2015年01月31日

屋台食いいですね

スマトラ旅行記3日目8回目


sumatera0355.jpg

 市場はぐるぐる回って1時間以上歩き回っていた。日が暮れかかってきて、食事をとってホテルに戻ることにした。夕食は屋台ですませることにした。

 街のあちこちで屋台が店開きしていったが、もっとも屋台が多かったのはジャラン・アハマッ・ヤニ。街のランドマーク、歩道橋を支える門がある通りだ。でもほかの通りもあちこちで屋台が店開きしていた。


sumatera0356.jpg

 BAKSO(バクソ)と書いてあるのを見て、まずはこの屋台に決定。

 バクソは、魚のすり身をダンゴにしたつみれのこと。通常は麺の具として使うので、BAKSOとあれば、”つみれ入りの麺”の屋台と考えてよい。IKHLASはイスラムのルールに則った処理をしたハラールの食事だということかな。 


sumatera0357.jpg

 この屋台、テーブルがないので、小さなプラスチック製の椅子に腰掛けていただく。

 麺は乾麺でインスタントラーメンのようだったが、スープは自家製だ。バクソは思っていたよりもたくさん入っていて、大きさが不揃いでとても大きなバクソもあった。

 オレンジ色のサンパルと黒いケチャップマニス(インドネシア風の醤油)がかけられ、唐辛子もそえられている。結構、辛い味になるのだが、美味しいが、量は少ない。1万ルピア(約100円)。


sumatera0358.jpg

  SATEと書いた屋台を見て、サテ(東南アジアで広くみられる串料理)も食べなくちゃ、と思い奥のテーブルへ。


sumatera0359.jpg

  サテは串焼き料理の総称だがたいていは鶏、牛、羊の肉の焼肉だ。そのつもりで屋台に入ったのだが、テーブルについてから、この屋台では肉の串をフライにしてあることに気付いた。このようなサテは今まで食べたことがなく、はじめてだ。


sumatera0360.jpg

  肉フライの横には、ロントン(餅の一種だがイモのような食感がする)がバナナの葉に盛られている。この上にサテが載せられるのだろう。


sumatera0361.jpg

 予想通り、ロントンの上にサテが載せられ、さらにカレー味のスープがかけられていた。肉は羊かヤギかなって感じ。

 サテというと、串焼肉にピーナツソースがかけられるっていうのが、インドネシアやほかの東南アジアで一般的だが、そうじゃないのもあるってのが新鮮だった。


sumatera0362.jpg

  屋台食の夕食を終えると、あたりはもう真っ暗。歩道橋のある門も昼間に見るのとは感じが違う。

 このあと、1時間かけてホテルに戻った。途中、明かりのほとんどない中、急な坂道も上がっていった。


sumatera0363.jpg

 ホテルに戻ってからは、市場で買ったランプータンを食べた。30円でこれだけとは幸せだ。

 前年の同じ時期マレーシアでもランプータンをどっさり買って食べた。今回より少し少ないくらいの量で70円くらいだったのだが、激安でびっくりしたのだが、今回はさらに安かった。

昨年マレーシアの市場で買ったランプータン
posted by とんび at 12:59| Comment(6) | インドネシア

2015年01月30日

市場にて

スマトラ旅行記3日目7回目


sumatera0345.jpg

   食事後は市場に向う。途中、階段を上がるが、階段も街中のいたるところにある。


sumatera0346.jpg

  アタス市場へ。ブキティンギの市街地の大きさの割には市場がかなり広い。市街地は1km四方の中に収まる程度なのだが、市場は200m四方程度の大きさだ。ブキティンギ周辺の村からの集客が多いのだろうか。

 アーケードのある建物の中を歩くと、スカーフの店があるのだが、顔だけのマネキンの顔がとてもリアルでちょっと怖い。 


sumatera0347.jpg

 市場の外の道端では石が売られていた。どうみてもタダの石のようだが、どんな価値があるのだろうか。


sumatera0348.jpg

 グラインダーで石を研いでいる人もあちこちにいる。


sumatera0349.jpg

  生きた鶏を売るケージの上に食肉を売る皿がある。これは衛生的にやめてほしいものだ。どうしてこんな売り方をしているのだろう。


sumatera0350.jpg

 こちらでは、生きた鶏のケージの上で焼いた鶏が売られているではないか。こちらも衛生的じゃない。なんとかならないのかなぁ。


sumatera0351.jpg

  とても細長いとうがらし。


sumatera0352.jpg

 白菜はとても小さい。日本の白菜と比べて、長さは3分の2くらい、大きさは半分くらだろうか。こんな小さい白菜を見たのははじめて。ブキティンギは高原だから、白菜をなんとか作れるのだろうが、それでも熱帯は白菜には条件が悪いのだろう。


