですが、ソウル発からソウル到着までを6か月以内に完結しなくてはならなくなりました。これはちょっとつらいです。6か月以内っても、実質は4〜5か月以内で完結させるつもりでなければ、万一、旅行日の変更の必要が出てきた場合の対応が難しいからです。あと、従来はビジネスクラスとエコノミークラスの発券が可能だったのですが、変更後はビジネスクラスのみの設定になりました。今までも、ビジネスクラスが割安だったので、ビジネスクラスで発券してきましたが、費用をおさえるためエコノミークラスで発券しようと思えばできました。それがビジネスクラス限定になったので、経費面でちょっときついかなと感じています。

posted by とんび at 21:08| Comment(8) | タイ

2015年09月12日

東京オフ会

offkai0406.jpg


kimcafeさん、trintrinさんのお世話で、旅好きの集まりであるヤムの会のオフ会が企画され、自分も参加しました。会場は、東京、四谷に近いインド料理店「アジャンタ」。結構有名なお店のようです。

18時から開催ですが、当日は午前中は所用があったことと、オフ会終了が20時を回ることで、日帰りに航空機を使うことはできず、今回はJR「のぞみ」を利用しました。東京駅から中央線に乗るのはおそらく20年ぶりくらい。四谷で乗降するのは初めてでした。そのため道を間違えましたが、会場のお店に到着できました。

今回は、タイフェスティバルでご一緒した、kimcafeさんヒョウちゃんスクムビットさんtrintrinさん のほか、pregoさんLuntaさんカルロスさん、Kさん(ブログ・HPは開設されていません)も参加されました。カルロスさんは、以前にもお会いしているのですが、pregoさん、Luntaさん、Kさんに初めてお会いできました。みなさんありがとうございました。


offkai0407.jpg

 最初に乾杯。インドのビール、キングフィッシャーで。そして、お互い初めてお会いする方もいるので自己紹介。直近の旅の報告や今後の計画などを披露しあいました。そのあとは美味しい料理をいただきながら、尽きることのない歓談をしました。


offkai0408.jpg

 料理はいろいろなものを注文し、それぞれ分け合っていただきました。これはタンドリーチキンセット。


offkai0409.jpg

これはパコーラセット。 


offkai0410.jpg

ドーサ。 


offkai0411.jpg

各種カレー(フィッシュカレー、野菜カレー、マトンカレー、チキンカレー、肉団子カレー)。

左上にイドゥリも写っています。 


offkai0412.jpg

ナン(左)とチャパティ(右)。

offkai0413.jpg

 kimcafeさんからはエチオピア土産をいただきました。また、ヒョウちゃんからはインド土産をいただきました。ありがとうございました。


offkai0414.jpg

インドコーヒーは実演つき。長くたらして、味をととのえ、さましているようです。見ていると飽きませんでした。


offkai0415.jpg

 自分はマンゴーラッシーをいただきました。

あっという間に時間がすぎ、気が付くとすでに20時を回っていました。東京駅発が最終のJR「のぞみ」の指定席をとっていましたが、もういかねばなりません。再開を約束して、帰途につきました。東京駅には少し早く着き、切符を変更してもらい、最終の30分ほど前の「のぞみ」で帰りました。
posted by とんび at 16:11| Comment(6) | 近況

2015年09月07日

帰国

ソウル旅行記2日目


seoul3701.jpg


   2日目は帰国するだけだが、3日前に予約変更したためか、残念ながら昼の時間帯のいい便は予約できなかった。それで、8時発の羽田行きでの帰国となった。

 東横インの真ん前のバス停を5時20分に出るリムジンバスに乗車。こんなに早く空港に向うのは、韓国旅行では初めて。


seoul3702.jpg

 40分ほどで金浦空港着。ちょうどチェックインが始まる時刻だったようだ。


seoul3703.jpg

 まだガラガラのKALラウンジで一休み。 


seoul3704.jpg

  ラウンジ飯で朝食。サンドイッチとビールをいただく。金浦空港のKALラウンジのメニューは変わり映えしないが、プルコギサンドなど美味しくいただける。


seoul3705.jpg

 搭乗時刻が近づき保安検査、出国審査をすませて搭乗口へ。


seoul3706.jpg

 35番ゲートは通路がとても長い。100mほど歩いて飛行機にたどりつく。


seoul3707.jpg

 搭乗したJL90 。


seoul3708.jpg

  すっかり少なくなったスカイラックスシート。


seoul3709.jpg

  機内食。メインはお粥で、量も少しだったので、ラウンジでも食事をした身にはちょうどよかった。でも、昼便の機内食に比べると残念感が残るようなメユーだ。


seoul3710.jpg

 コーヒー。


seoul3711.jpg


 食後はシートを倒して休んでいた。到着少し前に富士山がよく見えた。


seoul3712.jpg

   羽田到着後、入国審査場を出ると、まっすぐに国内線乗継の保安検査場へ。最近は海外でのチェックインで、羽田からの国内線のチケットも発券してくれるので、国内線乗継カウンターに立ち寄る必要もない。そして、JALの乗継バスで国内線ターミナルへ。


seoul3713.jpg

 伊丹行きに搭乗。


seoul3714.jpg

 機内WiFiの無料券を利用してWiFIを利用していると、あっという間に到着。飲物はコーヒーをいただいた。弾丸ソウル旅行、無事に終了。

*********************************

HPにもソウル旅行記をUPしました。トップページから  韓 国 ⇒ 15ソウル に入り、2015.8 ソウル旅行記 に入ってください。
posted by とんび at 23:58| Comment(4) | 韓国