sumatera0353.jpg

 キャベツもとても小さい。こちらも高原なので作れるのだろうが、条件はよくないのだろう。


sumatera0354.jpg

 ランプータンを売っていたので3000ルピア(約30円)を渡して、その値段分を袋に入れてもらった。
posted by とんび at 22:57| Comment(0) | インドネシア

2015年01月26日

遅い昼食はパダン料理

スマトラ旅行記3日目6回目


sumatera0341.jpg

 遅い昼食をとりに向ったのはセラマット。


sumatera0342.jpg

 料理の入った器が重ねられているのがパダン料理の店の特徴。 


sumatera0343.jpg

 パダン料理は席についたらさまざまな料理の皿が並べられて好きなものをだけを食べて、食べた皿だけの料金を払う仕組みになっている。

 ただ、この日は、手をつけた、つけてないとかのトラブルになったら困るとか考えて、店先で食べたい料理だけを指さしして運んでもらった。さまざまな料理が並べられる正式な食べ方は翌日にでもやってみよう。

 当然ながらビールはないので、飲物はコーラにした。


sumatera0344.jpg

  ご飯の入った皿におかずを移し替えた状態。インドネシア風のぶっかけ飯ってところだ。

 青菜、チキンの煮物、卵、魚、ルンダンをのせた。ルンダンは牛肉を香辛料で長時間煮たものでパダン料理の代表格だ。

 飲物を含めこれだけで約4万ルピア。ルンダンは皿に2枚入っていたのだが、料金は1枚分だけだった。
posted by とんび at 23:36| Comment(0) | インドネシア

2015年01月25日

シアノッ渓谷

スマトラ旅行記3日目5回目

sumatera0335.jpg


  シアノッ渓谷に下りてみる。防空壕から1kmほど車道を下っていくと、崖下にも防空壕の入口があった。壕内を探索した時にはここは気づかなかった。


sumatera0336.jpg

 さらに少し下っていくと車道から分かれて、急傾斜の歩道で下りられる。かなり急なので雨のときは危なそうだ。


sumatera0337.jpg

 歩道を15分ほど歩くとようやくシアノッ渓谷の狭い谷間に下りることができた。谷底は水田が広がっていた。   



sumatera0338.jpg

 谷底を流れている川。



sumatera0339.jpg

 谷底にかかる吊橋。この橋を渡って、さらに4km歩くと銀細工が有名なコタ・ガドゥンの村があるのだが、時間の都合で吊橋を渡ったところで引き返した。


sumatera0340.jpg

 渓谷から100mの高さを今度は上がり、防空壕と同じ高さまで戻った。ヤレヤレと思ったのだが、これから昼食をとろうとしたら、食事のできる店の多いエリアに行くには、さらに坂を上がって、そのあとで坂を下りなければならない。ホント坂道で大変な街だ。
posted by とんび at 22:00| Comment(2) | インドネシア

2015年01月24日

日本軍のつくった防空壕

スマトラ旅行記3日目4回目


sumatera0323.jpg

 市街地の南部に日本軍のつくった防空壕が残されているので行ってみた。太平洋戦争の緒戦でマレー半島上陸作戦を行った陸軍の第25軍は転戦ののちこのブキティンギに本拠を置いて軍政をしいた。日本軍占領時はスマトラの中心がブキティンギであったわけだ。そのため巨大防空壕が造られた。


sumatera0324.jpg

 入口にはLobang Jepang(日本の穴)とある。


sumatera0325.jpg

 防空壕の案内図。右下の入口から左下の調理室までは1kmほどあるとても大きな壕であった。 


sumatera0326.jpg

 階段を延々と10分ほどかけて下る。


sumatera0327.jpg

 防空壕の中はほとんどの部分がこの写真のような感じでトンネルがただ続いていただけだった。説明は何もないばかりか、出口の方向の表示もなく、出るときに迷ってしまった。


sumatera0328.jpg

 シアノッ渓谷側の山の斜面に出る出口もあった。


sumatera0329.jpg

  調理室と思われる部屋。煙を出す穴や調理台らしきものが残されていた。


sumatera0330.jpg

 一部は整備されておらず、土のままの床で天井が低い部分もあった。あえて昔のままの状態で一部を保存しているのだろうか。


sumatera0331.jpg

 1時間ほどかけて壕内を見学。上がる階段は15分くらいかかった。出入口の近くに日本兵の銅像があった。下の説明板は2004年11月にこの像がつくられたことが記されているだけだった。


sumatera0332.jpg

  防空壕はパノラマ公園の中にあるのだが、公園内には猿がとても多い。悪猿もいるようで気をつけていなければならない。


sumatera0333.jpg

 展望台からは雄大な眺めを楽しめる。


sumatera0334.jpg

 展望台の下は急斜面になっていて、100mほど下に谷がある。この谷がシアノッ渓谷でこのあと行ってみた。
posted by とんび at 21:21| Comment(0) | インドネシア

2015年01月23日

坂道だらけの街

スマトラ旅行記3日目3回目


sumatera0316.jpg

 ブキティンギのもうひとつのランドマークが時計塔。塔の上はミナンカバウ様式になっている。


sumatera0317.jpg

 時計塔の周囲はさほど広くはないが公園になっていて、休憩する人でにぎわっていた。自分も歩き疲れて一休み。


sumatera0318.jpg

  公園のそばではチドモ(馬車)が待機。乗ってもいいかなと思っていたが、せいぜい1km四方の市街地なので、じゅうぶん徒歩だけで回れるので、結局乗らずじまいだった。 


sumatera0319.jpg

 公園から200mほど離れたところのちょっとした丘の上にかなり大きな平屋の建物があった。階段がついていたが、入口は閉ざされていた。


sumatera0321.jpg

 丘の中腹に銅像がたっている。


sumatera0320.jpg

 ブン・ハッタのモニュメントだという。スカルノ・ハッタ空港のハッタの銅像だろう。ハッタはブキティンギの出身で、インドネシア独立後、スカルノ大統領のもとで副大統領をつとめた人物だ。丘の上の建物はハッタの生家なのだろうか。 


sumatera0322.jpg

  ブキティンギは坂道と階段だらけの街だ。起伏の激しい丘の上に街を作ったのではと思える。街の中心部では平地を探すのが難しく、時計塔のある広場くらしか広い平地はない。

 だからブキティンギは水平距離がわすかでも高低差があって、地図上では近い距離でも歩いてみると結構、時間がかかることが多い。

 暑い中、坂道を上り下りするので、水分が多く必要だ。このような店で、500mlペットボトルの茶が6000ルピア、水が3000ルピア程度だ。
posted by とんび at 21:12| Comment(0) | インドネシア

2015年01月22日

街中の2つの丘を結ぶ歩道橋

スマトラ旅行記3日目2回目


sumatera0307.jpg

 ホテルから1時間くらい歩いてようやくブキティンギの街の中心部にやってきた。

 ブキティンギのランドマークといえる歩道橋に到着。歩道橋といっても、橋は目立たず、目立つのは橋の中間に設けられている門だ。門は歩道橋を支えるために作られたのだろうが、門が目立ちすぎて、門がランドマークのような感じになっている。

 この歩道橋は、2つの丘から成り立つブンドカンドゥン公園の2つの丘を結ぶものだ。


sumatera0308.jpg

 門からは歩道橋に上がることはできない。少し離れたところから上がられなばならない。上がり口はいくつかあるが、そのひとつ。


sumatera0309.jpg

 門から入って進むと階段がある。


sumatera0310.jpg

 公園の入口に到着。入口の前では落花生(皮つきピーナツ)を売っていた。落花生売りは街のあちこちで見かける。


sumatera0311.jpg

 公園の2つの丘のうち、西側はコック要塞だ。東側は博物館と動物園がある。コック要塞は19世紀にオランダが建造したものだ。西側は丘の一番高い部分に要塞があったのだろうが、今は何も残っていない。写真に写っている建物は近年たてられたもの。


sumatera0312.jpg

 公園の東側に向う歩道橋。歩道橋を通っているだけだけでは、門の形はまったくわからない。 


sumatera0313.jpg

 歩道橋の上から見たブキティンギの街。


sumatera0314.jpg

 博物館。ミナンカバウ様式で、内部はミナンカバウ人の母系社会についての展示や儀式での衣装の展示があった。なぜだか、スマトラ島で発見された奇形をした動物のはく製もいくつか置かれていて、なんだか場違いの印象を受けた。


sumatera0315.jpg

 東側は博物館以外の敷地は動物園になっている。あまり整備されていない動物園であった。
posted by とんび at 22:47| Comment(0) | インドネシア