2015年09月05日

焼魚横丁でサンマを食べる

ソウル旅行記1日目5回目



seoul3644.jpg

 南大門市場をあとにして、再びソウル駅に舞い戻った。ロッテマートで買物をするためだ。以前は、金浦空港のEマートで土産物などを買ってそのまま帰国することが多かった。前回の訪韓時、金浦空港のEマートが閉鎖されていたことを発見。代わりに行ったロッテマートも第2、4日曜のために休業で何も買えずに帰国した思い出がある。

 今回も第4日曜だし、そもそも早朝便なのでロッテマートの開店時間前だ。それで、1時間ほどソウル駅のロッテマートで買物。


seoul3636.jpg

 泊まるのは東横イン東大門。16時ごろチェックイン。


seoul3637.jpg

 18時ごろまで部屋で休んだ。部屋は最安の地下シングルルーム。天気もわからないのが不便だが、1泊だけなので問題ない。


seoul3638.jpg

 夕食に出かけた。途中、かつて東大門球場があった場所にたつデザインプラザを見ながら歩いた。


seoul3639.jpg

 向った先は焼魚横丁。この少し先はタッカンマリ横丁で、タッカンマリはこの先の店で2回食べている。タッカンマリを食べに行ったときに、焼魚横丁を通るので以前から気になっていた。

 路地に面してコンロが置かれている店が多く、焼魚のにおいが漂う。一軒の店に入った。


seoul3640.jpg

 コンチ(サンマ)とビールを注文。


seoul3641.jpg

 コンチが焼きあがるまで、おかずを食べながらビールを飲む。


seoul3642.jpg

 焼きあがってきたコンチ(サンマ)。日本とまったく同じスタイルで出される。

 日本と違うのは、大根おろしなどはついていないこと。そしてわさび醤油をつけて食べること。韓国のわさびの色は絵具のような色をしていて、自分の好みでないが、このさいそのことは置いておく。

 サンマは日本で食べるのと同じく美味しくいただけた。2匹でてきたのでボリュームもある。 


seoul3643.jpg

 満腹になってホテルに戻る途中、清渓川の川べりを少し散歩した。


seoul3645.jpg

  Doota やミリオレなどのファションビルに入って少し冷やかした。屋台も出ていたが、サンマで満腹になっていたので、何も食べずにホテルへ。
posted by とんび at 08:08| Comment(4) | 韓国

2015年09月02日

南大門市場でカルチジョリム

ソウル旅行記1日目4回目


seoul3624.jpg

 めざしていた焼肉店が閉まっていたので、かわりに南大門市場に向った。市場の一角に「タチウオ横丁」があり、一度行ってみたいと思っていたからだ。


seoul3625.jpg

 「タチウオ横丁」の入口。各国語で「タチウオ横丁」の意味を表示しているのだが、日本語は変だ。


seoul3626.jpg

 路地を入るとカルチジョリム(タチウオの煮つけ)を出す店が並んでいる。路地にはコンロが並んでいて、調理は店の外で行われる。


seoul3627.jpg

  一軒の店に入った。タチウオ以外の魚も出されているのだが、はじめての「タチウオ横丁」なので、カルチジョリムを注文。


seoul3628.jpg

 カルチジョリム。タチウオの切身を唐辛子ベースの辛いスープで煮てある。魚の煮つけといっても真っ赤な色をしていて、韓国風の魚の煮つけだ。柔らかく、骨もきちんととってあり食べやすい。


seoul3629.jpg

 タチウオのから揚げ。骨が入っているが、骨も食べることができる。


seoul3630.jpg

  ケランチム(茶碗蒸し)。茶碗蒸しといっても、ふわふわな感じで日本の茶碗蒸しとはかなり違う。辛い魚料理によくあう。おかずもいろいろついていて満足だった。


seoul3631.jpg

  ホットクの屋台があったので、1個食べてみることにした。野菜のホットクってどんなのだろうと野菜を注文。


seoul3632.jpg

 アツアツなので紙コップに入れてくれるのだが、これは韓国ならどこで食べても同じだ。


seoul3633.jpg

 野菜って何が入っているのだろうと思っていたが、中身はチャプチェだった。チャプチェは、春雨と野菜をいためたものだ。


seoul3634.jpg

   フルーツの切り売りの屋台もあり食べてみた。


seoul3635.jpg

  暑い日で冷たいスイカは美味しかった。
posted by とんび at 21:06| Comment(8) | 韓国