2015年01月21日

朝食とって出発

スマトラ旅行記3日目1回目



sumatera0301.jpg

 朝食食べて街歩きに出発 ロントンにスープをかけていただく料理。ロントンは米で作った餅の一種。スープには野菜や揚げ豆腐などが入っている。ジュースはまずい。


sumatera0302.jpg

  ナシゴレンにえびせんなど。


sumatera0303.jpg

 卵料理はその場で調理してくれる。オムレツにしてもらった。


sumatera0304.jpg

 デザート。右側は寒天に甘いタレをかけたようなもの。


sumatera0305.jpg

 前日のホテルほどよくはなかったが、インドネシア風の食事ができてよかった。


sumatera0306.jpg

  ホテルにあった塔にあがってみた。ホテルの周囲が森になっているので、市街地などの眺めはよくなかった。周囲の山の姿はきれいだった。  8時30分にホテルを出発。写真から、ホテルがあるのが、ずいぶん郊外にあるということがわかるだろう。実際は郊外っても4kmほどなのだが、4km離れるとホント田舎って感じで辺鄙なところだ。アップダウンの激しい道を通ってブキティンギの中心部へと向かった。
posted by とんび at 21:30| Comment(0) | インドネシア

2015年01月20日

ホテル到着

スマトラ旅行記2日目4回目


sumatera0229.jpg

 ホテル到着 3泊したホテルは「カンパゴ・リゾート」。ブキティンギの中心から4kmほど離れたところにあるホテルを選ぶとき、なるべく移動や街歩きに便利なところを選ぶが、今回は街の中心にあるホテルは、ホテル予約サイトで軒並み満室になっていて、やむを得ず、少し郊外のホテルにした。

 ただ、郊外ってのはわかっていたが、まさか丘の上だとは思わなかった。到着時はタクシー利用だったが、翌日から街歩きしたあとホテルに戻るときは大変なことが予想された。だからといって、街にでるだけでタクシーを使うほどでもないが。


sumatera0230.jpg

 チェックインして部屋に入る。古いけれども、掃除はいきとどいている。エアコンはついているが、海抜930mのブキティンギのさらに丘の上ってことで、日没後はエアコンは不要だ。冷蔵庫もあって、ミネラルウォーターが2本無料のようなのですぐに冷やした。

 テレビをつけてあっと驚いた。エアアジア機が消息不明だというのだ。しかも、不明になった空域は、昨日、飛行したボルネオ島からジャカルタの経路上じゃないか。昨日の夕方飛んだ空域の近くで、15時間後にエアアジアが消息をたったのだ。テレビはこのニュースを繰り返し放送していた。


sumatera0231.jpg

 ホテルの周囲を少し散歩してみた。丘の上にあって、食事のできるところはまったくないし、飲み物を買うこともできない。翌日からは、街歩きのあと、飲食物をしっかり確保しておこう。

 ホテルの中に塔があって、展望台があるようだ。翌朝あがってみることにしよう。塔の上やホテル本体の屋根は先が尖っていて、ミナンカバウ様式を模している。


sumatera0232.jpg

 丘の上から下界を眺めた。住宅と田圃が混じっている風景が広がり、田舎の街って感じだ。のんびりするのにはいい。

 この日は移動に疲れていて、ブキティンギの街の中心まで4km歩いて行きたくなかったので、ホテル内で夕食をとることにしよう。しかし、果たして夕食をやっているのか。

 フロントで尋ねてみると、夕食はレストランではやっていないが、ルームサービスはするという。すぐにレストランから係がやってきて、注文をした。


sumatera0233.jpg

 20時にルームサービスを頼んで、それまでにシャワーをすませて休んでいた。

 簡単なものしかできないということで、ソト(スープ)の中から野菜のものを選んだ。あっさりしたスープだ。


sumatera0234.jpg

 ナシゴレン。アヤム(鶏)と卵つきのものを選んだ。えびせんもついてるのがインドネシアならではだ。


sumatera0235.jpg

 飲物はアイスティー。ビールを尋ねたが、置いていないとのこと。これだけで約10万ルピア。翌日、市街地で食事したときの値段と比べると2倍程度高かった。
posted by とんび at 21:26| Comment(0) | インドネシア

2015年01月19日

移動に苦労

スマトラ旅行記2日目3回目

 
sumatera0221.jpg

 パダンからブキティンギへの移動について、ガイドブックではトラベルバスの記載がある。それで、前夜のホテル到着時に、トラベルバスの予約を依頼した。しかしトラベルバスはなく、タクシーかバンで移動するように言われた。タクシーなら25万ルピア、バンなら5万ルピアだが、乗場はバスコホテルにあり、そこまではタクシーで行くように言われた。

 12時前にチェックアウトし、タクシーを呼んでもらった。グラン・ズリホテルの玄関にはタクシーはいなかったが、ホテルの裏の駐車場には待機していて、2,3分でタクシーがやってきた。やってきたのはブルーバードタクシー。ジャカルタに行ったとき、安全なタクシーとしてブルーバードを主に利用したのだが、パダンにもあった。


sumatera0222.jpg

  バスコホテルまでは20分、4万ルピアであった。写真の後方に写っているのがバスコホテルで、ホテルのフロントでブキティンギへの車はどこで乗るのか尋ねたら、道路を渡った向かい側だという。タクシーで通ってきたばかりの向かい側へ移動。

 バンではなく、乗用車だが、座席が改造してあって、ドライバー横1人のほか、真ん中と後部に3人づつ乗車するようになっていた。自分は最初にやってきたのでドライバー横を確保できたが、後ろはぎゅうづめだ。ドライバーは道行く人に声掛けをしていたが、7人集まるまで約1時間かかった。13時30分にようやく出発。

 出発前に運賃が集められたが、3万ルピアだという。グランド・ズリホテルでは5万ルピアと聞いていたので、これはラッキーだった。エアコンを入れてくれたので、暑さで困ることはなかった。


sumatera0223.jpg

 パダンからブキティンギは約90km。ガイドブックに書いてあるトラベルバスなら2時間30分かかるようだ。

 海抜0mに近いパダンから海抜930mのブキティンギまで、少しづつ高度を上げていく。1時間30分ほどたったころ、大きな滝があった。結構水量があり、ローカルな観光地になっているようだったが、そのまま通過。最前部に座っていたので撮影できた。


sumatera0224.jpg

 さらに進むと高い山が見えてきた。スマトラ島の脊梁山脈はインド洋側にあり、マラッカ海峡側は平地が広がっている。ブキティンギは島のインド洋に近い側だが、この付近が分水嶺になっている。


sumatera0225.jpg

 ほぼ3時間かけて16時30分ごろにブキティンギの終点に到着。i-phoneの地図で確認すると、ホテルまで4kmほどある。街の様子を知るため、ホテルまで歩いていくことにした。


sumatera0226.jpg

 カバンをゴロゴロさせてしばらく歩いたが、歩いて移動するのが困難なことがわかった。歩道に穴があったり、歩道上にバイクが止めてあって、4kmを歩くのは難しいとわかった。


sumatera0227.jpg

 タクシーを拾ってホテルに向おうとしたが、タクシーが走っていないのだ。1kmほど歩いて、大きめのホテルに入り、空室がないか聞いた。空室があるというので料金も尋ねた。料金が高いということで、ほかのホテルに行きたいのでタクシーを呼んでほしいと頼んだ。タクシーがくるまで15分ほど待ち、ようやくタクシーに乗り込んだ。


sumatera0228.jpg

 ホテルはブキティンギの街はずれにあることは予約時にわかっていた。街の中心まで何とか徒歩圏内という感じだった。だが、タクシーでホテルまで乗ってみて、たいへんな坂道を通ることがわかった。しかも通行人がほとんどいない辺鄙なところだ。荷物をころがしながら上がっていれば大変だったに違いない。タクシーにしてよかった。だが、翌日から同じ道を通ってブキティンギの街の中心との間を往復しなければならないと思うと憂鬱であった。

 17時30分にホテル着。簡単に移動できるはずだったが、大変な移動になった。タクシーは3万ルピアで、パダンから約10万ルピアだった。
posted by とんび at 21:21| Comment(4) | インドネシア